エレキギターの総合情報サイト

G&L Guitars のエレキギターについて

G&L Guitars のエレキギター

「G&L」は、フェンダー創始者レオ・フェンダー氏がフェンダー創設メンバーだったジョージ・フラートン氏と共に設立した「エンジニアとしての理想を実現するために創立したブランド」です。「レオ・フェンダー氏が最期まで在籍して開発を続けた本家フェンダーブランド」と言われ、GはジョージのG、LはレオのLを現しています。

カリフォルニア州フラートン市を拠点とし、フェンダーの伝統的なスタイルのギターに新たなアイディアを盛り込んだ製品をリリースしている他、日本(フジゲン製)やインドネシア(韓国メーカー「Cort」の工場)で価格を抑えたモデルもリリースしています。

G&L の歴史

gl_logo

レオ・フェンダー氏は、ミュージックマンを経営上の理由で退社した後の1979年、盟友のジョージ・フラートン氏らと共に「G&L Musical Instruments」を設立、翌1980年から製品の販売を開始します。
1991年にレオ・フェンダー氏は惜しくも亡くなりますが、ちょうどその日に最後のプロトタイプを完成させており、「世界中のミュージシャンにしてあげられることは、すべてやり遂げた」と奥さんに話しています。

G&L ギターの特徴

フェンダースタイルに付加したイノベーション

G&Lのギターはフェンダー・ストラトキャスターフェンダー・テレキャスターのシェイプを基調にしていますが、木部にも電気系にも部品にも、一歩進んだアイディアが盛り込まれています。

バイカット・ネック

バイカット・ネック 引用元:http://www.glguitars.com/features/neck.asp

一般的なギターでトラスロッドを仕込むために、は指板の下やネックの裏に溝を彫り、ここにトラスロッドを設置して塞ぐ、という工法が取られます。しかしG&Lはその「常識」に逆らい、ネック材を縦に分割し、接合面を彫ってロッドを仕込むという独特の工法を取っています。ルックスは1ピースのままで実質2ピース構造となり、反りやねじれに強くなります。

ネック自体はほどよいグリップ感で、指板Rを大きく取った現代的な設計になっています。ヘッドはフェンダーに比べてやや大型化しており、引き締まった弦振動を生み出します。

専用ハンドメイド・ピックアップ

mfd-pickupsMFD ピックアップ

G&L独自設計のピックアップMFD(Magnetic Field Design Single Coil Pickups)は、ポールピース自体が磁気を帯びているフェンダーピックアップの構造を継承し、更に底部に棒状のマグネットを仕込むことで磁力を増強する設計になっています。磁力に応じてパワーが上がる分、コイルのターン数を減らすことにより出力のバランスを取っていますが、コイルが小さくなるとトレブル成分が豊かに響くようになります。

またポールピースは筒状の外側とネジになっている内側の「2重構造」になっており、高さの調節ができるようになっています。ハムバッカーと異なりポールピースの高さを調節できるシングルコイルは珍しく、弦ごとの音量バランスをキッチリ整えたいと思っているプレイヤーには重宝される仕様です。

DFビブラートシステム

DFビブラートシステム

USAとtributeシリーズでは、ストラトタイプのモデルに「dual-fulcrum vibrato」と名付けられた2点式オリジナルブリッジがマウントされています。その名の通りアームダウンとアームアップがスムーズにできる高性能なユニトですが、フローティング・セッティング専用なのでシンクロナイズド・トレモロのような「ベタ付け」はできません。

ユニットマウント用の2本のネジは、ボディに打ち込まれた真鍮製の太いスタッドを介しており、安定感とサスティンを向上させています。

サドルロック・ブリッジ

サドルロック・ブリッジ

ASATシリーズで採用されている「サドルロック・ブリッジ」は、サドルを横から締め付けることで一体化させ、振動のロスが軽減されるように設計されています。また、ブリッジプレートからはボディに食い込むような「舌」が出ており、効率的に振動を伝達できるようになっています。

G&L ギターのサウンド

G&Lのギターは現代的なサウンドの中でイイ仕事ができるように狙って設計されています。
楽器本体が「キュっと引き締まった弦振動」と「豊かなサスティン」を生み出すように作られており、またコイルのターン数を抑えたピックアップにより「倍音を含んだトレブルが豊かに出るサウンド」が得られます。パワーもありエフェクタとの相性がよく、一言で表現すると「ハッキリとクリアに響くサウンド」です。

G&L ギターのラインナップ

G&Lのラインナップにはグレードで分けた3つのシリーズがあります。

  • USAシリーズ:カリフォルニアで生産されるトップグレード。
  • Tributeシリーズ:USAと基本的には同仕様ながら、インドネシアで生産されることで大幅に価格を抑えたモデル。ホロウモデルなどUSAに近いラインナップが豊富。
  • Premiumシリーズフジゲン製でUSAに匹敵するクオリティでありながら価格が抑えられているモデル。USAやTributeと同じモデル名でも若干の仕様変更があり、ラインナップも限定的ですが品質の高さから評価の高いシリーズです。

S-500

G&L S500シリーズ 左から:Tribute S500 Tobacco Sunburst、Tribute S500 Vintage White、USA S500 x 3

S-500はストラトキャスターをG&Lのコンセプトで進化させたモデルで、増設されたミニスイッチにより一般的なストラトでは不可能だった「フロント+リア」「シングルコイル3基全て」のピックアプセレクトができるほか、ローカット、ハイカットを別個に行なえる「PTBシステム」が搭載されています。ピックアップはMFDです。コントロールノブは金属の円柱形のものが採用されており、モダンな雰囲気になっています。
USAとTributeではDFビブラートシステムがマウントされていますが、USAではサドルがブラスになっています。

S-500 シリーズを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

legacy

G&L legacyシリーズ 左から:Legacy、Legacy Semi-Hollow、Legacy 2HB、Legacy HB、Legacy Special

伝統的なシングルコイルピックアップをマウントし、ミニスイッチはなくコントロールノブがハットノブにされることで、S-500に比べて伝統的なストラトに近いルックスになっています。DFビブラートシステム、PTBシステムは共に装備されており、G&Lの特徴をしっかり体感できます。

S-500、Legacy共に、USAシリーズではFホールのあるセミホロウモデル、ピックガードレスなど派生モデルがラインナップされています。

legacy シリーズを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Asat

テレキャスタータイプのAsatには、伝統的なスタイルのものとモダンなスタイルのものの2種類があります。

Asat Classic

G&L Asat classicシリーズ 左から:ASAT Classic、Semi-Hollow、Alnico、’S’ 、’S’ Alnico、Bluesboy

MFDピックアップと6点サドルのブリッジで武装した王道テレキャスターモデルです。基本モデルのClassic、ボディにバインディングのついたCustom、フロントにハムバッカーを配置したBlues Boy共にシンラインモデル(=セミホロウ)があります。

Asat Classic シリーズを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Asat Special/Delux

G&L Asat Special/Deluxeシリーズ 左から:ASAT Special、ASAT Special Semi-Hollow、ASAT Deluxe、ASAT Deluxe Semi-Hollow

テレキャスターのスタイルに、ピックガードを大型化させ、また大型化したハイパワーピックアップを2基、そしてサドルロック・ブリッジを搭載させた進化版テレキャスターがSpecial、ピックガードを排しピックアップを2基ともハムバッカーにしているのがDeluxeで、いずれにもシンラインモデルがラインナップされています。

Delux シリーズを…
R楽天で探す

G&L ギターの愛用者

The Hellecasters

フロントマン3人がテレキャスターの使い手という異色のロックバンド。ウィル・レイ氏はG&Lからシグネイチャーモデルもリリースしています。