ギター初心者のためのエレキギター総合サイト

フェンダー ストラトキャスター(stratocaster)

フェンダーストラトキャスター(fendar stratocaster)
ストラトキャスター

 ストラトキャスター(Stratocaster)は、フェンダー社の社長レオ・フェンダーや技師フレディ・タバレスによって開発され1954年に発表された、世界で最も有名なエレキギターです。

 52年に発表されたレスポールに続き50年以上の歴史のあるギターであり、すべてのジャンルに対応する音作りの範囲の広さ、リプレイスメントPUのラインアップ、その他の改造用品の多さなど、多くのギタリストを今なお惹きつけて止まない魅力を放っています。

 フェンダー社がテレキャスターを開発する際に培ったアイデアをさらに発展させたエレキギターであり、ギブソン社のレスポールモデル等と並び、エレキギターの代表的な存在です。現在はフェンダー社の3つのブランド(USA、ジャパン、スクワイア)から販売されています。

ストラトキャスターの仕様

ピックアップ

フェンダーストラトキャスター(fendar stratocaster)のピックアップ
3way ピックアップ

 ピックアップは通常、シングルコイルを3つ(フロント=ネック側、ミドル=中央、リア=ブリッジ側)搭載していて、スイッチで切り替えることが出来、またスイッチを切り替えて2つをミックスさせて鳴らすことも可能な3wayピックアップ方式。ピックアップの組み合わせだけで5通りのサウンドを奏でることも魅力のひとつです。

 工場出荷時の配線状態では、ツマミは三つ、ピックアップに近い方からマスター・ヴォリューム、フロント・トーン、ミドル・トーンとなっていて、従来はリア・ピックアップにはトーン・コントロールがありませんでしたが、近年のモデルではミドル・トーンが、リア・ピックアップのトーンコントロールを兼ねている製品(アメリカンシリーズ等)も存在します。

トレモロ

フェンダーストラトキャスターのトレモロアーム
トレモロアーム

 ストラトキャスターの特徴のひとつがシンクロナイズド・トレモロユニットのブリッジ部分です。ブリッジにはスプリングがついており、弦の張力と拮抗してブリッジの位置を維持するように設計されていました。有名なトレモロ・アームと呼ばれる棒がセットでき、これを操作してビブラート効果を得ることができます。
 トレモロは使いようによってはかなりトリッキーなサウンドが得られるため、多くのギタリストが使用しています。ばねを多く使用することでチューニングは狂いにくくなりますが、その分アーミングが固くなり困難になります。

ボディ

 ボディ材は、1954年の発売当初アッシュを用いていましたが、後にアルダーも用いられるようになりました。アッシュは音の立ち上がりがよくプレゼンスに優れ、アルダーは音に粘りがあり、アメリカン・バスウッドは音質にくせがないといったように、それぞれの木材には音質に特徴があります。

ネック

ストラトキャスターのネック

 ネックは発売当初はメイプル1ピースが主でしたが、指板面の塗装が剥がれると汚れが目立つというユーザーからの要望もあり後にハカランダ、ローズウッド指板を求めるマーケットに応えて、メイプルのネックにハカランダ、ローズウッドを指板として貼り付けたものが採用されるようになりました。
 メイプルの指板を求めるユーザーのためにメイプルを貼り付けたものも生産しましたが、この仕様は「貼りメイプル」と呼ばれ、ギタリストのジミ・ヘンドリックスが使っていた影響から、特に珍重されています。

音の特徴-美しすぎる音色-

ハーフトーンの位置
ハーフトーンの位置

 三つあるピックアップは、ブリッジ(リア)側は高音強調、ネック(フロント)側は逆に低音の効いた甘い音、ミドル(センター)側はその中間といったようにどれも特徴のある音で、豊富なバリエーションを誇ります。ピックアップ・セレクタースイッチをブリッジ・ミドルあるいはミドル・ネックの中間で止めて音をミックスさせる、いわゆる"ハーフトーン"も特徴的。ピックアップの抵抗値の変化により、ガラスの弾けるような繊細なトーンになります。

 ギブソン社のレスポールモデルに搭載されているハムバッキングピックアップと比べるとシングルコイルピックアップは出力が弱くよりクリーンなサウンドが特色ですが、マーシャルに代表される大音量のアンプや、歪みエフェクターとの組み合わせにより、ディストーションサウンドを得ることもでき、このサウンドが不可欠なハードロックに用いるプレイヤーも多いです。

ストラトキャスターがエレキギターのスタンダードとなる上で最も重大な役割を演じたのは、ジミ・ヘンドリックスです。

主な使用ギタリスト -ストラトを使用した偉大なる先人達-

ジミ・ヘンドリックス

ストラトを燃やすジミ・ヘンドリックス
ギターを燃やすジミ

 アメリカの黒人ロックギタリスト、シンガー、ソングライター。日本では「ジミヘン」というニックネームで呼ばれることがあります。死後40年近く経った現在でも、「天才ギタリスト」として多くのミュージシャンに多大な影響を与え続けている、現代的ロックギターのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルや、ギターを歯で弾いたり、背中で弾いたり、ギター自体に火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスはあまりにも有名。

ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第1位に選ばれるなど、史上最高のロックギタリストと評されることが多いギタリストです。

 ジミのギターサウンドというと歪みきった大音響がイメージされる場合が多いですが、実際にはボリュームを絞ったクリーンなサウンドも多用しています。ストラトの3つのピックアップを使い分け、ボリュームやトーンを頻繁に調整し、演奏中に音色を大きく変化させることも多く、ボディやネックを叩いて弦を共鳴させフィードバックを起こしたり、トレモロユニットのスプリングを弾いて不思議な音を出したりと、エレキギターから発生するあらゆる音を演奏に利用していたのも有名です。

ジミ・ヘンドリックス

エリック・クラプトン / ジェフ・ベック ~エレキギターの神様~

 彼の影響を受けてストラトキャスターを手にしたのがエレキギターの神様と言われたエリック・クラプトンやジェフ・ベックです。ただしクラプトンもベックもヘンドリックスの生前には表だってストラトキャスターを使用することはほとんどなく、多用するようになったのはヘンドリックスの没(1970年9月18日)後です。ストラトキャスターを使っていてはジミとの腕の違いが露呈してしまうから、ジミ・ヘンドリックスが使っている間は使えなかったといいます。

 クラプトンは「僕とジェフ・ベックが二人がかりでいっても、ジミにはかなわないだろう」、ジェフ・ベックは「好調な時のジミを超えるギタリストなどいるはずがない。自分がギタリストであることが恥ずかしくなるよ」と語っています。

 エリック・クラプトンによるストラトキャスターの演奏はジミ・ヘンドリックスとはかなり対照的です。あまり音を歪ませず、シングルコイル・ピックアップ本来の音色を生かした彼の演奏は、ストラトキャスターの新たな魅力を引き出しました。ハーフトーンを一般化させたのも彼の功績でしょう。

 「孤高のギタリスト」と呼ばれたジェフ・ベックはあまりエフェクトに頼らないタイプのギタリストです。シグニチュアモデルのストラトを使い、そのアームの巧みな使用とサウンディングには定評がり、ワウペダルはライブ、スタジオ共に使用します。

リッチー・ブラックモア

リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)
Ritchie Blackmore

 ジミ・ヘンドリックスに多大な影響を受け、そのアクロバティックな側面を受け継いだギタリストの一人に、ディープパープルやレインボーで活躍したリッチー・ブラックモアがいます。

 彼はストラトキャスターの唯一の弱点とも言える出力不足を、ピックアップを高出力のシェクター製クオーター・パウンドに交換することで補い、ハードロックにも十分通用することを証明して見せました。

 また"速弾きの王者"と言われているイングヴェイ・マルムスティーンもリッチーからの影響を認めているほど、ストラトキャスターでクラシカルな速弾きスタイルを広めた元祖です。

リッチー・ブラックモア

スティーヴィー・レイヴォーン

スティーヴィー・レイボーン(Stevie Ray Vaughan)
Stevie Ray Vaughan

 フュージョン系やブルース系、ソウル系のギタリストの中にもストラトキャスターを愛用する者が増えました。

 ブルース系ギタリストではバディガイやロバートクレイ、スティーヴィー・レイヴォーンなどが有名なストラト愛用者です。スティーヴィー・レイヴォーンはジミ・ヘンドリックスのストラトプレイをさらに洗練させ、ギターの持つポテンシャルを最大限に引き出すことが出来る稀有なギタリストであった。素晴らしい演奏で多くのストラトファンを魅了しました。

スティーヴィー・レイヴォーン

こうしてストラトキャスターはソリッドボディ・エレキギターの定番中の定番として、その地位を不動のものとします。

その他の主なストラト・ギタリスト

現代のストラト・ギタリスト

ジョン・メイヤー(johnmayer)
John Mayer

 21世紀に入りエリック・クラプトンに認められ「神の息子」と呼ばれる若きギタリストが登場しました。ジョン・メイヤーという名のギタリストです。偉大なストラト・ギタリスト同様、歌もギター・プレイもスティーヴィー・レイボーンを現代流に進化させたようなスタイルで多くの人々を魅了しており、シンガーソングライターとしても秀でているが、ジョン・メイヤー・トリオとして3ピースでのライブを収録した「トライ!ライヴ・イン・コンサート」を聞けばその素晴らしいストラト・サウンドが聞くことができます。

 またレッドホットチリペッパーズを脱退し一時期はホームレス状態であったジョン・フルシアンテがアルバム「カリフォルニケイション」(99年)からバンドに復帰し、それ以降はストラトキャスターで神がかったギタープレイを披露しています。

ストラトキャスターの種類 ~シリーズ一覧~

American Deluxe

American Deluxe StratocasterR N3
American Deluxe StratocasterR N3

フェンダーの数あるストラト・モデルの中においても究極のサウンド・スペッククオリティーを追求したモデル。生産性を度外視した作業が行われています。
写真のN3モデルは2010年に加わったモデル。

R-N3の主な特徴

伝統的なシェイプに厳選された“トーンウッド”ボディーを採用。
9.5インチアールに設定されたワンピースメイプルネック、ドットインレイにはアバロンを使用。

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッドまたはメイプル
ネック:
メイプル
ピックアップ:
3 New Noiseless N3 StratRPickups
コントロール:
1Vol, 2Tone, 5way+S-1SW
ブリッジ:
Deluxe 2-Point Sychronized Tremolo
カラー:
Montego Black
Chrome Silver
Amber
Olympic Pear
3-Color Sunburst

Thin Lacquer Finish

'57 Stratocaster
'57 Stratocaster

ギターが本来持つ“鳴り”を向上させるために塗装を薄くしたヴィンテージ・リイシュー。日本マーケット限定生産。(写真は'57 Stratocaster)

'57の主な特徴

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッドまたはメイプル
ピックアップ:
3 original '57/'62 Strat
コントロール:
1Vol, 2Tone, 3Way PU Select SW
ブリッジ:
Synchronized Tremolo
カラー:
2-Color Sunburst
Black

American Vintage

70s American Vintage
70's Stratocaster

Uシェイプネック、3ボルトネックジョイント、Fチューナー、ブレッドトラスロッドアジャストを採用し、70’sストラトキャスターを再現したエレキギター(写真はUSA ‘70s Stratocaster)。

70'sの主な特徴

スムーズな丸みを帯びたボディ形状、ヴィンテージ・サウンドをより忠実に再現するため「New American Vintage」ピックアップを採用。

ボディ:
アッシュ材(805はアルダー材)
指板:
ローズウッドまたはメイプル
ピックアップ:
3 Vintage Style Single-Coil Strat Pickups with Alnico 5 Magnets
コントロール:
1Vol ,2Tone
ブリッジ:
Vintage Style Synchronized Tremolo
カラー:
Olympic White
Natural

U.S Vintage Hot Rod

Vintage Hot Rod '62
Vintage Hot Rod '62

Hot Rodはストラトキャスターの歴史の中で最も人気の高い57年、62年仕様のヴィンテージをホット・ロッドした新しいシリーズ(写真はHot Rod '62)。

Vintage Hot Rod '62の主な特徴

Thin Lacquer Finish、9.5インチ・フィンガー・ボード、“C”シェイプネックなどこだわっています。

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッド9.5インチ
ピックアップ:
3 American Vintage StratR Single-Coil Pickups with Reverse Wound ,
Reverse Polarity Middle Pickup and Aged Covers
コントロール:
Master Volume, Tone 1. (Neck Pickup),Tone 2. (Bridge Pickup)
ブリッジ:
American Vintage Synchronized Tremolo
カラー:
3-Color Sunburst
Olympic White

American Artist

John Mayer Stratocaster
John Mayer Stratocaster

Eric Clapton、Jeff Beck、Buddy Guy、 Stevie Ray Vaughan、John Mayer 、Yngwie Malmsteenなどそうそうたるギタリストからスーパーバイズを受けてデザインされているシリーズ(写真はJohn Mayer Stratocaster)。

John Mayer Stratocasterの主な特徴

トレモロスプリング:5本(バックプレート未付属・John本人の要望)、ストリングガイドの位置:ナットからの距離が通常より遠い、ピックアップ:ミッドをカット(スクープ)した、彼専用に開発されたノイズレスなピックアップ。

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッド
ピックアップ:
3 Big Dipper Single-Coil StratR
コントロール:
Vol, Tone(Neck),Tone(Mid, Bridge)
ブリッジ:
American Vintage
カラー:
3-Color Sunburst
Olympic White

American Standard

American Standard HSS
American Standard HSS

1986年にAMERICAN STANDARDシリーズとして発表され、2000年にAMERICANシリーズとして生まれ変わったこのシリーズは、2008年に"NEW "AMERICAN STANDARDシリーズとしてFENDERの新たな歴史の中に登場します(写真はAmerican Standard HSS)。

HSSの主な特徴

ヴィンテージスタイルの”BENT-STEEL”サドル、100%METALのhigh-massトレモロ・ブロックを採用し、ヴィンテージスタイルのルックスと豊かなトーンを生みます。

ボディ:
アルダー材(もしくはアッシュ材)
指板:
ローズウッドまたはメイプル
ネック:
メイプル
ピックアップ:
2 Custom-Staggered Tex-Mex Single-Coil StratR Pickups
(Neck and Middle),
1 FenderR Diamondback Humbucking Pickup (Bridge)
コントロール:
Master Volume,Tone 1. (Neck and Middle Pickups),Tone 2.
(Bridge Pickup and Bridge/Middle Pickup Combination)
ブリッジ:
2-Point Synchronized Tremolo
with New American Standard Bent Steel Saddles
カラー:
3-Color Sunburst
Black
Sienna Sunburst
Blizzard Pearl

American Special

American Special HSS
American Special HSS

より多くの人たちに「MADE IN USA」を感じて欲しい、というコンセプトから生まれたシリーズ(写真はAmerican Special HSS)。

American Special HSSの主な特徴

演奏性にすぐれたサテンフィニッシュ・ネック、人気の高い「Texas Special」ピックアップを搭載。

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッド
ピックアップ:
2 Texas-Special,1 Atomic Humbucking PU
コントロール:
1Vol, 2Tone(Neck/Bri, Greasebucket Tone Circuit), 5Way-SW
ブリッジ:
Vintage Style Synchronized Tremoro
カラー:
3-Color Sunburst
Black

HIGHWAY1

HIGHWAY1
HIGHWAY1

Made in U.S.A.の薄い塗装が特徴のシリーズ(写真はUpgrade Left Hand)。

HIGHWAY1の主な特徴

Alnico3マグネットを使用したシングルコイル・ピックアップ。薄いラッカー・サテンフィニッシュの為、自然な経年変化が早く音も枯れやすいのが特徴。

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッド22
ピックアップ:
3 HOT SC STRATRw/Alnico 3 Magnets and
Revers Wound/Revers Polarity Middle
ブリッジ:
1Vol 2Tone
カラー:
Black
Honey Blonde
WINE TRANSPARENT

Road Worn

Road Worn 60s
Road Worn 60s

長年弾き込んだかのようなキズや塗装の剥がれなど、ビンテージ・ストラトが忠実に再現されたシリーズ(写真はRoad Worn 60s)。

Road Worn 60sの主な特徴

アウトプットがやや高めの「TEX-MEX」ピックアップと6105フレットが搭載。

ボディ:
アルダー材
指板:
ローズウッド7.25
ピックアップ:
TexMex StratR Pickups
コントロール:
1-Vol,2-Tone
ブリッジ:
Vintage Style Synchronized Tremolo
カラー:
3-Color Sunburst
Olympic White

その他のシリーズ

  • Artist
  • Classic
  • Deluxe
  • Standard
  • Classic Player

Aその他ストラト関連グッズをamazonで探す