エレキギターの総合情報サイト

Sterling by MUSIC MANのギターについて

Sterling by MUSIC MAN

「Sterling by MUSIC MAN(スターリン・バイ・ミュージックマン。以下Sterling)」は、「Ernie Ball MUSIC MAN(アーニーボール・ミュージックマン)」のギターを手に入れやすい価格でリリースしているブランドです。性能やサウンド、またネックの絶妙な握り心地や良好なボディバランスで知られるMUSIC MANのギターがリーズナブルな価格で手に入るとあって、はじめたばかりの人から中級以上のベテランまで、幅広く支持されています。今回は、この「Sterling」に注目していきましょう。

「Sterling by MUSIC MAN」とは、どんなブランドなのか

「Sterling」の本家「MUSIC MAN」は1974年に発足、1984年にアーニ-ボール社が買収し、現在の体制となります。廉価モデルは1990年代後半から展開していましたが、ビジネス上のいろいろな都合で2009年、「Sterling by MUSIC MAN」に一本化されました。なお「スターリン(Sterling)」の名は、アーニーボール社の創始者アーニー・ボール氏のご子息、スターリン・ボール氏に由来します。Sterlingのギターに、どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

MUSIC MANの独自構造を継承

JP150DSM-BOB JP150DSM-BOB

6弦なら4対2、7弦なら5対2の特徴的なペグ配列は、MUSIC MANを象徴するデザインです。ルックスだけでなく、各弦がブリッジからペグまで一直線に張られ、またストリングリテーナーに頼る必要がなくなることで、弦へのストレスが軽減される狙いです。5本のネジで固定する強固なネックジョイントも特徴的で、絶妙なヒールカットもあいまって、演奏性と安定性に優れる設計です。

このほか演奏の邪魔になりにくいセレクタースイッチ、強力にブーストできる12dBプッシュプッシュボリュームポット、個性的なコントロールノブ、3タイプのトレモロユニットなど、オリジナル要素あふれるパーツが多く採用されます。

3タイプのトレモロユニット

トレモロユニットはシンクロタイプ、2点支持という共通仕様で3つのバリエーションがあります。

Modern Tremolo

「モダン・トレモロ」はブロックサドル採用で、6弦仕様と7弦仕様があります。ボディに埋め込むように設置するので、ボディからの弦高が抑えられテクニカルな演奏に有利です。フローティング設定により、さまざまな表現が可能です。

Fulcrum Tremolo / Vintage Tremolo

こちらの二つは、サドルの違いで個性の違いを出しています。「フルクラム・トレモロ」のブロックサドルは、サスティンが伸びる現代的な特性を持ちます。「ヴィンテージ・トレモロ」のベントサドルは、減衰感の心地よいヴィンテージ系の特性を持っています。いずれもボディ面に接するように設置し、アームダウンのみ可能です。

スリムなネックは共通、弾き心地はさまざま

6弦仕様のナット幅「42mm」は、Sterlingの共通仕様です。近年の海外ブランドでは、42.8mmや43mmといったナット幅が主流です。このわずか1mmの違いで、親指を出したフォームでの握りやすさやチョーキングの感触など、演奏性に違いが生まれます。

ネック寸法は共通ですが、指板Rに”9.5(やや丸い)、”12(やや平たい)、”16(かなり平たい)の3種、フレットにミディアムジャンボ、ナロー(ヴィンテージ・スタイル)のバリエーションがあり、弾き心地の違いが各モデルの個性にもなっています。

気になる高級仕様を積極的に採用

MAJ200XQM

手に入りやすい価格帯のブランドではありますが、低価格だからこそ採用できる高級な仕様は、注目に値します。多くのボディ・トップにフレイムメイプルやスポルテッドメイプルなどがあしらわれるほか、ネックや指板にローステッド・メイプルが使用されたり、ステンレス製フレットが採用されたり、デュアルアクション(両効き)のトラスロッドが使われたりします。

またトレモロ搭載機の多くでロック式ペグが採用されるほか、全モデル共通でトラスロッドにホイールナットが付けられ、ネックを外さずに反り加減を調整できます。

価格を抑えながら、クオリティは高い

Sterlingのギターを作るインドネシアの工場は、最新の設備を揃えながら価格を抑えられる体制を整えています。設計はMUSIC MANが担当、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるSterling本社での検品を経て出荷という体制で、製品の高いクオリティも達成しています。MUSIC MAN製品の個性的なルックスはそのまま継承、スリムなネックや低弦高のセッティングなど高いプレイアビリティもしっかり受け継ぎつつ、手に入れやすい価格を実現しているわけです。

Sterling by Music Manのラインナップ

では、Sterlingのラインナップをチェックしていきましょう。現在のラインナップは、大きく3つのシリーズに分類されています。シリーズごとに見ていきましょう。

  • JOHN PETRUCCI COLLECTION:ジョン・ペトルーシ氏の歴代シグネイチャーモデル群
  • ARTIST SERIES:アーティストモデル
  • SHOP BY DESIGN:レギュラーモデル