ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ファズ・エフェクターについて

ファズはまだオーバードライブもディストーションもなかった1960年代、アンプのボリュームを上げて音を歪ませるだけでは満足できなかったギタリストの要望に答えるかたちで登場した歪み系エフェクターでした。
この時、ギターの神様と呼ばれたジミ・ヘンドリックスが使っていたファズペダル「Fuzz Face」が誕生するのです。

ファズ創世記の代名詞 - Fuzz Face

Fuzz Face JH-F1完全復刻版のFuzz Face JH-F1

Fuzz Face はまだ歪みエフェクターがない1966年に登場しました。割れるような・爆発を起こしたかのような強烈な歪みが特徴で、デビューしたばかりのジミ・ヘンドリックスリッチー・ブラックモアジェフ・ベックなど歴史に名を残す偉大なギタリストがこぞって使用したペダルでした。
ギター側のVOLUMEノブに繊細に反応するのが特徴で、Volを縛ればクリーン、20%くらいでクランチ、フルテンにすれば極悪な歪みとジミは使い分けていました。

その後改良を加えながら一時は生産修にもなりましたが、90年代にJim Dunlop社がFUZZ FACEを商標登録。当時の回路を再現した JH-F1 をリリースするなど、現在に至るまで当時の Fuzz Face は生きながらえてます。

Dunlop Fuzz Face JH-F1 - Supernice!エフェクター


ファズはオーバードライブやディストーションの登場で一度は姿を消しましたが、90年代に入ってゲルマニウム・トランジスタの特徴的な発振音に再びギタリストが注目を集め始めました。こうしてFuzz Face以外にも様々なブランドから多用なファズが登場していきます。
荒々しく過激なファズのサウンドは今も実験的精神旺盛なギタリストによって使われています。

ファズの分類

ファズといってもオーバードライブのようにスムーズに歪むだけのものからノイズのように過激なものまで多種多様ですが、ファズは大きくわけて内部回路にゲルマニウム・トランジスタを使っているか、シリコン・トランジスタを使っているかで2つに分類されます。

ゲルマニウム・ファズ

Z.VEX FUZZ FACTORYゲルマニウム・ファズ:
Z.VEX FUZZ FACTORY

ゲルマニウム・トランジスタはゲルマニウムという鉱石を用いたトランジスタで、温度によって音が変化するという特徴を持っています。気温や湿度によって、調子がいい時はザラついたうねりのあるサウンドとなりますが、悪ければサスティーンが削れたサウンドに、と安定性に欠けるデメリットを抱えています。またゲルマニウムという石自体が希少価値が高く、コストがかかりペダルにした時に高額になってしまいます。

そんなデメリットがありながらも、中低域が強調された独特のウェットなサウンドに魅了されるギタリストは多く、初期のファズにほんの短期間だけ使われていましたが、月日を経て現在でもゲルマニウムを使用したファズを製造するブランドも多く存在します。


Z.VEX FUZZ FACTORY:ギター博士「はじめてのファズ・エフェクター」より

シリコン・ファズ

BOSS FZ-3シリコンファズ:BOSS FZ-3

シリコン・トランジスタはゲルマニウムのものよりも後に開発され、安定した動作で使いやすいとされている素材。高域が強調されたジリジリ/カラッとしたサウンドで、ゲルマニウムに比べてより大きく/より現代的な歪みが特徴です。

シリコン・ファズでよく知られるのが、BOSS FZ-3。生産終了になったものの後継機種であるFZ-5がデジタル回路となったこともあり、アナログ回路であるFZ-3のサウンドを求め未だに人気の高いモデルです。

BOSS FZ-3 - Supernice!エフェクター

clear

ファズの使い方

ファズは一般的に倍音成分が多く含まれた、潰れたような深い歪みが特徴です。雑なサウンドだけのように思いがちですが、ギター本体からの電気信号に素直に反応するという一面を持っているので、自分のギターとじっくりにらめっこしていけば様々な音が出せると思います。
ジューシーなギターソロ、轟音ノイズとしてなど、色々な使い方にチャレンジしてみると良いですね。

定番のファズ

electro-harmonix Big Muff Original USA

Big Muff Big Muff

1968年に初登場、ディストーションのような歪みから潰れきったファズ・トーンまで幅広い音作りを行うことができる Electro Harmonix 社の定番ファズ、通称【ビッグマフ】です。ジミ・ヘンドリックス、サンタナ、カート・コバーンやジョン・フルシアンテなど70年代から90年代、そして現在まで多くの有名ギタリストに使用されていて、人気は折り紙付き。
低ノイズ、ロングサスティーン、低音の迫力、ブチブチと鳴るサウンドはこれぞファズ!といったサウンドです。

2014年には小型化されたモデル「Nano Big Muff Pi」が登場しました。

Electro Harmonix Nano Big Muff Pi - Supernice!エフェクター

Z.VEX FUZZ FACTORY

Z.VEX FUZZ FACTORY

いわゆる「発振系」に属するファズペダルが「Fuzz Factory」です。製作者によるとファズの名機、Fuzz Faceの回路に別のトランジスタを加えたことで、この変態的なペダルが出来上がったとのことです。
王道的なファズサウンドはもちろん、ブチブチと途切れる不安定なサウンド、ノイズまみれの轟音サウンド、悲鳴のような発振音など、非常に個性的なファズを楽しむことができます。一癖も二癖もあるペダルではありますが、Fuzz Factory に魅了されたギタリストは世界中にいます。

Z.VEX FUZZ FACTORY - Supernice!エフェクター


JIM DUNLOP FFM 1,2,3,6

FFM-1 FFM-2 FFM-3 FFM6

エフェクターそのものを代表する、1966年に登場したファズペダル「Fuzz Face」。ファズフェイスをミニサイズにしたのがJIM DUNLOP「FFM 1」「FFM 2」「FFM 3」「FFM 6」4種類です。70年代の仕様を再現したシリコントランジスタ・ファズの「FFM 1」、60年代の仕様を再現したゲルマニウムトランジスタ・ファズの「FFM 2」、ジミ・ヘンドリックスのファズを再現した「FFM 3」、ジミ・ヘンドリックスが在籍したバンド「Band of Gypsys」時代のアグレッシブなファズサウンドを再現した「FFM6」がラインナップされています。

JIM DUNLOP FFMシリーズ一覧 - Supernice!エフェクター


おすすめのファズ・ペダル

DEVI EVERのファズペダル

DEVI EVERのファズペダル

ファズペダルばかりを20種類近く、しかもどれも悲鳴をあげるように強烈な歪みが得られる轟音ファズペダルばかりを作っているエフェクターブランドが「DEVI EVER」です。ジェームス・ラヴェルによる音楽プロジェクト"UNKLE"のメンバー、インダストリアル・ロックバンドの雄"Nine Inch Nails"のメンバー(Trent Reznor, Robin Finck)、"ZZ Top"のBilly Gibbons氏、シューゲイザーの雄"My Bloody Valentine"のケヴィン・シールズ氏など、同社のファズはオルタナティブ・ロック系のバンドを中心に名だたるアーティストによって使用されており、マニアの間で支持されています。ファズにこだわる人はチェックしておきたいブランドです。

Devi Everのエフェクター一覧 - Supernice!エフェクター


JHS Pedals Muffuletta

JHS Pedals Muffuletta

2015年10月に登場したMuffulettaは、なんと歴代のビッグマフ・サウンド6種類が1台で楽しめてしまうという非常にお得なファズ・ペダルです。

ビッグマフはラインナップも多く、生産が終了しているモデルが多い + 大きめのボディのためエフェクトボードに組み込みにくいため敬遠している人もいるかもしれませんが、Muffulettaはコンパクトサイズなためこの問題も解消。少し高めの価格帯ですが即戦力になってくれるモデルです。

JHS Pedals Muffuletta - Supernice!エフェクター


格安ファズ・ペダル

NINEVOLT PEDALS FISHING IS AS FUN AS FUZZ

NINEVOLT PEDALS FISHING IS AS FUN AS FUZZ

国産ブランドNINEVOLT PEDALSによって2015年にリリースされた格安ファズペダル。国産ブランドながら5,000円を切るリーズナブルな価格を実現しており、初心者のファズ入門機種として最適なモデルです。有名ファズであるビッグマフの中でもCivil Warと呼ばれたロシア製ビッグマフのサウンドを再現した王道(少しディストーションに近い)ファズ・サウンドが得られます。
ボディにプリントされた可愛らしいデザインも本機の魅力の一つです。

NINEVOLT PEDALS FISHING IS AS FUN AS FUZZ - Supernice!エフェクター


Ibanez FZMINI

Ibanez FZMINI

2017年3月にIbanezのミニサイズ・エフェクターシリーズから登場した「FZMINI」、アイバニーズの初代歪みペダル「OD850」を再現したディストーション・ファズ・ペダルです。決して格安という訳ではありませんが、1万円を切る価格帯に通常のエフェクターよりも一回り小さいミニサイズとなっており、これからファズペダルを1台導入しようと考えているユーザーにも適したモデルとなっています。

Ibanez FZMINI - Supernice!エフェクター


BEHRINGER SF300 Super Fuzz

BEHRINGER SF300 Super Fuzz

格安ブランドであるベリンガーからリリースされているファズ「SF300」。市場に出回るファズの中でも随一の安さと、国内有名バンドのギタリストがエフェクトボードに入れていたということもあって、発売から月日が流れた今日、その昭和でレトロなルックスにもかかわらず話題を集めているペダルです。

3モード・スイッチを搭載し、異なる2種類のファズと1種類のブースターを切り替えて使用することができます。

BEHRINGER SF300 Super Fuzz - Supernice!エフェクター


TC Electronic Rusty Fuzz

TC Electronic Rusty Fuzz

BEHRINGERに買収された後のTC Electronicからリリースされた「Smorgasbord of Tones」シリーズの格安ファズペダル。6,000円前後とベリンガー「SF300 Super Fuzz」ほどは安くありませんが、空間系ペダルの開発で高い評価を得るTC Electronicのブランド力が加わり、格安ながらも安心して扱うことができるでしょう。
Fuzz Faceを元にしたクラシックなファズサウンドとなっています。

TC Electronic Rusty Fuzz - Supernice!エフェクター


ファズ・ペダルの接続順

ファズは接続順によってサウンドが変わってしまう機種があるので注意しましょう。基本的にゲルマニウムトランジスタを使用したファズ(Fuzz Factoryなど)は「ギター直後」に接続します。また、「ワウペダル」と併用する場合、インピーダンスの影響でワウが効かない場合があるので、ワウペダルとファズの間にバッファを接続するなど、別途対策が必要です。

ファズ・エフェクター一覧 - Supernice!エフェクター