エレキギターの総合情報サイト

ギブソン・レスポール・スタジオ/LPM徹底分析!

ギブソン レスポール・スタジオ 2014 Les Paul Studio 2014:Manhattan Midnight

レスポール・スタジオ及びLPMは、レスポール・スタンダードをベースとしたエントリークラス(ギターを始める人向け)のギターです。装飾など設計上サウンドに影響のないところを廃し、また木材のグレードを抑えることで、レスポール・スタンダードのサウンドはなるべくそのままに、低価格化を実現しています。

本来「レスポールの廉価版」としてはレスポールJr.やレスポール・スペシャルが、また後にメロディーメーカーが作られていました。しかしボディ構造やピックアップなどがレスポール・スタンダードとは異なることから「別の個性を持つギター」として定着しており、廉価版という立ち位置ではなくなってきました。レスポール・スタジオ及びLPMはこういった経緯から、レスポール・スタンダードそのものの廉価版として開発されています。

レスポール・スタジオのデビューは1983年で、20年以上の歴史があります。「(コピーモデルではない)ギブソンのレスポールが、10万円台で手に入る」ということでヒットしました。現在では10万円台のスタジオ、やや安いLPM、という区分になっているようです。

MENU

1: レスポール・スタジオ/LPMの特徴 2: レスポール・スタンダードと同様の構造 2.1: 指板 2.2: モディファイ(改造)のベースとして 2.3: レスポール4モデルの比較と分析 3: レスポール・スタジオ/LPMの2015年モデル 3.1: Les Paul Studio 2015 3.2: LPM 2015 3.3: Les Paul Tribute シリーズ 4: 「スタジオ」クラスの2016年モデル 4.1: HPモデルとTモデルの違い 4.2: Les Paul Studio 2016 T / Les Paul Studio 2016 HP 4.3: Les Paul Studio Faded 2016 T / LP Studio Faded 2016 HP 4.4: Les Paul ’50s Tribute 2016 T / Les Paul ’50s Tribute 2016 HP / Les Paul ’60s Tribute 2016 T / Les Paul ’60s Tribute 2016 HP

レスポール・スタジオ/LPMの特徴

左:Les Paul Studio 2015、右:Les Paul LPM 2015左:Les Paul Studio 2015、右:Les Paul LPM 2015

ネックやボディを取り巻くバインディングを廃しているところ、またボディの塗装が塗りつぶしであったり、メイプルの杢(もく)が無かったり派手ではなかったり、というところがルックス上の特徴です。ボディトップのアーチについてはスタンダード/カスタムのトップよりも緩やかなカーブになっており、そのぶんトップ材の厚さが抑えられています。

これらはコストダウンのための設計でしたが、結果として「装飾を排し洗練されたモダンなルックス」を手に入れることとなりました。コストダウンモデルでありながら指板の「トラペゾイド(台形)インレイ」は残されており、レスポールとしてのカッコよさがあります。旧モデルの限定カラーなどカラーバリエーションも抱負にあり、選ぶ楽しさのあるモデルだと言えます。

レスポール・スタンダードと同様の構造

Les Paul Studio 2014 Ebony Les Paul Studio 2014 Ebony

メイプルトップ/マホガニーバック、マホガニーセットネック、という基本構造はレスポール・スタンダードと同じ仕様です。過去にはバリエーションとしてオールマホガニーのボディのものも存在しました。2基のハムバッカー、2ボリューム2トーン、トグルスイッチという操作系も同様。ネックグリップについては細めの60sスリムテーパー・ネックが採用されています。また2008年より採用されたバック材に空洞を作る「モダン・ウェイト・リリーフ」構造は、軽量化とアコースティックな響きを両立させています。

指板

レスポールスタジオ2014年モデルの指板 レスポールスタジオ2014年モデルの指板

スペックリストにはそのままローズウッドと記載されていますが、2013年モデルから、入手が困難となったインドローズ(本紫檀)に代わってグラナディーロ(granadillo メキシコ紫檀)が指板材に使われるようになりました。密度が高くて硬く、インドローズと比べややきらびやかなサウンドです。エレキギターでは馴染みがありませんが、狂いが出にくく非常に綺麗であることが注目されており、マリンバやクラシックギターでは永らく使用されています。

モディファイ(改造)のベースとして

レスポール・スタジオ/LPMはレスポール・スタンダードのエントリークラス、廉価版という立ち位置ですが、パーツを好みのものやグレードの高いものに交換したりルックスに手を加えたりして、「自分だけのレスポールを作る」ためのベースにもうってつけです。

レスポール4モデルの比較と分析

レスポール・スタンダード、レスポール・トラディショナル、レスポール・スタジオ、LPMの4モデルについて、どこに違いがあるのかをチェックしてみましょう。

スタンダード トラディッショナル スタジオ LPM 備考
価格($) 3,759 2,879 1,229 1,149
メイプルのグレード AA A+ B C マホのグレードにも差
ウェイトレリーフ モダン なし モダン 9穴
ボディ重量(kg) 2.49 2.72 2.36 2.54
指板 円錐指板 12” 12” 12”
ネックグリップ 非対称スリム ラウンドXL スリム ラウンド LPMのみメイプル
ピックアップ BBプロ(アルニコV) 1959(アルニコII) 57クラシック(アルニコII) 61ゼブラ(アルニコV) LPMのみオープンタイプ
ピックガード 着脱可 着脱可 なし なし
回路 コイルタップ
フェイズ
ダイレクト
なし コイルタップ なし
カラー チェリーサンバースト
タバコサンバースト
ハニーバースト
トランスアンバー
ワインレッド
チェリーサンバースト
タバコサンバースト
ハニーバースト
オーシャンブルー
プラシッドパープル
デザートバースト
マンハッタンミッドナイト
ワインレッド
エボニー
チェリー
ヴィンテージサンバースト

レスポール2015年モデルの比較

価格

まず価格ですが、スタジオとLPMとではそれほど大きな差が設けられておらず、お互いにバリエーション違いのような立ち位置にいることが分かります。

ボディ材のグレード

ボディ材のグレードには明確に差がつけられており、見た目の美しさと価格に反映しています。グレードが高く最も軽量なマホガニーをバックに使用しているスタンダードよりも、やや重いマホガニーを使っているはずのスタジオがわずかに軽量なのは、メイプルトップの厚みの差だと考えられます。

ネック

ネックについては4モデルとも綺麗に分かれており、ピックアップの違いとともにそれぞれの明確な個性となっています。

ピックアップ

スタジオのピックアップはギブソン定番の「57クラシック」で、磁石に「アルニコII」を使用しているヴィンテージスタイルとなっています。LPMのピックアップ「61」は現在主流となっている「アルニコV」が使用され、またピックアップカバーがつけられていないためロック向けのパワフルなトーンになっています。

コントロール

スタンダードは全てのコントロールポットにスイッチが仕込まれており、トーンのバリエーションが増強されています。スタジオにもコイルタップはつけられており、昔ながらのスタイルに比べて守備範囲が広くなっています。

カラーリング

カラーリングについては、スタンダードは暖色系のみ、トラディショナルとスタジオには青系のものがあり、LPMのみ黒(エボニー)があるなど、それぞれに個性があります。

そのほか、

  • 自動チューニングシステム「G FORCE」搭載
  • 高さ調整可能な「ゼロフレット・ナット」
  • ナット幅約46mmのネック
  • PLEKの処理でシビアにセットアップされたフレット
  • 強化された配線とジャック
  • 振動伝達効率に優れるザマック(亜鉛合金)製のブリッジ&テールピース
  • 長方形になったハードケース

など2015年モデルの特徴が、4モデルで共通しています。

レスポール・スタジオ/LPMの2015年モデル

レスポールが築いたロックの歴史を踏襲しながらも年々進化を遂げるレスポール・スタジオの2015年版は、求めやすい価格帯ながらも高機能なパーツで武装した、中級者/上級者にもアピールできる現代的なスペックになっています。

Les Paul Studio 2015

Les Paul Studio 2015

Bグレードメイプルトップ、柾目材マホガニーネック、高精度なフレットという基本性能

レスポール・スタンダードでは利用できないクラスでありながら杢の浮き出たメイプル材をトップに使用、シースルーのカラーリングが引き立ちます。またネックのマホガニーには、木目が真っすぐで強度に優れた柾目材を使用、60年代風のスリムなグリップに仕上げています。ローズの代替木材グラナディーロの指板は美しく、パールインレイと美しくマッチングします。またフレットの状態を精密に検査する「PLEK」を工場で使用することにより、フレットの精度が上がりました。本機から初めての搭載となる「ゼロフレット・ナット」は、ナットの高さをシビアに調節できる仕組みです。

パワーアップした自動チューニングシステム

G-Force tuning

自動チューニングシステム「Min E-tune」は、2015年モデルではより精度を高めた「G FORCE」にアップグレード。全弦のチューニングが数秒で終わってしまうほか、半音下げなどイレギュラーチューニングにも対応しています。10万円台のギターに単体で何万円もするユニットがついている、というのはコストパフォーマンス的に大きなメリットになります。

アップグレードされたサーキット

ピックアップにはギブソンの定番機種「57クラシック」を採用しています(SGスタンダード、レスポール・クラシック、レスポール・レス+などでも使用されています)。また配線を太いものに変更することで、よりストレートなサウンドを実現しています。2基のハムバッカーピックアップはコイルタップが可能でトーンのバリエーションが増え、それぞれのボリュームノブがプッシュ/プルのスイッチになっています。

着脱可能なピックガード

新開発のピックガードはエスカッションに固定するのでボディにネジ穴を空ける必要がなく、ピックガードレス仕様として使用する際にもボディトップの美しさを損ないません。

Les Paul Studio を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す 石橋楽器で探す YYahoo!ショッピングで探す

LPM 2015

gibson lespaul LPM 2015

ゼブラカラーのオープンタイプハムバッカー2基、ピックガードレス仕様、というルックスでまとめられた、レスポール・スタジオのアレンジ版です。ゼロフレットナット、自動チューニングシステム「G-Force」、「PLEK」を利用した高精度なフレッティングはスタジオと共通。さらにシンプルにまとめるため、コイルタップは付いていません。

レスポール・スタジオ同様緩やかなアーチを描いているボディトップのメイプルは、杢がほぼないということでCグレードになっていますが、ルックス上の問題でありサウンドには影響ありません。むしろうっすらと木目が見えるシースルーブラックやシースルーレッドといったフィニッシュがよく似合います。ボディバックのマホガニーは内部が9カ所くり抜かれており、軽量化ができています。また、このモデルのみメイプルワンピースネックが採用されています。

Les Paul LPM を…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Les Paul Tribute シリーズ

lespaul-tribute

メイプルトップ、マホガニーバック、マホガニーネック、ピックガードレス、という仕様が共通で、ネックグリップとコントロールノブ、ピックアップに違いを設けた各年代版のレスポールがラインナップされています。ギブソンでありながら10万円を切る価格帯は、多くのギターキッズにアピールします。

Gibson Les Paul ’50s Tribute
ネックグリップは50年代の太く丸いラウンド型、ピックアップはP-90が2基搭載されています。コントロールノブは広がりが小さく、トップがミラーとなっています。

Gibson Les Paul ’60s Tribute
スリムなネックグリップにピックアップはバーストバッカー1(フロント)と2(リア)がマウントされています。コントロールノブはブラックのスピードノブになっています。

Gibson Les Paul ’70s Tribute
ネックは70年代のミディアムプロフィールネックとなり、ヘッドの付け根に設けられたボリュート(強度を増すための膨らみ)も再現。ピックアップはオープンのダーティフィンガーズ、コントロールノブには広がりの大きなトップハットがセレクトされています。

パーツの違いだけでなく、しっかりネックグリップにも違いを出している所にギブソンのこだわりを見る事ができますね。

Les Paul Tribute を…
Aアマゾンで探す AAmazonで探す 石橋楽器で探す YYahoo!ショッピングで探す

「スタジオ」クラスの2016年モデル

2015年に「全モデル自動チューニングシステム搭載」となったギブソン・ラインナップですが、2016年モデルでは、

  • HP:ハイパフォーマンスモデル。自動チューニングシステムをはじめとする最新鋭仕様
  • T:トラディショナルモデル。伝統的でシンプルな仕様

という形で二極化したモデル展開をしています。レスポールやES-335、フライングVなどこれまでになかったギターを世に送り出してきた、常に新しさを追求するギブソンの姿勢がHPモデルに発揮される一方で、ロックの歴史と共にあり、数々の名演で使用されてきた伝統を重んじるギブソンの姿勢がTモデルに発揮されます。

レスポール・スタジオのグレードからは、

  • レスポールスタジオ2016TおよびHP
  • レスポールスタジオ・フェイデッド2016TおよびHP
  • レスポール’50sトリビュート2016TおよびHP
  • レスポール’60sトリビュート2016TおよびHP

が発表されました。それでは、これらのモデルをチェックしていきましょう。

HPモデルとTモデルの違い

HP は T より350ドル高い「上位のグレード」という扱いですが、ギター本体のグレードには差がありません。その代わり、大きなものから小さなものまで、本体に搭載されるパーツに違いが付けられ、付属するケースにも違いが設けられます。また、T モデルとはいえ現代的な要素が込められています。
モデル名 Studio 2016 HP Studio Faded 2016 HP '50s Tribute 2016 HP '60s Tribute 2016 HP Studio 2016 T Studio Faded 2016 T '50s Tribute 2016 T '60s Tribute 2016 T
ネックヒール 滑らかなカットによって、ハイポジションでの演奏性がアップ ノーマル
指板インレイ 真珠貝 アクリル
ナット チタン製「ゼロフレット・ナット」
ナット幅1.745インチ(44.3㎜) (2015モデルはブラス製) テクトイド(摩擦係数を軽減したグラファイト)製ナット ナット幅1.695インチ(43.0mm)
ペグ つまみがザマックになった、次世代型自動チューニングシステム「G Force™」 グローヴァー製クルーソンタイプ
電気回路 伝道効率を向上させた高性能特殊ジャックと、ノイズの出にくいトグルスイッチ 特殊なものはない、伝統的な回路
コントロールノブ Supreme grip speed knobs Black Speed '50s/'60s:Gold Top Hat with Inserts
ブリッジ ザマックTOM&チタンサドル ザマックTOM
ケース Studio:アルミで覆われたHPハードシェル・ケース(長方形) Faded、'50s、'60s:大きなポケットの付いたHPギグバッグ Studio:ギターの形をかたどった伝統的なハードケース Faded、'50s、'60s:ギグバッグ
表:HPモデルとTモデルの違い 「スタジオHP」には、フロント&リアそれぞれのコイルタップ、コントロール系の操作感を変更できるディップスイッチが搭載されます。ディップスイッチはボディ裏面のコントロール・キャビティ内に配置され、 ・フロント/リアそれぞれの、タップしたときのサウンドバリエーション切替 ・フロント/リアそれぞれの、ハイパスフィルター(ボリュームを絞っても高音域が残る)のOn/Off ・Transient Suppression:ライン録り時に、過大入力を抑える機能のOn/Off(ギターアンプを使用するときには変化なし) というマニアックなきりかえができるようになっています。このディップスイッチは、レスポール・スタンダード2016HPにも搭載されています。

Les Paul Studio 2016 T / Les Paul Studio 2016 HP

Les Paul Studio 2016 T
Les Paul Studio 2016 T
HPにも同様のカラーリングが用意されています

2016年版のレスポール・スタジオは、使用される木材、スリムなネックグリップ、ザマック(振動伝達に優れる亜鉛合金)製のブリッジ&テールピース、グロス(つやつや)仕上げのラッカー塗装といった基本的な仕様を2015年モデルから継承しつつ、ピックガードが復活してカラーバリエーションが3種類から12種類へと大幅に増えました。お値段そのままでゴールドパーツ仕様があるのもうれしいところです。ボディトップのメイプルには杢のない(あっても控えめ)ものが使用されていることから、塗りつぶしのカラーが目立ちます。

仕様 カラー名(略称) 特筆事項
塗りつぶし Alpine White(AW)
Ebony(EB)
Inverness Green(IG)
Pelham Blue(PB)
Radiant Red(RR)
Silver Pearl(S2)
Alpine Gold(AG) ゴールドパーツ
Ebony Gold(EG) ゴールドパーツ
シースルー Wine Red Gold(WG) ゴールドパーツ
Wine Red(WR)
Fireburst(FI) ピックガード無し
Vintage Sunburst(VS)

表:一気に増えた、レスポールスタジオ2016のカラーリング

2015年モデルではやや緩やかだったトップ面のカーヴィング(削り)は、レスポール・スタンダードと同様の「クラシック」カーヴになっています。また内部にいくつかの孔を穿つ「モダン・ウェイトリリーフ」をボディに施すことで、本体の重量は重すぎない程度に抑えられています。ボディのみの重量で言うと、2015年モデルで5.2ポンド(2.36キロ)だったところが5.09ポンド(2.30キロ)に抑えられています。

2015年モデルではピックアップに出力が控えめな「57クラシック」が採用されていましたが、2016年モデルはフロントにアルニコIIを使用した490R、リアにアルニコVを使用した498Tを備えています。ギブソンの伝統的なトーンを継承しながら、中高音域の押し出しが強いことから現代的なサウンドにマッチします。
ギブソンのピックアップ

Les Paul Studio 2016 Tを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す
Les Paul Studio 2016 HPを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Les Paul Studio Faded 2016 T / LP Studio Faded 2016 HP

LP Studio Faded 2016 HP
LP Studio Faded 2016 HP

「スタジオ・フェイデッド」は、レスポール・スタンダードの廉価版、レスポールスタジオからさらに一歩価格に挑戦したモデルです。レスポールスタジオのグレードや基本仕様をふまえながら、

  • 「スタジオ」よりやや厚みのある’59ネックグリップ
  • ヴィンテージ系のトーンを特徴とする「バーストバッカー・プロ」ピックアップを搭載

というアレンジを加え、モダン志向のスタジオに対しヴィンテージ志向のフェイデッド、という方向性が付けられています。

レスポールスタジオと比べてHPモデル、Tモデル共に700ドルという大幅なプライスダウンが実現できたのは、

  • 付属するケースが、ハードケースからギグバッグに
  • グロス(つやつや)仕上げのニトロセルロースラッカー塗装から、マットな風合いのサテンフィニッシュに

この二つの変更によるものです。特に、キズひとつないツヤッツヤの仕上げを施すにはかなりの技術と手間が必要になりますから、ここまでの価格差は妥当なラインだと考えていいでしょう。

「上位機種と遜色のないギブソンのレスポールが、新品で10万円を切る」という大変お買い得なモデルですが、フェイデッドのサテン塗装は弾き傷がつきやすく、弾いているうちにどんどん味わい深いルックスになっていきます。プレイによるキズや塗装の剥がれはオーナーにとってかけがえのない勲章ですが、下取りに出す場合は大幅なマイナスポイントとなります。「リセールバリューに限界がある」ということは覚悟しておくといいでしょう。

Les Paul Studio Faded 2016 Tを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す
Les Paul Studio Faded 2016 HPを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Les Paul ’50s Tribute 2016 T / Les Paul ’50s Tribute 2016 HP / Les Paul ’60s Tribute 2016 T / Les Paul ’60s Tribute 2016 HP

50年代、60年代の仕様をイメージした「トリビュート」シリーズは、上記「フェイデッド」のバリエーション的な立ち位置です。フェイデッドと比べると100ドルのアップチャージになっていますが、

  • シースルーのモデルでは、Aグレードのメイプルがトップに使用される
  • 濃い色合いのローズウッドが、指板に使用される
  • バックのマホガニー材は、若干密度の低いものが使用される

というように、木材のグレードが気持ち上がっています。
また、両モデルともフェイデッド同様にサテンフィニッシュとなっているため、使い込むうちにどんどん味のあるルックスに育っていきます。

Les Paul 50s Tribute 2016 T Les Paul ’50s Tribute 2016 T

’50sモデルはフェイデッドをベースとして、

  • フェイデッドに近い50年代スタイルのネックグリップ(厚みはフェイデッドと共通)
  • スタジオと同じ490R/498Tピックアップを、オープン(カバーを外す)で搭載

というアレンジを施したモデルで、レスポールスタンダード以外では唯一、ゴールドトップがラインナップされているのも大きな特徴になっています。

Les Paul ’50s Tribute 2016を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Les Paul 60s Tribute 2016 HP Les Paul ’60s Tribute 2016 HP

’60sモデルは同じくフェイデッドをベースとして、

  • レスポールスタジオに近い「スリムテーパー」ネックグリップ(厚みはスタジオと共通)
  • ソープバータイプのP-90ピックアップを2基搭載

というアレンジになっています。

Les Paul ’60s Tribute 2016を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す