エレキギターの総合情報サイト

アルペジオの弾き方/練習

オルタネイトピッキングの練習方法アルペジオのTab譜表記

ギターの練習方法、今回は「アルペジオ」です。
アルペジオは日本語で「分散和音」といわれ、コード(和音)を分解して演奏する奏法のことです。

アルペジオでは3,4弦を連続して鳴らしていきますが、鳴らした弦の音はとめてはいけません。となりの弦に指がふれてもいけませんし、押さえる力が弱くなると音の伸びも失われてしまいます。したがって美しい音色が出るまで鍛錬が必要なギター奏法です。
ギターボーカル/ギタリスト問わず頻繁に出てくる奏法ですので、ギター初心者のみなさんは頑張ってみて下さい。

はじめてのアルペジオ練習

一音ずつアップ/ダウンと交互にピッキングしていく「オルタネイトピッキング」でのアルペジオ、弦を上昇していく時はダウン/下降していく時はアップとピッキングしていく「スウィープピッキング」でのアルペジオ、2通りの弾き方を紹介していきます。


  • Ex.1
  • Ex.2
EX.1-a 1:05〜
オルタネイトピッキング/スウィープ両方でアルペジオ。
アルペジオTab譜 Ex.1-a
EX.1-b 1:17〜
アルペジオTab譜 Ex.1-b
EX.2-a 1:30〜
Ex.1 にコード移動を含んだフレーズです。
アルペジオTab譜 Ex.2-a
EX.2-a 1:51〜
アルペジオTab譜 Ex.2-a


clear

アルペジオのコツ

オルタネイトピッキングをマスターしておくと、安定したプレイができるようになりますよ。特にはじめのうちはオルタネイトをしっかり意識して練習するといいと思います。

アルペジオのフレーズを沢山練習してみよう!

その2 – 「コードチェンジ/開放弦を絡めたアルペジオ」

  • Ex.1
  • Ex.2
  • Ex.3
EX.1 C – D – Em – Em
アルペジオ練習その2:Tab譜 Ex.1
Ex.1、Ex.2、Ex.3共に、余計な弦のミュートをしっかりと行って、不必要な弦の音が鳴らないように注意してみましょう。
EX.2 1:30〜 A – Em – G – D
アルペジオ練習その2:Tab譜 Ex.2
3小節目の「1弦3フレット」を小指で、「2弦3フレット」を薬指で押さえると、4小節目のフレーズがスムーズに押さえられます。
EX.3 2:41〜
アルペジオ練習その2:Tab譜 Ex.3
1弦2弦の開放弦をキレイに鳴らすのがポイント。指板を抑えるほうの指をしっかりと立てて、隣りあった弦の音をミュートしてしまわないように演奏してみましょう。
clear

六弦かなで「また博士が変な歌歌ってるよぉ… もぉ〜なんなの博士ぇー!!( ̄▽ ̄)」

その3 – 「ナチュラルハーモニクスを取り入れたアルペジオ」


#3 アルペジオ1 – ギター博士の30日間ギターチャレンジ

アルペジオ3:Tab譜

こちらのフレーズでは、Am6のコードに移動した時の運指に注目です。ギター博士は

  • 4弦10フレット:小指
  • 3弦9フレット:薬指
  • 2弦7フレット:人差し指

と押さえていますね。そのあとのナチュラルハーモニクスのポジションまで、フィンガリングの素早い移動が必要です。
ナチュラルハーモニクス

その4 – 「開放弦を絡めたフレーズ2」


#8 アルペジオ2 – ギター博士の30日間ギターチャレンジ

アルペジオ2:Tab譜

上記
その2 – 「コードチェンジ/開放弦を絡めたアルペジオ」
と同様に、指板を押さえるほうの指をしっかりと立てて、開放弦をしっかりと鳴らしましょう。

その5 – 「ピック弾きと指弾きがミックスされたアルペジオ」


#12 アルペジオ3 – ギター博士の30日間ギターチャレンジ

アルペジオ3:Tab譜

アルペジオの中で和音を弾くために、ピック弾きと指で弦を弾く「フィンガーピッキング」を織り交ぜたフレーズです。単音部分はピッキングのみで、和音部分はピッキングと同時に上の音を指(主に中指、薬指)で弾いています。

その6 – 「高音部分の運指を固定したアルペジオとオブリガート」


アルペジオの練習 6/6 【ギター博士】

アルペジオの練習その6:Tab譜

高音部分の運指を固定することで、音が途切れないアルペジオを可能にしています。1弦開放の音が綺麗に鳴るように意識してください。

clear

ギター博士「えっ、どうして高音部分の和音が同じままでコードチェンジできるのかって?!それは

3弦4フレット:B
2弦4フレット:D#
1弦開放:E

3つの音が、今回のフレーズのコード進行「C#m7 → G#m7 → AM7 → B」それぞれの構成音にあたるからぢゃ。」

コード\3つの音 3弦4フレット:B 2弦4フレット:D# 1弦開放:E
C#m7 m7 9th m3
G#m7 m3 5th b13
(コードトーンとしてではなく
メロディとしての経過音)
AM7 9th #11th 5th
B Root M3 11th
(コードトーンとしてではなく
メロディとしての経過音)

音程について