エレキギターの総合情報サイト

iRig/iRig HD/iRig PRO 徹底比較レビュー!!

iRig シリーズ徹底比較

イタリアの音響メーカー IK Multimedia 社がリリースする、iPhone/iPad/iPod touch など「iOSデバイス」と呼ばれる機器につないでギターを演奏することができるオーディオインターフェイス iRig。2010年に初登場して以来人気モデルとなり、次々とシリーズ製品をリリースし IK Multimedia を代表する商品となりました。ギターに繋いで演奏する iRig だけでも既に iRig HD、iRig PRO とあわせて3機種が発売され、充実したラインナップとなっています。

そこで今回、当サイトでおなじみ【ギター博士】が実際に iRig/iRig HD/iRig PRO 3機種を使ってギターの音をレコーディングしてもらい、それぞれのサウンドクオリティについて比較してみました。
iRig を使ってギターを弾いてみたいけど、どれを買ったらいいか迷っているという人は参考にしてみて下さい!!

iRig/iRig HD/iRig PRO の違い

まずは iRig/iRig HD/iRig PRO について、それぞれの違いやできることについて、ざっくりと紹介してみます。

iRig

iRig

2010年に登場した初代 iRig。大ヒットシリーズとなった iOSデバイス・インターフェイスの先駆け的存在で、iPhone/iPad のマイク入力に接続してギターを鳴らすというアナログ・スタイルの iOS専用オーディオインターフェイスです。

3つの iRig の中でも最もシンプルな使い方で、iPhone/iPad でギターを演奏すること”のみ”を目的としています。初代というと古いようなイメージですが現役バリバリ、最も安価なモデルです。

iRig を使ってできること

iPhone/iPad/iPod Touch を使ってギターの練習/録音

iRig HD

iRig HD

次に登場したのが A/Dコンバータ搭載、ギター入力専用端子を搭載したデジタル式オーディオインターフェイス iRig HD。初代に比べてデジタル方式を導入したことで音質面で格段にクオリティがアップしたモデルです。

iPhone/iPad で高品位なレコーディングができるだけでなく、USB接続によってパソコンでも動作するオーディオインターフェイスとなっているのが iRig HD の魅力ですね。パソコンにギター音を入れてみたいという願いに、気軽に応えてくれるアイテムです。

iRig HD を使ってできること

iPhone/iPad/iPod Touch/Mac/Windows を使ってギターの練習/録音

iRig PRO

iRig PRO

24bit A/Dコンバータ、高品位のマイクプリアンプを搭載した、デジタル式オーディオ/MIDIインターフェイス iRig PRO。
iRig HD に比べて拡張性を高めたモデルです。

ギターやベースなど Hi-Z 楽器やマイクなどを入力する「XLR/ 標準コンボ・コネクター」端子とMIDI端子が搭載。ファンタム電源を搭載しているので(9V電池を使うことで)コンデンサーマイクを利用して、高品位なボーカルレコーディングも可能、MIDIキーボードを接続してMIDI演奏を行うこともできます。
Macでも使えるので、予算がない人にとっての初めてのパソコン用オーディオインターフェイスとしても問題ないでしょう。

iPhone、iPad、iPod touch、USBのバスパワーで動作するので電源要らず。
前面にはゲインを調節するノブを搭載、マイクやピックアップの出力に対応しています。
購入時にLightningケーブル、Dockケーブル、USBケーブルが付属しているので、買ってすぐに色々な機器との接続がOK。

iRig PRO を使ってできること

iPhone/iPad/iPod Touch/Mac/Windows を使ってギターの練習/録音 マイクレコーディング(コンデンサーマイクも可能) MIDI楽器の演奏

iRig/iRig HD/iRig PRO 大きさ比較

iRig:比較 左から iRig STOMP、iRig、iRig HD、iRig PRO

3製品を並べてみたのが上の画像(一番左は今回は使いませんでしたが、iRig 製品でエフェクトのon/off ができるストンプボックス iRig STOMP です)。
3つとも手のひらサイズのコンパクトで軽量なボディ、かさばらずに屋外にも気軽に持ち運びができます。

iRig/iRig HD/iRig PRO 使い方比較

iRigシリーズの使い方比較左:iRig、右:iRiG PRO マイク接続

iRig/iRig HD/iRig PRO ともに基本的には電源不要、ギターと iPhone/iPad を繋いでヘッドフォンで音を聞く、という使い方です。しかしそれぞれ繋ぎ方や対応機材が微妙に違っています。それぞれどんな使い方ができるかみてみました。

iRig の使い方

iRig の使い方
iRig の手順は以下

  • ギターケーブルをiRig 本体に繋ぐ
  • iRig のもう片方のミニプラグを iPhone/iPad ヘッドフォン端子に繋ぐ
  • iRig のミニプラグ端子にヘッドフォンを繋ぐ

ヘッドフォンとギターケーブルを用意するだけでOK、使い回しのよいシンプルなモデルです。

iRig HD の使い方

iRig HD の使い方

iRig HD の場合は、自分が持っている iOS デバイスに合わせて Lighting 接続ケーブル、30-pin 接続ケーブル、USB 接続ケーブルのいずれかを接続する必要があります(ケーブルは商品パッケージに同梱されているので別途購入する必要はありません)。iRig と違ってヘッドフォン・ジャックは iPhone/iPad 本体ヘッドフォン端子に直接繋ぎます。接続を認識すると本体搭載の LED ランプが点灯します。
入力信号の音量調節をできるようになったのも iRig HD からです。

iRig PRO の使い方

iRig PRO の使い方iRig PRO:9V電池

iRig HD と同様、iRig PRO も付属ケーブルが必要です。ヘッドフォンも iPhone/iPad 本体ヘッドフォン端子に繋ぎます。接続を認識すると、こちらも LED ランプが点灯します。
また、コンデンサーマイク使用時にファンタム電源を供給するための 9V 電池を入れることができるようになっています。ボディ側面の「+48」スイッチをオンにすることで電源供給が開始します。

アプリ「Amplitube Free」を使って音作り

amplitube

iRig/iRig HD/iRig PRO 共に、オーディオ入力対応のアプリを使えばギターの音を鳴らすことができますが、IK Multimedia 社からは iRig 専用の無料ギターアンプ・エフェクト・アプリ「Amplitube Free」がリリースされていますので、まずはこのアプリで音作りを楽しんでみました。

Amplitube Free では 3種類のギターアンプ/2種類のキャビネット/2種類のマイク/4種類のエフェクトを使って音作りすることができる他、チューナー/メトロノーム/1トラックレコーダー/伴奏用のドラム・グルーブなどの機能が搭載しているので、ギターの演奏だけでなく練習や録音のサポートもしてくれるツールとなっています。

録音したデータはすぐに Eメールで送ったり iTunes やサウンドクラウドに直接アップロードできるなどのエクスポートが可能、追加課金によって他のアンプモデルやエフェクターを楽しむこともできるようになっています。

T Amplitube Free – iTunes

amplitube-ampデフォルトで使える 3種類 のギターアンプ。クリーン、クランチ、ディストーションに対応できます。

amplitube-effect4種類のエフェクター、左から:ディレイ、ノイズフィルター、フランジャー、ワーミー

amplitube-mic2種類のキャビネット、2種類のマイク

amplitube-drumチューナー/メトロノーム機能、伴奏用のドラム・グルーブを操作する画面

amplitube-recミキサー画面:楽曲の録音やエクスポートを行います

Amplitube アプリの使い方がわかってきたところで、iRig/iRig HD/iRig PRO でギターを録音して、それぞれのサウンドを比較してみたいと思います。

iRig/iRig HD/iRig PRO のサウンド比較

Sadowsky Metroline R1 Sadowsky Metroline R1 CUSTOM

ギター博士に、 iRig/iRig HD/iRig PRO の3種類を iPhone に繋いでもらい、アプリ「Amplitube Free」のモデリング・アンプとエフェクトを使って「クリーントーン、クランチ、ディストーション」と3種類のギター・トーンを作ってもらい、それぞれのトーンでまったく同じフレーズを弾き、内蔵レコーダーで録音してみました(使用したエレキギターは Sadowsky Metroline R1 CUSTOM)。
3種類の iRig で音のクオリティにどのような違いがあるか、みていきたいと思います。

まずは最も変化が少なかったクランチ・サウンドからいってみましょう。

クランチ・サウンド

iRigのクランチ

iRig HDのクランチ

iRig PROのクランチ

クランチ・サウンドを比較してみて

業務用モニタースピーカーでリスニングしてみました。音質はさほど違いがないように思えますが iRig はノイズが目立ちます。 iRig HD ではノイズは激減していますね。 また、iRig HD に比べて iRig PRO ではギター音がよりクリアに、生っぽさが伝わって聞こえるような気がします。

ディストーション・サウンド

iRigのディストーション

iRig HDのディストーション

iRig PROのディストーション

ディストーション・サウンドを比較してみて

これは違いが出ましたね。まずイントロの無音部分、Amplitube 内のノイズゲートをオンにしているにも関わらず、iRig では明らかにノイズが気になります。 一方 iRig HD ではノイズは激減しよりクリアな音像となっています。そのぶん荒さは押さえられているようです。 iRig PRO では iRig HD よりもさらにノイズが減っています。イントロ部分のフレットに触れる音量も iRig HD に比べて小さいですね。音質的にもより生っぽさが際立ち、深く歪ませることでノイズの量に差がでました。

クリーントーン

クリーントーンは、アプリ内アンプモデル搭載のリバーブとアプリ内ディレイ・エフェクトを使用して音作りしています。

iRigのクリーントーン

iRig HDのクリーントーン

iRig PROのクリーントーン

クリーントーンを比較してみて

パソコンやスマホ環境からの直接音だと違いがよくわからないかもしれません。また SoundCloud にアップロードした段階で音源が圧縮されてしまっているので、それも違いがわかりにくくなっている要因となっていますが、録音した直後の音源をモニタースピーカーでリスニングしたところ、3つ共に音質に大きく差が出ました。 パソコンやスマホ環境でも大音量で聞くとわかりますが、クリーントーンながら iRig は少しノイズが気になります。 iRig HD は iRig に比べてノイズは減っていますね、クリアなギターサウンドです。 そして iRig PRO ですが、iRig HD に比べてさらにノイズは減りほぼ皆無です。また音質面で iRig HD と比べてもほぼ同様のスペックのはずなのですが、全体的に(特に高音域が)よりクリアーでコシのあるサウンドに感じました。

総評:レビュー

さて、iRig/iRig HD/iRig PRO と3つのモデルで3種類の音を聞き比べてみたわけですが、音質面でいうと iRig PRO が最もクオリティが高いのは当たり前です。
しかしそれぞれに使い方が若干違ったり価格も異なるので、一概に全ての面で iRig PRO が良い!と言い切るのは遠慮しておきました。
状況に応じて iRig/iRig HD/iRig PRO どれを選ぶとよいか選択肢があると思いましたので、それぞれの総評を以下に紹介しておきます。

iRig の評価

3つの中ではノイズも気になり最も録音品質の乏しいモデルでしたが、iRig HD/iRig PRO を使うのに必要な Lightning ケーブルや 30-pin ドックケーブルを使う必要がなく、デバイス環境に左右されず最も使い回ししやすいのが iRig の特徴ですね。値段も最も安く手に入れやすいのもメリットです。
本格的な録音作業に使わずに、iPhone/iPad でのギター演奏やギター練習を気軽に楽しみたい人には問題なく使用できるモデルではないでしょうか。

iRig HD の評価

iRig に比べて音質もグッとよくなっている iRig HD。iRig では不可能な、パソコンとの USB 接続でレコーディングできるという点は、iRig HD の大きなメリットだと思います。
iPhone/iPad アプリでシンプルにギターを練習したり、パソコン、iPhone/iPad レコーディング・アプリを使って良い音でギターを録音したい人にとって最適なモデルだと思います。

iRig PRO の評価

iRig PRO は3つのモデルの中でサウンドクオリティは最高ですね。音質も際立って良く、超低ノイズです。エントリーモデルのパソコン用オーディオインターフェイスと遜色ない品質だと思います。
iRig HD 同様パソコンにも繋ぐことができますし、XLR 接続端子がついているのでマイクを繋いでボーカルが録音できるのがこのモデルの最大のメリット。しかも、9V電池を入れることでファンタム電源を供給し、コンデンサーマイクが使えるというのが凄いですね。
マイクだけでなく MIDI 入力端子も用意されているので、MIDIキーボードを繋いで iOS シンセアプリやパソコンのプラグインを使って演奏することもできるなど、パソコンと繋げる本格的なインターフェイスとなっています。

ギター博士が弾いたクリーントーンのクオリティから考えると、ギターのラインレコーディングに十分対応できると思います。ボーカル録りもコンデンサーマイクを使用すれば、ひょっとしたらレコーディング本番の OK テイクにも採用できるレベルかもしれません。(実際にいくつかの動画では、iRig PROを使って六弦かなでの声を収録しています

iPhone/iPad やパソコンで、ギター/ボーカル/MIDI機材の高品位レコーディングに対応できるモデルだと思います。

iRig/iRig HD/iRig PRO スペック比較表

iRig:スペック比較

iRig iRig HD iRig PRO
対応機材 ギター、ベース ギター、ベース ギター、ベース、マイク、コンデンサーマイク、MIDI機材
対応OS iPhone/iPod Touch/iPad iPhone/iPod Touch/iPad/Mac/Windows iPhone/iPod Touch/iPad/Mac/Windows
電源 不要 不要 不要(コンデンサーマイク使用時のみ9V電池必要)
INPUT 1/4”標準インプット 1/4”標準Hi-Z楽器インプット 1/4”標準Hi-Z楽器インプット、XLR/標準ジャック
MIDI対応 x x
マイク対応 x x
入力ゲイン・コントローラー x
30-pinドック端子接続 x
Lightning端子接続 x
A/Dコンバート 24-bit 24-bit
サンプリングレート 44.1 / 48 kHz 44.1 / 48 kHz
同梱ケーブル Lighting接続ケーブル、30-pin接続ケーブル、USB接続ケーブル Lighting接続ケーブル、30-pin接続ケーブル、USB接続ケーブル
寸法 WxLxH 22 x 22 x 71.4 mm 30 x 21 x 99 mm 32 x 32 x 105 mm
重量 ~20g ~35g ~40g
発売日 2010年5月 2013年5月 2013年10月

iRig – Supernice!DTM機材
iRig HD – Supernice!DTM機材
iRig PRO – Supernice!DTM機材

以上で今回のレビューは終了ですがいかがだったでしょうか。
「iRig シリーズ」はギター用オーディオインターフェイスだけでなく MIDI に特化した「iRig MIDI」やマイク専用の「iRig Mic」など、iOS デバイスと接続できる様々なラインナップが存在します。iPhone/iPad で本格的に遊んでみたいと思っている人は、他の iRig 製品もチェックしてみるといいかもしれませんね。
それではまた!

IK Multimedia のDTM機材一覧 – Supernice!DTM機材

iRigシリーズ:Amazon