エレキギターの総合情報サイト

ピッキングハーモニクスのやり方

ピッキングハーモニクスは、弦をピッキングした直後の親指の側面(腹の部分)を弦にあてて、押えているフレットポジションの音程よりも高い「ピキーン」という金属的な倍音を得るテクニックです。

ピッキングハーモニクスのいいところは、どの弦のどのフレットでも(かかり具合の善し悪しはありますが)鳴らすことができたり、チョーキングやハンマリング/プリングなどと併用できるので、情感を表現する時に効果的なため、表現力が問われるギター・ソロでよく用いられる他、ロック系リフの中でグルーブを演出するアクセントの一つとして用いられます。

弦との距離感が掴めず音が消えてしまうなど、ギター初心者の人にとっては難しく感じることが多い奏法です。
出したい時にキレイな響きで鳴らせるように練習しましょう。

ピッキングハーモニクスのコツ

ピックを深く持つ

点線部分でピッキングするピックの握り方:左は通常時、右はピッキングハーモニクスの時

まずピッキングと同時に親指のハラがあたる感覚をつかみます。そのためピッキングハーモニクス時は通常のピックの持ち方よりも親指がピックを覆ってしまうくらいに深めに持ちます。こうするとピックの先端は親指で隠れるくらいになります。

強めに弾く

ダウンピッキングでいつものピッキングよりも強めに、親指を弦にこすりつけるようにピッキングします。ピッキングの強さ加減で倍音成分と本来の音程とのミックス具合を調節することができます。

弾いたらすぐに指を離す

倍音成分を鳴らすためにも、親指のハラは当てた瞬間すぐ離します。

音作りについて

ピックアップは倍音成分の出やすい「リア」をセレクトします。

アンプで歪ませて練習する

また、ピッキングハーモニクスは生音で弾いても鳴っているかどうかがわかりにくいので、ギターをアンプに繋いで音を歪ませると良いでしょう。

ピッキングハーモニクスは、元々はハードロックやヘヴィメタルといった音楽で使われてきた奏法です。
上手く鳴らすことができないという初心者の方は、ディストーションに近い激しい歪みにセッティングすることで出しやすくなるでしょう。
ある程度鳴らせるようになってきたらだんだんと歪みを下げていき、歪みの量を減らしていって練習するといいと思います。
最終的にはクリーントーンでもハーモニクス音を鳴らすことができます。

歪んだ音で練習しているけれどハーモニクスが出ないという場合、一度ギターアンプも通さずエレキギターの生音で、ゆっくりと確認してみるのもいいでしょう。
弦をピッキングしてから、弦に指を触れるか触れないか、というのがどのような感覚なのか、一度丁寧に確認してみてください。

Aその他のチューナーをamazonで探す