ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

ディストーション・エフェクターについて

オーバードライブよりもさらに激しく歪んだ音が特徴のディストーション。コードストロークアルペジオといった和音中心の繊細なプレイには不向きな場合が多いですが、パワーコードやリフ・プレイ、ギターソロに適した歪みペダルです。真空管アンプがなくても深い歪みを手に入れたい時、ゲインブースターとして歪みを足したい時など、ポップスやロックはもちろんハードロック・ヘヴィメタル・パンク・オルタナティブロックなどロックから派生した様々なジャンルで使用されることが多いエフェクターです。

clear

ギター博士「ヘヴィなリフを弾く時はもちろん、ワシはカッティングの時にもONにしてみたゾ♪」

Blackstar LT-Dist - Supernice!エフェクター

定番のディストーション・エフェクター

まずはディストーション・ペダル創世記の1970〜1980年代に登場した人気機種から紹介していきます。

MXR Distortion+

MXR Distortion+

ディストーション・エフェクターとして最初に世の中に登場したのは1975年に発売されたMXR「Distortion+」で、このペダルはオジー・オズボーンのギタリストであるランディ・ローズ氏が使用したことで知られています。
サスティーン豊かに歪むのが特徴で、サウンドはディストーションというよりも上品なオーバードライブといった感じ。

ゲインブースターとして味付け程度に使うのもまた良し、のペダルです。

MXR Distortion+ - Supernice!エフェクター

Proco RAT2

Proco RAT2

1978年に作られ1984年に改良、今でも定番として人気の高いのが通称【ラット】、ジェフ・べックが使用したことで有名になったペダルです。ディストーションとありますがクランチ程度の歪みにセッティングしても良好で、深く歪ませることもでき、またフィルターをコントロールすることでファズのように荒々しい歪みも得れるなど、幅広い使い方ができます。

基本的にはカラッとしたサウンドが特徴で、シングルコイルのエレキギターにもマッチします。

Proco RAT2 - Supernice!エフェクター

Marshall The Guv’nor

Marshall The Guv’nor

「どんなアンプでもマーシャルサウンドを出す事が出来る」といううたい文句で80年代後半に登場し、高い人気を誇ったマーシャルのコンパクト・エフェクター。Masrshallのスタックアンプのような大音圧の歪みを鳴らすことは出来ませんが、イコライザーがついていて幅広い音作りが可能な機種でした。サウンドは【ラット】のカラッとした音と対照的な粘りのあるふくよかな歪みです。

現在は後継機種である GUV’NOR PLUS でそのサウンドを確認することができます。

Marshall GUV’NOR PLUS - Supernice!エフェクター

BOSS MT-2 Metal Zone

BOSS MT-2 Metal Zone

BOSS製品トップクラスの「激歪みペダル」と言えば MT-2 です。黒いボディが特徴で、ギタリストなら一度は試したことがあるディストーションではないでしょうか。単体でかなり歪むので、ハードロックからメタルまで、このペダル1台でカバーすることができます。
MT-2 は細かい音作りが可能なイコライザーが搭載されているますが、ツマミの利きが良い分、「使いこなすのも難しい」です。自分好みのサウンドになるまで、様々なセッティングを試してみることをオススメします。

BOSS MT-2 Metal Zone - Supernice!エフェクター

次世代ディストーションの定番?!「BOSS DS-1X」

BOSS DS-1X

ここまでは2000年以前に定番とされてきたモデルを紹介しましたが、DS-1Xは2014年に登場したフレッシュなディストーション・ペダル。BOSSの定番ディストーション「DS-1」「DS-2」シリーズをリニューアルさせたディストーション・エフェクターです。
BOSS独自の「MDP」技術とDSPチップによって、ディストーションにありがちな低域の弱さは解消され、パンチのある中域と太い低域、クリアな解像度、低ノイズを実現。

ハムバッカー・ギターとの相性はもちろん、シングルコイル・ギターとの相性も良好。そして Roland JC-120 などのトランジスタアンプともベストマッチします。旧世代のディストーションとは一線を隠す、新時代のディストーションと呼べる一台です。

BOSS DS-1X - Supernice!エフェクター

ハイゲイン系ディストーション・エフェクター

ディストーション創世記の80年代のものよりもさらに深く激しく歪む、ハイゲイン・タイプのディストーションをいくつか紹介します。

Providence HBL-4 HEAT BLASTER

Providence HBL-4

2015年11月に登場したプロヴィデンスのハイゲイン・ディストーション・ペダル。ハードロック的な歪みから現代的なモダンヘヴィネスな歪みにまで対応できるモデルです。Bass Boostスイッチによって低音域をブーストさせることができ、ストラトキャスターなどのシングルコイルのギターでもヘヴィなサウンドを鳴らせたり、7弦ギターのローパワーも余すことなく出力できます。

S.C.T.サーキット、D.C.G.サーキットなど回路が改良されており、プロヴィデンスの技術によって高いサウンドクオリティを可能にしています。

Providence HBL-4 HEAT BLASTER - Supernice!エフェクター

SUHR Riot Distortion

SUHR Riot Distortion

ハイエンド・ギターブランドとして知られるSuhr GuitarsがリリースするRiotは、モダン・ハイファイ・サウンドが特徴のディストーション・ペダル。アルミ削りだしボディに紫のカラーが美しいエフェクターです。
ノイズは少なく音は太く厚く、真空管アンプの歪みに極めて近いきめ細やかな歪みが得られます。

モダンハイゲイン的な歪みですが、低音域のリフでは暴れる感じの少ないタイトで上質な印象。逆に高音域ではリードプレイに適したリッチで伸びやかなトーンが得られます。3段階で歪みの質を切り替えて使用することができ、リードギターからバッキングまで強力にサポートしてくれます。


Ibanez RG(Prestige)シリーズをギター博士が弾いてみた!
動画ではクリーントーンのアンプでONにして歪ませているが、このジューシーさ。バッキングにもリードにも適した上品なディストーションといった印象

clear

ギター博士「クリーントーンのアンプが、スイッチ一つでハリのあるハイゲインサウンドに!気持ちの良いアタックとディストーションならではのコンプ感、リードギターにもってこいぢゃわい!!ゲインを絞るとバイト感のあるクランチにも。エフェクターの歪みでハイゲインサウンドを出したいなら是非一度弾いておくれぃ!」

SUHR Riot Distortion - Supernice!エフェクター

Mad Professor STONE GREY DISTORTION

Mad Professor STONE GREY DISTORTION

変則チューニングや7弦ギターでのエクストリームなゲインを生み出すことができる Mad Professor のハイゲイン・ペダル。深く歪んでいながらもコードの分離感も良く和音の響きを失わない、かなりの優等生。
モダンハイゲインからオールドスクールなヘヴィ・メタルまでイケそうですね。

Mad Professor STONE GREY DISTORTION

EMMA ReezaFRATzitz 2

EMMA ReezaFRATzitz 2

ハイゲイン系ディストーションとして人気の高かったReezaFRATzitz(リーザフラットズィッツ)の第2世代の機種。
GAINコントロールを下げても歪みは減らず、ピッキングの反応性も高く、和音も潰れず、Roland JCなどのトランジスタアンプでも真空管アンプのような豪華で肉厚な歪みを手に入れることができるということで、高い評価をうけているペダルです。

ReezaFRATzitzが王道のマーシャル系歪みサウンドだとしたら、もう一つ同社から発売されているPisdiYAUwot(ピスジャウォット)はメサブギー系ニューメタル・モダンヘヴィネス・サウンド。こちらも人気の高いペダルです。

EMMA ReezaFRATzitz 2 - Supernice!エフェクター

HUMAN GEAR HOT CAKE

HUMAN GEAR HOT CAKE

ディストーションの中でも他のエフェクターとは毛色の違うのが「HOT CAKE(ホットケーキ)」。プチプチと潰れたような感じはファズ的でもあり、低音が豊かな轟音ディストーションでもある、ジャンクで独特なサウンドが人気のペダルです。ソニック・ユースのサーストン・ムーアが使用したことでも有名です。

HUMAN GEAR HOT CAKE - Supernice!エフェクター


この他、メタル系のハイゲイン・ディストーションを探している人は以下のリンクもチェックしてみてください!

ドンシャリを愛する全てのギタリストへ!「1万円以下」のメタル系ディストーション11選!
ハイエンド・メタルディストーション特集 - Supernice!エフェクター

ディストーション・ペダルのハイエンド・モデル

歪みの質、キメの細やかさをもっと追求したいんだ、という人向けのハイエンド・モデルでは、豊富なコントロールで音作りを追い込むことができるようになっています。s

MESA BOOGIE FLUX-FIVE

MESA BOOGIE FLUX-FIVE

ハイゲイン・アンプの製造で広く知られるブランド「MESA BOODIE(メサ・ブギー)」によるツインペダル式のディストーションです。この FLUX-FIVE には4つのツマミと、メサブギーのギターアンプ「Mark II」にも搭載される5バンド・イコライザーを搭載。Mark IIアンプでの音作りが再現できます。

サウンドは中域が豊かなオーバードライブから音圧感のあるヘヴィリフに適したハイゲイン・ディストーション、メタルリフに適したスクープサウンドまで、1台で幅広い歪みに対応できます。

MESA BOOGIE FLUX-FIVE - Supernice!エフェクター


Empress Effects HEAVY

Empress Effects HEAVY

現在市販されているディストーション・ペダルの中でも最もコントロールが多いと思われるEmpressのディストーション・ペダル。2チャンネル独立してレベルやゲインの調節を行うことができます。

クラシック〜ダウンチューニングのブルータルな歪みまで、ロックの歴史の中で登場するほとんどのディストーションサウンドを再現することができるという、かなり強力なハイエンド・ペダル。

Empress Effects HEAVY - Supernice!エフェクター


Amptweaker TightMetal Pro

Amptweaker TightMetal Pro

一言で"ディストーション"という中でも様々な表情の歪みサウンドを作り出すことができるド級のメタルディストーション・ペダル。ブースター付、3バンドEQ、3種類のエフェクトループ、モダンヘヴィ・トーン/ヴィンテージメタル・トーンを切替、調節可能なノイズゲート、様々なスイッチ、9~18V駆動に対応と、メタルトーンに対応するペダルの中でも最大級の多機能ぶりです。

Amptweakerでは、TightMetal Pro、FatMetal Pro、BigRock Proなど歪みのラインナップも豊富です。

Amptweaker FatMetal Pro - Supernice!エフェクター


Strymon Sunset

Strymon Sunset

ディレイやリバーブなど高品質な空間系エフェクターのリリースで知られるブランド、Strymonによるディストーション・ペダル「Sunset」。2チャンネルそれぞれに3種類の歪みサウンドを搭載、オーバードライブからメタル手前のハイゲイン・サウンドの6種類のサウンドを使うことができるエフェクターです。Strymonの空間系エフェクターはプロのエンジニアの中にも支持される程の品質を実現していて、このSunsetも非常にクオリティの高いサウンドとなっています。

Strymon Sunset - Supernice!エフェクター

Landgraff Distortion Box

Landgraff Distortion Box

超高級エフェクター、Landgraff(ランドグラフ)と呼ばれるブランドのディストーション。動画を見ればわかると思いますが、アンプが超クリーントーンの状態でもスイッチを入れれば強烈に歪むのがわかります。しかもシングルコイル・ピックアップのエレキギターで演奏してこの歪みは驚きです!
歪みかたも高級ペダルだけのことはあってとてもきめ細やかで良質。歪みの質は状況に応じて3段階に切り替えて使うことができるなど、究極のディストーションと呼べるペダルとなっています。

Landgraff Distortion Box - Supernice!エフェクター


格安ディストーション・エフェクター

JOYO US DREAM

JOYO US DREAM

数年前に突如として現れ、格安ペダルマニアを唸らせたメーカーが「JOYO」です。中でも紫色のケースが印象的な「US DREAM」は、格安歪み系ペダルの中でも非常に評判が良い1台です。
外見はハイエンドディストーション、Suhrの「Riot」を意識していることから、US DREAMは「Riotのコピー」ということがわかります。サウンドキャラクターもかなり似ており、リーズナブルな価格で Riot 風のサウンドが得られることで話題になったペダルです。

A JOYO US DREAM を Amazon で探す


Blackstar LT-Dist

Blackstar LT-Dist

格安というわけではありませんが、ペダルとして1万を切る「割安」な価格帯なのでここで紹介するのが、アンプブランドとして知られるBlackstarのディストーション・ペダル「LT-Dist」です。同社はアンプのノウハウを活かした真空管を搭載した歪みペダル「HT」シリーズをリリースしていますが、LTシリーズはそれをよりコンパクトに扱いやすくなり、最初のディストーション・ペダルとしても適したモデルです。
このLT-Distはページ冒頭でギター博士も弾いているモデルで、ハードロック的な歪みから轟音に近いヘヴィな歪みまで出すことができるのが特徴です。
Blackstarからは、よりメタル向けに「LT-METAL」というペダルもラインナップされています。

Blackstar LT-Dist - Supernice!エフェクター
Blackstar LT-METAL - Supernice!エフェクター

ディストーション・ペダルの接続順

ディストーションは「ギター直後」に接続します。ワウペダルやコンプレッサーを使用するなら、それらの後に接続するのがセオリーです。エフェクターの接続順に正解は無いので、色々と試してみると良いでしょう。