エレキギターの総合情報サイト

フェンダー スウィンガー(Fender Swinger)

フェンダー・スウィンガー(fender swinger)

別名「Arrow」とも呼ばれるスウィンガー (Swinger) は1960年代末にフェンダー社が作ったショートスケールのエレキギターです。
元々スウィンガーは売れ残りのパーツを集めて作られた在庫処分としての役割が大きく、同じくフェンダー社のブロンコのように安価でスチューデントタイプ(ギター初心者向け)のモデルでした。製造本数も大変少なく、フェンダーのカタログには1度も載ることもなく、結果的に人気も得られませんでした。今日スウィンガーはコレクターズアイテムとなっています。

ボディはフェンダーの当時のスチューデントモデルであった Musicmaster を元にアレンジして製造、アルダー・ボディ/メイプル・ネック/ローズウッド指板/ピックアップはフロントにシングルコイル1基のみ、Fenderの5弦ベース「Fender Bass V」とムスタングの22.5インチスケール・ネックを組み合わせて”にこいち”で製作されたため、ピックガードの下にはベースVのスプリット・シングルコイル用の孔があります。

ギターブランドであるヴァンザントからはコピーモデルがラインナップされており、日本のギターブランド「KAMINARI Guitar」はスウィンガーを元にハイエンドに蘇らせたギター”KAMINARI Swinger”をリリースしています。
KAMINARI Guitar

スウィンガーの主な使用ギタリスト

人気がなかったスウィンガーですが、アメリカのニューウェイブ/パンクの影響を受けたバンド、「トーキングヘッズ」のティナウェイマスは映画『ストップ・メイキング・センス』内のライヴ・パフォーマンスで使用していました。

ベン・クウェラー (Ben Kweller) のライヴでも使用されており、彼のセルフタイトルアルバムの大半の曲はこのギターが使用されています。

Aその他フェンダー関連書をamazonで探す