エレキギターの総合情報サイト

ギブソン・ロボットギター

Robot Flying V

Robot Flying V

2007年12月7日に登場したロボットギターは、伝統的なギブソン社のエレキギターに自動でチューニングする機能を搭載した世界初のエレキギターです。

開放弦のまま1弦から6弦までストロークするとブリッジに搭載されたセンサーが作動しペグが自動で回転してチューニングするという、従来のギターの概念を覆すもので各方面から賛否両論を巻き起こしましたが、当のギブソン社は年を追うごとに新しいロボット・ギターを開発し披露しています。

ロボットギターは当初はギブソン・レスポールのルックスのものが販売されていましたが、その後フライングV・ファイヤーバードの形のものが開発され販売されています。

ロボットギターの仕様

自動チューニングシステム

全部で6種類の変則チューニングを、それぞれマスター・コントロール・ノブで指定することができます。可能なオープンチューニングは以下。

レスポール・タイプのロボットギター

レスポール・タイプ
ヘッド部分

ヘッド部分のセンサー

最新型ロボット・ギター:Firebird X

エフェクター内臓、携帯電話の充電器で充電可能、ステレオ・アウトプット端子なのの機能が付属したファイヤーバードのロボット・ギターが発売されています。

ロボットギターの主な使用ギタリスト

高見沢俊彦(THE ALFEE):レスポール・タイプを使用。

Aその他ギブソン関連書をamazonで探す