ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

フェンダー テレキャスター(Fender Telecaster)

フェンダー・テレキャスター(fender telecaster)
テレキャスター

テレキャスターは半世紀以上も前の1950年に「世界初のソリッド・エレキギター」としてフェンダー社から発売されました。
当時はブロードキャスターという名でしたが、グレッチのドラムセッと同じ名前だったため、("BROADCASTER"というロゴを切り取って販売したことから、のちにノーキャスターと呼ばれるようになりました。)1951年から現在のテレキャスターという名前になりました。
ストラトキャスターはテレキャスターをバージョンアップしたギターです。大量生産を最初に可能にしたのもこのギターで、ソリッド・エレキギターの歴史はテレキャスター抜きには語れません。

テレキャスターの成功を受け、伝統的な工法を守っていたギブソン社もレスポールモデルを発表し、その他のギター会社も大量生産が可能なソリッドボディ・エレキギターを開発し始めます。

エレキギターといえば、、、というくらい、ストラトキャスターやレスポールと同じようにテレキャスターは現在でも人気が高く、発売当初から現までロック・ポップス・パンク・ガレージ・へヴィ系のジャンルまで、幅広いスタイルの音楽で使用されています。

世界初の大量生産エレキギター

テレキャスターはボディに空洞部分がなく、さらにネックとボディを別々の工程で製作し最終的に両者を4本のボルトでつなぐ、という構造・製法です。

それまで主流だったフルアコースティックタイプのギターでは、ボディが空洞でしかもネックとボディをニカワなどで接着していたため、非常に正確で緻密な作業が必要とされましたが、フェンダーは工程を単純化する大胆な手法を採用しました。

またヴィンテージ・シリーズやカスタムショップのタイムマシンシリーズなどで過去のモデルの再生産を行う一方、アメリカンテレキャスターなどでは6分割のサドルや新開発のピックアップを搭載するなど、使い勝手と汎用性を備えたラインナップを展開しています。

初期のテレキャスターに使用されている材

テレキャスターの材
初期のテレキャスター

発売当初のテレキャスターのボディはアッシュ材などを継いで整形した一枚板(ソリッドボディ)で、ギブソンのギターのようにボディ表面をなめらかな曲面仕上げにする手間を省いた、真っ平な形状が特徴でした。
ネックはメイプル材を削り出し、指板材を貼り合わせずにフレットを直接打ちこんだもの(ワンピース・ネック)でした。

さらにボリューム、トーン・コントロールなどのスイッチ類を、ボディ裏から木をくり抜いてセットするのではなく、一連のユニットとしてひとつの金属プレートにまとめてボディ表面にネジ止め、ピックアップはボディ表面から取り付けられ、ブリッジユニットはリアピックアップのマウント台を兼ねており、テールピースは省略・弦はボディ裏から通されるなど信頼性と音質とコストダウンを両立させ、流れ作業的な大量生産を可能にする構造になっていました。

音の特徴

フェンダーのギターの特徴であるシングルコイルを活かした、澄んだ高音域が特徴です。ギブソンのハムバッカーに比べるとノイズを拾いやすいという欠点はありますが、硬質ではっきりとした音を出すギターです。

荒削りな感じもありますがフェンダーのジャガーほどではなくもっと決め細やか。言葉でいうと「ジャリ」「ジャキ」っとした感じですね。攻撃的なサウンド、カッティングやコード・ストロークなどのプレイには最適なロック・ギターだと言えるでしょう。

また、ボーカル兼ギターのプレイヤーに好まれる傾向にあります。テレキャスターの魅力が彼らをそうさせるのでしょうね。

ピックアップ

テレキャスターのピックアップ
テレキャスターのPU

基本的にはシングルコイル・ピックアップをフロント/リアに2基の搭載ですが、よりパワーを求めてハムに交換するプレイヤーも多く存在します。

またフェンダー子会社のスクワイヤーからハム2基搭載のテレキャスターがリリース、フェンダー Blacktopからも同じくハムx2のテレキャスターがリリースされています。

テレキャスターの主な使用ギタリスト

ジェームズ・バートン

1953年製のテレキャスターを愛用したアメリカのギタリスト。69年から77年までの間、エルヴィス・プレスリーのライブステージのリードギターを務めた、その人です。

ジェームズ・バートンは本来ワウンド弦であった3弦をプレーン弦に張り替え、チョーキングを簡単にしました。これが現在のライト・ゲージです。つまり、ジェームズ・バートンがライト・ゲージを開発したと言っても過言ではありません。ニュー・ギャロッピング奏法を開発し、バンジョー用のフィンガー・ピックで演奏するチキンピッキングを得意としました。
1970年からのエルヴィスのステージではピンク・ペイズリー模様の69年テレキャスターを使用しています。また「エルヴィス・イン・コンサート」では3ピックアップのテレキャスターを使っています。色々なエレキギターに持ち替えているものの、ジェームズは「自分の愛用ギターは常に53年テレキャスターなんだ。持ち替えたのは面白そうだからだ。すべてのレコーディングに53年テレキャスターを使った。」と発言しています。

ドブロと呼ばれるアコースティックギターの演奏も得意で「ミスター・ドブロ」とも呼ばれていました。
ジェームズ・バートンの使用機材

ジミー・ペイジ

ジミー・ペイジのテレキャスター
ジミー・ペイジのテレキャスター

ヤードバーズ在籍時代やレッド・ツェッペリンの初期においては、ジェフ・ベックから譲り受けた1958年製のテレキャスターがトレードマークでした。またペイジが使用するレスポールは、ネックを薄く削り落し電気回路の変更等を行い、テレキャスターを意識したサウンドに調整されていると言われています。

レコーディングでもテレキャスターは多用されましたが、ステージにおいてもレッド・ツェッペリン後期のツアーにおいて使用されました。ザ・ファームではテレキャスターがメインの使用ギターとして返り咲いたこともありました。

有名な「天国への階段」のスタジオ音源のギターソロはテレキャスターによるものです。
ジミー・ペイジの使用機材

ジョー・ストラマー

ジョーストラマー
ジョーストラマー

イギリスの伝説的パンクバンド「The Clash」のボーカル/ギター。

シンガーが持つギターとしてのテレキャスターを広めた人物とされます。ストラマーのキャリアを通じてのメイン・ギターはストラマーが「ストラマキャスター」と呼んだ1966年製のフェンダー・テレキャスターで、元々はサンバースト・ボディに白ピックアップだった物です。元はサンバーストだった1966年製テレキャスターを黒に塗りなおして使用。このギターはクラッシュ解散後も最晩年まで使われ続けました。

こうしてボロボロになったテレキャスターを元に、クラッシュのデビュー30周年となる2007年、フェンダーから「ジョーストラマー・テレキャスター」が限定発売されました。

2002年12月22日、サマセット州ブルームフィールドにある自宅で死去。死因は心臓発作。

キース・リチャーズ -Micawber

Micawber
Micawber

ローリング・ストーンズのギタリスト。テレキャスターのイメージが強い彼ですが、初期のころはレスポールやセミアコといったギターを使用していました。1971年の「メインストリートのならず者」セッション時にギターが大量に盗まれる事件がおきます。この事件後に集められたギターでテレキャスターを手にします。これが後に世界一有名なテレキャスターとなる「ミカウバー」でした。この後も、「テレキャスター・カスタム」、「ミカウバー」と並ぶ有名なテレキャスター「マルコム」等のテレキャスターを手にし、現在に至るまで使用しています。

なお、キースのギターの特徴として、6弦をはずす「5弦オープンGチューニング」がありますが、もちろん、これらのテレキャスターで使用されています。
キース・リチャーズの使用機材

その他の主なテレキャス・ギタリスト

  • マディ・ウォーターズ
  • ジェフ・ベック
  • トム・モレロ(Rage Against The Machine)
  • ブルース・スプリングスティーン
  • スティーヴ・クロッパー(Booker T. & the M.G.'s)
  • アルバート・コリンズ
  • ロイ・ブキャナン
  • トム・ヨーク
  • ジョニー・グリーンウッド
  • リッチー・コッツェン
  • アベフトシ (THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)
  • 向井秀徳(ZAZEN BOYS)
  • YUI
  • 矢井田瞳
  • 北嶋徹(凛として時雨)
  • 橋本絵莉子(チャットモンチー)

Aその他テレキャスター関連書をamazonで探す