エレキギターの総合情報サイト

ブラッシングの練習

ブラッシング

ブラッシングのTab譜表記例

ギターの練習方法、今回は「ブラッシング」です。初心者の方は軽く目を通しておくぐらいでかまいません。
ブラッシングはミュートした弦をストロークして弾く演奏技法のことです。この方法で弾くと音程感のまったく無い打楽器のようなパーカッシブな音を得られます
ポイントは複数の指で弦を軽く押さえること。ハーモニクス音がでるポイント上を押さえたり高音弦だけを弾いたり、右手と左手でいろいろな表情をつけることができます。

はじめてのブラッシング練習

ブラッシングを実践で取り入れたギタープレイ


コードストロークとアルペジオの練習フレーズ

コードストロークとアルペジオが登場する練習フレーズ、1〜4小節のコードストロークの時にブラッシングが登場します。「A → D →E → C#7 → F#m7 → B7 → Esus4 → E」と、めまぐるしくコードチェンジを行なっていますが、全てのコードで(人差し指か中指を使った)「セーハ」をしています。ブラッシングの時だけセーハしている指を少し浮かして「軽くミュートした状態」にし、セーハ以外の指を離してそのままストロークすれば、「チャカッ」というキレイなブラッシング音を鳴らすことができます。

コードストロークとアルペジオの練習フレーズ

ブラッシングをすると、ハーモニクスの音が鳴ってしまう

ブラッシングでは弦を軽く指で押さえて(ミュートして)ピッキングをします。その際に指がフレット上のハーモニクス・ポイントを押さえてしまっていると、ハーモニクス音が鳴ってしまうのです。ハーモニクス音はフレットの特定の位置で鳴るように決まっています。下の表がフレット上のハーモニクス・ポイントを示したものです。

ナチュラルハーモニクス音表 ナチュラルハーモニクス音表

この表を見ると、数多くのフレット上でハーモニクスが鳴ることがわかりますね。
2,3,4,5,7,9,12
フレット上を軽く押さえて(ミュートして)ブラッシングをしてしまうとハーモニクスが鳴っていまいますので、
6,7,8,11
フレット上で指を軽く押さえてブラッシングをするとよいでしょう。

また、ハーモニクス音が出るフレット上でも、3本指でしっかりとミュートすれば、ハーモニクス音が出にくくなります。
ブラッシングの時はミュートをしっかりと心がけましょう。

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別: 男性女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ