エレキギターの総合情報サイト

Gibson EDS-1275

ギブソン(gibson)EDS-1275

EDS-1275は世界初の12弦と6弦のダブルネック構造(ネックが2本)問いう画期的なエレキギターです。

元々は1958年頃からごく少数が特注で製作されたフルアコースティックタイプのエレキギターだったのですが、ギブソン・レスポールSGへとモデルチェンジしたことを受け、扱い易いSGベースのボディデザインで生産されることになりました。62年には,現在のモデルとほぼ同じSGシェイプのソリッド・マホガニー・ボディへとモデルチェンジされ、その後75年にはついにレギュラー・モデルの仲間入りを果たし,安定した本数が製産されるようになります。

EDS-1275の存在を世界にもっとも知らしめたのはレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジではないでしょうか。彼がツェッペリンの名曲「天国への階段」をライブで使用したことによって知名度は一気に高まりました。またイーグルスのギタリスト、ドン・フェルダーが彼らの名曲「ホテル・カリフォルニア」で使用したことも影響し,EDS-1275はダブルネック・ギターの定番モデルとしてさらなる人気を博しました。


Led Zeppelin – Stairway to Heaven Live

EDS-1275のサウンドの特徴

12弦ギターは2弦を1セットと考えた6弦ギターと考えると想像しやすいですが、1つのフレットで2弦を同時に押さえる必要があるので演奏の難易度も高く、チューニングは非常に手間がかかります(チューニングは1~2弦のそれぞれ2本は同じチューニングで、3~6弦はそれぞれオクターブ違いのチューニング)。しかしエフェクターでは表現することができない独特の響きを持っているのためか、現在でも EDS-1275 のニュアンスを求めて使用するギタリストも多くいます。

eds1275 ボディ中央のスイッチで6弦/12弦を切り替える

12弦ギターは「美しいコード音を出すことができるが、ソロプレイには向かないためステージで使用しづらい」という弱点がありましたが、EDS-1275は1つのギターのボディに12弦と6弦のネックを一緒にくっつけてしまうことによってこれを解決した変形ギターです。また、スイッチ操作一つで6弦と12弦を切り替えられ、6弦/12弦でチューニングを変えることで多彩なサウンドを得ることも可能です。

EDS-1275のラインナップ

eds1275-custom Alpin White カラーの EDS-1275

Heritage Cherry、Alpin White の2種類のカラーのほか、Gibson Custom Shop ではゴールドフィニッシュやブルーのカラーリングのモデルなどが存在します。またエピフォンからは手に入れやすい廉価版として G-1275 がラインナップされています。

G-1275 を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

EDS-1275の主な使用ギタリスト


Eagles Hotel California Live at 1998


zakk wylde「mama i’m coming home」

EDS-1275を持つピートタウンゼント
EDS-1275を持つピートタウンゼント
  • ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン) 「天国への階段」などで使用
  • アレックスライフソン(ラッシュ)
  • ドン・フェルダー (イーグルス) 「ホテルカリフォルニア」で使用
  • ザック・ワイルド(オズボーン・バンドなど)
  • スラッシュ (ガンズアンドローゼス、ベルベットリボルバー)
  • ピート・タウンゼント(ザ・フー)
  • スティーヴ・ハウ (イエスなど)
  • チャド・スチュアート (チャド&ジェレミー)
  • 三輪テツヤ (スピッツ)
  • 和嶋慎治(人間椅子)