エレキギターの総合情報サイト

エレキギター用語集 ヒ

PA
ライブやイベントなどで、大衆へ音を伝達すための音響システムの総称。ミキシング・コンソールを中心としたスピーカー、アンプ、ケーブル類などを指す。パブリック・アドレス(Public Address)の略。
ピエゾ・ピックアップ/piezo pickup
圧電素子(ピエゾ)を使用したピックアップのこと。弦振動によって起こる圧力の差を利用して電気信号に変換する構造で、アコースティックギターなどに広く使用されている。
ピッキング/picking
指やピックで弦楽器の弦を弾く行為。
ピッキングハーモニクス/picking harmonics
特殊なギター奏法のひとつ。ピックを短く持って弦を勢いよく弾くことで得られる倍音を利用したギター奏法。ロック、ハード・ロックなどで広く使用されている。
ピック/pick
弦楽器を演奏する際に、弦を弾くために右手に持ったり指に付けて使用する小物。平らなフラット・ピックや親指に装着するサム・ピック、親指以外の指に装着するフィンガー・ピックなどがある。
ピックアップ(P.U.)/pickup
エレキギターのマイクの役割をする主要パーツの名称。弦振動から微弱な電気信号を生み出す装置で、主に磁石とコイルから作られる。ギター弦の振動が、磁石とコイルによって生み出された磁界を乱すことによって、微細な電気信号が発生し、それをアンプで拡大して音に変換する。
ピックアップ・セレクター/pickup selector
エレキギターに登載された複数のピックアップの中から、使用するピックアップを選択するためのスイッチ。
ピックガード/pickguard
ピッキングによってボディに傷が付かないように、ボディを保護するためのガード。クラシック以外のアコースティックギターやエレキギター/ベースには予め取り付けられているモデルが多い。フラメンコ・ギターの場合は、同じ目的のガードをゴルペ板と呼ぶ。
ピック・スクラッチ/pick scratch
ギター奏法のひとつ。ピックの縁の部分を巻き弦にこすりつけ、効果音を出す演奏テクニックのこと。
ピッチ・シフター/pitch shifter
ギターの音を加工する装置のひとつ。デジタル信号の処理により、音や音楽ソースのテンポを替えることなく音程(ピッチ)だけを変化させる変換装置。ハーモナイザーとも呼ばれるが、これは製品名。
ビビリ/buzz
弦とフレットがぶつかることで、不必要な金属音が発生すること。ギター/ベースでは、ネックやフレットを調整することで解決する場合が多い。


Aその他のチューナーをamazonで探す