エレキギターの総合情報サイト

《これぞ、本家》フェンダー・アメリカン・シリーズ・テレキャスター徹底分析!

アメリカン・エリート・テレキャスター
American Elite Telecaster

アメリカン・エリート・テレキャスター

「アメリカン・エリート」からは、オーソドックスなソリッド・ボディのモデルと、内部をくり抜いた「シンライン」モデルの2機種がリリースされています。両機とも、フェンダーのモダン・スタイルにおける最高グレードのシリーズで、最先端のスペックとエレガントなスタイル、そして極上のサウンドを共存させています。
テレキャスター・シンライン


John 5 Discusses the Fender American Elite Telecaster | Fender
バリバリ弾きながら、「エリート」について語るJohn5氏。「The Best Guitar in the World(世界最高のギターだ)」とコメントしています。

「アメリカン・エリート」の共通仕様

まずは両者に共通している仕様をチェックしてみましょう。「アメリカン・エリート」シリーズには、様々な最新スペックが惜しみなく採用されています。その多くが「アメリカン・エリート・ストラトキャスター」と共通していますが、こちらでもじっくり見ていきましょう。

エレガントな外観

「Fender」「TELECASTER」とのみ記された、ブラッククロームのヘッドロゴが「モダン・スタイル最高グレード」の証です。「エリート」専用のストリングガイドと相まって、スッキリとまとまった意匠になっています。ボディのバインディングもアメリカン・シリーズでは「エリート」だけの意匠で、キリっとした印象を演出しています。カラーリングも定番色に加えて「Autumn Blaze(秋の炎) Metallic」「Mystic Ice (荘厳な氷)Blue」といった攻めた色調が目を引きます。

第4世代ノイズレス・ピックアップ

フェンダーは、世界的なギターやアンプのメーカーであるのと同時に、世界的なピックアップのメーカーでもあります。「エリート」に採用されている「第4世代」ノイズレス・ピックアップは、シングルコイルの魅力である明瞭なダイナミクス(強弱がはっきり出る)と倍音をしっかり残しながら、現代の科学で到達できる極限までノイズをカットした高性能ピックアップです。

本来ならばボディに直接マウントされていたフロント・ピックアップですが、モダン・スタイルのテレキャスターでは全て「ピックガードマウント」になっています。ボディマウントでは、フロント・ピックアップの高さを調節するためには毎回ピックガードを外さなければなりません。ピックガードマウントにすることで、ピックガードを外さなくても高さを調節することができます。

極上のプレイ・フィールを生むネック

「エリート」のネックには、

  • 円錐指板(コンパウンド・ラジアス指板)
  • C to Dコンパウンド・ネックシェイプ

という二つの仕様が採用されており、他では得られない良好な演奏性を発揮します。円錐指板は低いポジションでコードが押さえやすく、高いポジションでチョーキングがやりやすく、また弦高を下げるセッティングがしやすい、とてもありがたい指板です。
指板(フィンガーボード)の材質・形状について

また、ネックのグリップも低いポジションでのCシェイプから高いポジションでのDシェイプへと、滑らかな変化が付けられています。各ポジションに想定される演奏内容に合わせ、ネックの握り加減が人間工学的に設定されており、最大限の弾きやすさが得られます。ジョイント部にはヒールカットが施されているので、ハイポジションの演奏性が格段に良好です。

いざという時の「S-1スイッチ」

ボリュームポットにはPush/Push式の「S-1スイッチ」が備わっており、押すたびに配線をノーマル/スペシャルに切り替えることができます。スペシャル時には、フロントとリアのピックアップを直列につないで「疑似ハムバッカー」の甘く太いサウンドを得ることができます。

S-1スイッチは「4回路12接点」という設計なので、一般的なスイッチポット(2回路6接点)よりも複雑な配線が可能です。ちょっとマニアックな配線に改造するためにも、非常に頼りになります。

高機能な各部パーツ

ロッキングチューナー

ペグは軸に弦高を固定する機能が付いた「ロッキングチューナー」になっており、幾重も巻きつけることなく素早い弦交換ができます。また軸の高さを短めに設定することでナットにかかる弦高の張力を若干上げており、理想的な弦振動を伝達できます。また、ストラップピンにもロック機能が付いており、ストラップの着脱をワンタッチでできます。

「ダブルアクション(順ぞり、逆ぞり両方に効く)」トラスロッドは、ネックのエンド側から調整します。「トラスロッド・アジャストメント・ウィール」が設けられているため、ネックを外すことなく、また特別な器具を使用することなく、ネックの調整を行うことができます。

「アメリカン・エリート」それぞれの仕様

では次に、ボディ構造に大きな違いのある両機それぞれを見ていきましょう。

American Elite Telecaster

American Elite Telecaster


Fender American Elite Telecaster Demo | Fender

アルダー製ソリッド・ボディの「アメリカン・エリート・テレキャスター」は、6種類のカラーリング、メイプルまたはローズの指板を選択することができます。ボディのバック面にコンター加工が施されており、抱えた時に脇腹が痛くならないフィット感を得ることができます。

アメリカン・エリート:コンター加工の様子 コンター加工の様子

アメリカン・エリート:6連ブラスサドル 6連ブラスサドル

ブリッジはモダン・スタイルでは一般的となっている「L字」型のブリッジプレートに、クロームメッキを施した6連ブラスサドルを備えています。ピックの進行を妨げるものが何もない快適な演奏性と、オクターブ調整をビシっと決められる音程の確かさが大きなメリットです。
オクターブチューニングのあわせ方

アメリカンエリート・テレキャスターを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

American Elite Telecaster Thinline

American Elite Telecaster Thinline

American Elite Telecaster Thinlineについては次ページを参照
American Elite Telecaster Thinline


以上、「アメリカン・エリート」はまったくもって文句の付けどころのないギターですが、前身の「アメリカン・デラックス」は「アメデラ」という略称が定着していたのに対して「アメエリ」では呼びにくく、定着しにくいことが予想されます。コレといった美しい愛称が決まらないのは、日本人的に難点ではありますね。

アメリカン・プロフェッショナル・テレキャスター
American Professional Telecaster

アメリカン・プロフェッショナル・テレキャスター

「アメリカン・プロフェッショナル・テレキャスター」は、前身となる「アメリカン・スタンダード」シリーズにとって代わるギターとして誕生しました。「スタンダード」の名をメキシコ製の「スタンダード」シリーズに譲る形となり、これによって「フェンダーの標準機」はメキシコ製に、メイドインUSAは上位グレードモデルに、という扱いになりました。テレキャスターではスタンダードなスタイルのものに加え、2ハムバッカー仕様機がリリースされています。いずれも新しい設計が多く採用されていますが、テレキャスターの長い歴史をリスペクトした、ヴィンテージライクなスタイルにまとめられています。


Introducing the Fender American Professional Series | Fender
「アメリカン・プロフェッショナル」シリーズ誕生に際し、これまでアメスタにラインナップされていなかったジャガーやジャズマスターも仲間に加わりました。

「アメリカン・プロフェッショナル」の共通仕様

では、2種類の「アメリカン・プロフェッショナル・テレキャスター」に共通する仕様を見ていきましょう。「プロフェッショナル」共通仕様は、ストラトやジャガーなど他のモデルでも多く共通しています。

新開発ピックアップ

「プロフェッショナル」に搭載されているピックアップは、フェンダー社のピックアップ部門におけるチーフエンジニア、ティム・ショウ氏が設計しています。ティム・ショウ氏はギブソンでヴィンテージ・ピックアップのリイシューに携わった経歴があり、移籍したフェンダー社にはピックアップのエンジニアとして20年以上在にわたって活躍しています。2大メーカーのピックアップ開発で中心的なポジションにいたことから、今や「ピックアップの巨匠」とまで呼ばれています。

新開発されたシングルコイル「V-Mod」ピックアップは、1~3弦、4~6弦それぞれに異なるマグネットを配置するというアイディアでプレーン弦、巻き弦それぞれの音が良好に響くように設計されています。テレキャスター用のV-Modでは、

  • 1~3弦用に「アルニコII(中域が主張し、滑らかで繊細)」
  • 4~6弦用に「アルニコV(大胆さがあり、タイトでパンチがある)」

というセレクトになっています。
ピックアップの磁石の種類、交換方法について

アルニコIIを使用したハムバッカーピックアップ「Shawbucker(ショーバッカー)」は、これまでのものをさらにブラッシュアップし、ヴィンテージライクなフィーリングとフロント/リアのマッチングを向上させています。

新しいネックグリップと新しいフレット

「プロフェッショナル」のネックグリップは、「ディープC」を新たに開発、採用しています。これまでの標準仕様であった「モダンC」と比べると厚みと丸みが増しており、「カマボコ」と称される「U」の中間を行くグリップとなっています。細ければ弾きやすい、薄ければ弾きやすい、という流行を見直すシェイピングになっていますが、コードを押さえたりチョーキングをしたりする際、ネックにはある程度の太さがあった方がストレスは少ない、という人間工学に基づいた設計です。ネックの体積が増すことから、剛性や音響性能も向上します。

フレットについても「ナロー・トール」フレットを新たに採用しています。かつての標準仕様「ミディアムジャンボ」と比べると幅が狭く(narrow)、背の高い(tall)もので、ヴィンテージライクなフィーリングを残しながらチョーキングしやすい設計です。

ヘッド側から調節するトラスロッドは「Bi-Flex(バイフレックス)」で、順ぞり/逆ぞり両方向への調整が可能です。またネックジョイント部には「マイクロティルト」が仕込まれており、ネックの仕込み角度を調節することができます。


Fender American Professional Telecaster
1分10秒辺りで、ミディアムジャンボフレットと新開発ナロートールフレットを並べた画像を見ることができます。

トレブル・ブリード回路

ボリュームポットには、新開発の「トレブル・ブリード」回路が仕込まれています。本来ならば、ボリュームを絞っていくと高音域が削れた甘いトーンになる半面、音抜けが悪くなってしまいます。トレブル・ブリード回路はこの傾向を改善し、ボリュームを絞ったときの音色に高音域を残させることで、抜けの良いサウンドを作っています。

テレキャスターではシャキッとした音が欲しいこともあり、

  • 抵抗値の高い可変抵抗(抵抗Ωが上がると高音が引き立つ)
  • ハイパスフィルター(ボリュームを絞っても高音域は残る)

という回路になっているのが伝統でした。新開発のトレブル・ブリード回路は、これに代わる新しい方式で、耳に痛いチャリチャリとまではいかない、音楽的なトーンを得ることができます。ギター本体に搭載されるピックアップ「V-Mod」や「Shawbucker」とのマッチングも十分に考慮する、という気合の入り方です。

特徴的な金属パーツ

ロトマチック・ペグ

ペグには堅牢な「ロトマチック・ペグ」が採用されていますが、ストリング・ポスト(軸)がポジションごとに適正な高さになっており(スタガード・ストリング・ポスト)、弦の張力が良好に整えられています。

ブリッジには伝統的なスタイルを採用しつつ、取り外し可能な「アッシュトレー・カバー」が付属します。伝統的なブリッジカバーはピックアップまで覆い隠す大きなものでしたが、本機のカバーはサドルのネジを覆い隠すだけのごく小さなもので、ブリッジミュートも問題なく行うことができます。体質的に金属パーツを錆びさせてしまうという人は、これを使うようにするとネジが錆びるのをいくぶん食い止めることができます。

「アメリカン・プロフェッショナル」それぞれの特徴

では次に、「アメリカン・プロフェッショナル」それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

American Professional Telecaster

American Professional Telecaster


2017 Fender American Professional Telecaster

「アメリカン・プロフェッショナル・テレキャスター」は、エレキギターの歴史を築いてきたテレキャスターを徹底して再検証し、改良できるところは改良し、改良が不要なところはそのまま残して仕上げたギターです。大小二つのシングルコイルピックアップは新開発の「V-Mod」で、ひとつのピックアップ本体の中で二種類のマグネットを使い分けています。フェンダーならではの歯切れがよく、クリアで、なおヴィンテージ的な温かさのあるサウンドが持ち味ですが、出力も十分に確保しています。

ブラス製3連サドル ブラス製3連サドル

伝統的なブラス製3連サドルが採用されていますが、オクターブ・チューニングが合うようにポジションごとに加工されており、ピッチが甘くなりがちという3連サドルの弱点をしっかり克服しています。

また、本機のみ、左用がリリースされています。カラーバリエ―ションこそ少なめですが、そのためか右用よりも価格が抑えられています。左用の方が低価格のギターは他に類を見ず、おそらく世界初です。常に新しいことへの挑戦を怠らないフェンダーが、ここにまた新たな歴史を築いたわけです。

American Professional Telecaster Deluxe Shawbucker

American Professional Telecaster Deluxe Shawbucker


2017 Fender American Professional Telecaster Deluxe Shawbucker
1分20秒あたりで、トレブル・ブリード回路のかかり具合を確認することができます。ボリュームを絞った音も、甘くなりすぎずスッキリとした印象です。

「アメリカン・プロフェッショナル・テレキャスター・デラックス・ショーバッカー」は長い名前ですが、1973年に発表された「テレキャスター・デラックス」の雰囲気をそのまま残しながら、現代的なアレンジが施されています。正面から見たら普通のテレキャスター・デラックスですが、背面にはコンター加工が施されており、ステージで暴れ回っても脇腹が痛くならない、ロックギタリストにぴったりのテレキャスターとなっています。

Shawbucker:バック面コンター加工の様子 コンター加工の様子

モデル名にもなっている「ショーバッカー」は、このモデルのために新しく設計されたピックアップです。ヴィンテージ・ピックアップで採用されているアルニコIIマグネットを採用し、タイトなハムバッカーサウンドを持ち味としています。シングルコイルと比べると高出力ですが、パワーにものを言わせるほどのものではなく、「キレ」で勝負するタイプのピックアップです。

6連ベント・サドル 6連ベント・サドル

ブリッジは6連の鉄製「ベント・サドル」を採用しています。現代的な仕様で言ったら「ブロック・サドル」を採用するところですが、新しさよりもサウンドを考慮し、音の伸びよりもキレを重視した設計になっています。

アメリカンプロフェッショナル・テレキャスターを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

アメリカン・スペシャル・テレキャスター
American Special Telecaster

American Special Telecaster

「アメリカン・スペシャル・テレキャスター」は、メイドインUSAのクオリティを多くの人に体験してもらうための、普及価格帯のギターとして開発されました。とはいえ安いギターかと言えばそうではなく、品質は下げずに設計をシンプルにすることで価格を下げたもので、上位機種「プロフェッショナル」と比べても2万円程度の価格差にとどまっています。
「エリート」や「プロフェッショナル」が新しさを強調しているのに対し、「スペシャル」はオーソドックスなスタイルで仕上げられています。カラーリングにはサンバースト、ヴィンテージ・ブロンドの定番色に加え、レイクプラシッド・ブルーが加わっています。それでは、アメリカン・スペシャル・テレキャスターをチェックしていきましょう。

ギター本体

アメリカン・スペシャル・テレキャスター:ボディ・バック コンター加工は施されない

ギター本体はアルダーボディ、メイプルネック、ボルトオン4点留め、というベーシックな仕様で、コンター加工やヒールカットなど、こざかしい処理は施されていません。脇腹や右肘に対してボディのエッジがしっかり立ち、ジョイント部分がしっかり四角いのが、テレキャスター本来の姿です。

ネック

オーソドックスな「C」シェイプのグリップは、「モダンC」や「ディープC」と比べると若干細身になっています。現在では「細ければ弾きやすい」という考え方が見直されてきていますが、グリップが細ければ、手の小さい人でも「D on F#」など、親指で6弦を押さえるようなコードに挑戦しやすいというメリットがあります。

9.5インチRの指板には、ジャンボフレットが打ち込まれています。フレットが大きいと弦を押さえるための圧力を軽減できて、弾きやすくなります。

電装系

アメリカン・スペシャル・テレキャスターのボディ

ピックアップにはカスタムショップ製の「テキサス・スペシャル」が採用されています。テキサス・スペシャルは頼もしい音量、引き締まった低音域、存在感のある中音域、澄み渡る高音域を特徴とする、「フェンダーピックアップの名機」です。「ジャパン・エクスクルーシブ」のテレキャスターに搭載される例があるほか、メキシコ工場で作られるテレキャスターにもメキシコ版の「TEX-MEX」が使用されることからも、その名機ぶりをうかがうことができます。なお、テキサス・スペシャルはポールピースの高さに違いを設けている「ランダム・ポールピース」仕様となっており、ポールピースの高さが揃えてある「エリート」の第4世代ノイズレス、また「プロフェッショナル」のV-Modと一味異なる雰囲気を持っています。

トーン回路は「グレースバッカー・トーン・サーキット」が採用されています。トーンを絞ると高音域が削られますが、そのぶん低音域ばかりが際立ってしまうと音楽的に使いにくいサウンドになってしまいます。「グレースバッカー回路」は低音域にも変化を加えることで、トーンを絞っても泥臭くなりすぎず、使いやすいサウンドが得られます。

金属パーツ

ペグとブリッジには、シンプルかつオーソドックスなものが採用されています。ペグは堅牢なロトマチック・ペグで、ブリッジはクラシカルな雰囲気を持つブラス製3連サドル仕様となっています。

アメリカンスペシャル・テレキャスターを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す