エレキギターの総合情報サイト

ゼマティス(Zemaitis)のギターについて

CS24PF WHITE PEARL 宝石のように美しい:CUSTOM SHOP製PEARL FRONT「CS24PF WHITE PEARL」

「ゼマティス(=ゼマイティス)」は、トニー・ゼマティス氏が一人で作り上げる高級ギターブランドです。ギター本体は全て一人で作り上げ、彫金は友人のダニー・オブライエン氏が担当していました。上質なサウンドと彫金やインレイによる美しい装飾から「ギターのロールスロイス」とも「ロックンロールの歴史に刻んだ英国の栄光」とも言われています。

トニー氏亡き後は日本の神田商会が「トニー氏と同じ、オールハンドメイドで生産する」という条件でブランドを受け継ぎ、日本に新設した専用の工房で全ての工程を手作業で生産しています。その月産は最大で30本程度が限度ですから、極めてレア度の高いギターだと言えます。

グレコのライセンス製作、現在神田商会が継承したゼマティスと区別し、トニー・ゼマティス氏製作の個体はオリジナル・ゼマティスと呼ばれ、ヴィンテージ市場ではかなり高額なプライスがついています。

ゼマティスの歴史

ゼマティスの歴史は1950年代、家具職人だったトニー・ゼマティス氏(Tony Zemaitis,1935-2002)が、見よう見まねで自作したフォークギターを友人に売る事から始まります。作っていくうちに独自のデザイン性と製作技術の水準は上がっていき、やがてロンドンの音楽シーンで注目されるまでになり、世界のコレクター垂涎の的にまでなりました。

ボディ裏プレート DISC FRONTシリーズのギターのボディ裏プレート

トニー氏亡き後、2003年に神田商会がブランドの権利を買い取り日本での生産を開始。トニー氏の偉業に追随するだけでなく、常に新しさを探求した遺志まで受け継ぐことで、新しいものを作る挑戦を果敢に行なっています。


HOTEI – RUSSIAN ROULETTE
日本を代表するロックギタリストの一人、布袋寅泰氏は自身のシグネイチャー・テレキャスター(Fernandes)以外にもたくさんのギターを使い分けています。中でもゼマティスを多く愛用していることが知られており、トニー・ゼマティス氏本人が作成したものも多数所有しています。そのコレクションはメタルフロント、パールフロント、スペリオールにとどまらず、アコギやベースまでという入れ込み具合です。
この布袋氏が終始バリバリとゼマティスを演奏する楽曲「RUSSIAN ROULETTE」は、いまどき珍しい伝統的な「ブルース進行」を全面に押し出したロックンロールに仕上がっています。半世紀以上も昔の手法を採用していながら、氏の楽曲は時代の一歩先を行く新鮮さを感じさせますね。

ゼマティス・ギターの特徴

一幅の絵画を見ているかのような高いデザイン性

PEARL FRONT「CS24PF RING CHESS」 CUSTOM SHOP製PEARL FRONT「CS24PF RING CHESS」:フォトジェニック(写真写りが良い)とはまさにこのこと

METAL FRONT「CS24MF FR4C」 CUSTOM SHOP製METAL FRONT「CS24MF FR4C」:エレガントな印象だ

レスポールやテレキャスターの形状を踏襲しながらも、ゼマティスのギターはボディシェイプ、ヘッド形状、ブリッジやテイルピースなど金属パーツにいたるまでオリジナルのデザインで作られています。代表機種であるMETAL FRONT(メタルフロント)やPEARL FRONT(パールフロント)は、ベースとなっているレスポ−ルの無骨なイメージから離れてスリムで気品の漂うスタイルに。

DISC FRONT「S24DT」 CUSTOM SHOP製DISC FRONT「S24DT」

またもうひとつの代表機種DISC FRONT(ディスクフロント)は3基のハムバッカーと独特な配置のコントロールによって、もはや誰もテレキャスターがベースだとは思えないまでにアレンジされています。これらの形状はオリジナルの楽器デザインとして完成の域に達しており、見るものの心を捕らえる強力な魅力になっています。
下地からニトロセルロースラッカーが施されるという大変ぜいたくな塗装ですが、わざわざスクラッチ加工を施すことによって細かな傷を付けて艶を消し、ヴィンテージ風の渋い雰囲気を出しています。

METAL FRONTのボディ メタルフロントのボディトップのメタルプレートには彫金が施されている

メタルフロントやディスクフロントで使用される金属プレートには彫金が施され、シックでありながらゴージャスな雰囲気を醸し出しています。パールフロントなどではアバロン貝、白蝶貝、黄蝶貝といった天然の貝が組み合わされ、輝きに満ちた様相になっています。これらのデザインはゼマティス以前に例がなく斬新であり、また芸術品のような美しさを持っており、私たちの目を楽しませてくれます。

パールフロントのボディ パールフロント「CS24PF WHITE PEARL」のボディに貼り合わせられた貝。眩い光を放っている

楽器としての高い基本性能

CUSTOM SHOPシリーズの指板 CUSTOM SHOPシリーズの指板。インレイの美しさもさることながら、黒々としたエボニー材が惜しみなく採用されている

ボディ、ネックともに3ピース構造で、変形に強く調製が安定しやすくなっています。全モデルセットネック構造ですが、接合する面積を広くとってしっかり接着しながらも、ヒールの出っ張りは少なく24フレットまでキッチリ使えるように設計されており、剛性とプレイヤビリティのバランス対するゼマティス氏のこだわりをかうかがう事ができます。

ジュラルミンのブリッジ&テイルピース

パールフロント「CS24PF LITTLE RING」 パールフロント「CS24PF LITTLE RING」のブリッジ部分。細部まで徹底したこだわりで、見ていて飽きがこない

完璧なピッチ、よく伸びるサスティン、倍音豊かなサウンドを追求した結果に行き着いたのが、手作業で削りだされるジュラルミン製のブリッジ&テイルピースです。ジュラルミン(A2017)は銅を含んだアルミ合金で、鉄鋼材料に匹敵する硬度を持ちながら軽量で響きやすいという特性を持っています。テイルピースには彫金も施され、豪華な外観を演出するポイントになっています。

金属製のヘッドプレート&ロッドカバー

ゼマティス・ギターのヘッド部分

ゼマティスでは彫金の施されたヘッドプレートとロッドカバーを採用していますが、デザイン性だけでなくサウンドにも影響する設計です。ギターの弦振動とヘッドの重量との間に密接な関係がある事は知られています。ヘッドが重いと弦の振動の分離感が得られ、低音が引き締まった感じになりますが、ゼマティスではそれを狙い、メタルプレートによってヘッドを大型化することなくヘッド重量を稼いでいます。

ゼマティス・ギターのサウンド

グレードの高いモデルでは50年代のレスポールと同じホンジュラス・マホガニーボディ&ネックを使用、その他のモデルでもマホガニー系にこだわったマテリアルで、豊かな中域の響く柔らかいサウンドがベースです。硬質かつ軽量で反応の良いジュラルミン製ブリッジ&テールピースにより立ち上がりが早く、またヘッドの重量を稼いでいる事で低音が引き締まり、輪郭のはっきりとした分離の良い響きで、エフェクタとの相性も良好になっています。
メタルフロントやディスクフロントではトップのジュラルミン板に強力なアースの効果があり、パッシブ回路でありながらノイズが少なく雑味の無いクリアなサウンドが得られます。

主な使用ギタリスト

オリジナルゼマティスのオーナーは日本にも多くいます。生前のトニー・ゼマティス氏は、気に入った相手のためにしか作らなかったそうです。

  • 布袋寅泰
  • HISASHI(GLAY)
  • Char
  • DAITA(SIAM SHADE)
  • TAKUYA(元JUDY AND MARY)
  • 中山加奈子(プリンセス プリンセス、VooDoo Hawaiians)
  • 秋間経夫(マルコシアス・バンプ)
  • BELLEY(LAUGHIN’ NOSE)
  • 松尾宗仁(ZIGGY、THE PRODIGAL SONS)
  • 葛城哲哉
  • 松本孝弘(B’z)
  • クリッシー・ハインド(プリテンダーズ)
  • ロン・ウッド(元フェイセズ、ローリング・ストーンズ)
  • ロニー・レイン(スモール・フェイセス、フェイセズ )
  • ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)
  • ジミー・ペイジ
  • エリック・クラプトン
  • キース・ネルソン(バックチェリー)

続いてのページではゼマイティス・エレキギターのラインナップについて紹介していきます。

ギター博士に質問してみよう!

お名前
質問が採用された場合、ここに記載された名前が表示されます!

年齢:

性別: 男性女性

好きなアーティスト:

博士にして欲しい事:

メッセージ