ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

tab譜・コード譜の読み方

tab譜(タブ譜)は、ピアノなどで用いられる五線譜と似たギター専用の楽譜のことです。ピアノ譜と違いTab譜にはギターの弦の数と同じ6本線がひいてあり、実際に押さえる指板のフレットを数字で表現して、カンタンに譜面を見れるように工夫されています。このページではTab譜というをはじめて読む人のために、Tab譜の読み方やTab譜に登場する記号について解説しています。

音符の長さなど、以下のページで補足しています。

まずはコード譜を見てみよう

Tab譜を見ていく前に、まずはコード譜について理解しておきましょう。

Cメジャーコードのポジション 図1:Cメジャーのポジション

図1はCメジャーコードのポジションが記載されたコード譜です。ギターヘッド側に記された「○」の部分は開放弦を鳴らし、「×」の部分は鳴らさずミュートします。実際にギターをネックを上から見たような視覚的に見やすい絵となっているのが特徴です。


Tab譜の表記の仕方

いよいよTab譜を見ていきましょう。Tab譜は下の図2,3のように描かれます。

CメジャーコードのTab譜 図2:CメジャーのTab譜

Cメジャーコードのtab譜・5線譜の表記 図3:Cメジャーのtab譜・5線譜の表記


CメジャーコードをTab譜に置き換えたのが図2,3です。コード譜のように、上から1弦、2弦、3弦...と上から順番に6本の線で表現しています。


ダウンピッキング・アップピッキングの表記

Tab譜:ダウンピッキング・アップピッキング 図4:単音のTab譜表記

図4は、弦を上から下へとピッキングする「ダウンピッキング」、逆に下から上へとピッキングする「アップピッキング」についての表記です。

Tab譜に登場する記号の読み方

ギターには「ハンマリング・オン」「プリング・オフ」「ブラシング」「チョーキング」といった、ピアノなどの他の楽器にはないギターでしか表現できない演奏方法については、記号を使って表現することができます。

”cho”はチョーキング、”h”はハンマリング・オン、”p”はプリング・オフなどなど...代表的な表記について紹介していきます。これらの記号はTab譜を出版してるメーカーによって記号は異なることがあります。



Tab譜の読み方がわかったら、他のページへ行ってさっそくTab譜を見ながら何か弾いてみましょう!当サイトにはギターの練習に最適なフレーズを動画と共にご用意しています。


お勧めtab譜の読み方・教則本

これでtab譜の読み方もバッチリになるとか。