エレキギターの総合情報サイト

ドロップDチューニング

ドロップDチューニング ドロップDチューニング

ドロップDチューニングは、ノーマル・チューニングから6弦の音を1音下げた D の音にすることから「ドロップD」と名付けられたチューニング方法です。
通常、ボトルネック奏法などに対応するためにオープンチューニングにするのですが、ドロップDの場合は、音をへヴィにする目的で用いられる場合が多いです。

5-6弦のパワーコードが簡単に押さえられるため、ノーマルチューニングでは難しかったパワーコードの複雑なフレージングが可能になります。90年代に入るころからグランジやミクスチャーとよばれる音楽シーンで頻繁に用いられ、今日でもラウドロックなどの音楽シーンには欠かせないチューニングです。

ドロップDチューニングのコツ

チューナーで合わせる、6弦7フレットの音と5弦開放弦の音を同じする、という2通りの方法で合わせるとよいでしょう。

ただし、1音も音程を変えるという作業によって変更後すぐはピッチが不安定になりがちなので、ライブ時の曲間にノーマルチューニングからドロップDに変更するという場合には注意が必要です。

ドロップDを取り入れた例

PRS SE Custom24 をギター博士が弾いてみた!

動画 3:11〜 からのヘヴィ・リフにドロップDを取り入れています。


ニューメタル・リフ【30日間ギターチャレンジ】

パワーコードを人差し指セーハでカンタンに押さえられるので、他の指でテンションコードを押さえて、速いフレーズの中でもリフに様々な表情を加えることができます。

ドロップDチューニングを取り入れたギタリスト

  • トム・モレロ(rage against the machine)
  • ビリー・コーガン(smashing pumpkins)

初心者向けエレキギター・練習本

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別:  男性 女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ