エレキギターの総合情報サイト

スクワイヤーのストラトキャスター徹底分析

スクワイアのストラトキャスターには、フェンダーの歴史をそのまま継承した伝統的なスタイルのものや現代的なアレンジを施したものなど、幅広いラインナップがあります。どれもが「ストラトキャスター」を名乗るに相応しいルックスと仕様、そしてサウンドを持っており、決してコピーモデルではない本物のストラトキャスターを求めやすい価格で手に入れることができます。

なお、それぞれのシリーズごとに特徴となるスペックをまとめています。

  • ボディ:ボディ材
  • グリップ:CまたはモダンC(モダンCの方が若干肉厚)
  • フレット数:21または22
  • ペグ:クルーソンタイプ(ヴィンテージスタイル)またはロトマチック(グローバータイプ。現代的スタイル)
  • トレモロ:6点支持(ヴィンテージスタイル)または2点支持(現代的スタイル)
  • ピックアップ

また、ボディ形状、弦長25.5″ (648 mm)、指板R9.5″ (241 mm)、ナット幅1.650″ (42 mm)など寸法は全モデル共通となっています。(LH)と記されているものには左用があります。左用は通常¥5,000ほどのアップチャージになります。


Jeff Healey – I Think I Love You Too Much – Earth ’90
2008年に若くして没した盲目のブルースマン、ジェフ・ヒーリー氏はデビュー当時からスクワイアの黒いストラトを愛用していました。ピックアップは変更していましたが、スクワイアもプロの使用に耐えるギターであることが分かりますね。

Standard シリーズ

Squier Standard Stratocaster

ボディ:アガチス
グリップ:C
フレット数:22
ペグ:ロトマチック
トレモロ:2点支持
ピックアップ:Standard Single-Coil Strat / Standard Humbucking

「スタンダード」シリーズは、フェンダーUSAでいうところの「アメリカンスタンダード」にあたる、現代の音楽に合わせた標準(スタンダード)仕様のギターです。

  • 動きが滑らかな2点支持仕様のトレモロユニット
  • 堅牢な造りのロトマチックタイプのペグ
  • 現代の標準である22フレット仕様
  • 3枚重ねのしっかりとしたピックガード

という現代的なスペックを持ちながら、指板Rは伝統的な9.5”(241mm)となっており、ストラトキャスター固有のフィーリングをしっかり持っています。

ボディ材のアガチスはマホガニーの代替材としてギブソンでも採用されているものですが、音響特性としては比較的クセがなく、アルダーに近い感触です。建材や家具といった分野では、加工性の良さやフシのない美しさから代替材ではなくファーストチョイスとして支持されています。

採用されているシングルコイルピックアップ「Standard Single-Coil Strat」はカラっとしたストラトのトーンを持ち、ハムバッカー「Standard Humbucking」はそこにファットなパワー感を加えています。この二つのピックアップはスクワイアの標準的なピックアップとして他のシリーズでも採用されています。

Standard Stratocaster (LH) / Standard Strat FMT

現代標準のスペックを持つストラトキャスター。指板にローズとメイプルの二種類があり、ピックガードにもバリエーションがあるのが嬉しいところです。「Standard Strat FMT」はボディトップにフレイムメイプルをあしらった高級仕様になっています。

Standard Strat HSS / Black and Chromes Standard Stratocaster HSS

squier-standard-strato-hss Standard Strat HSS

リアピックアップをハムバッカーに変更したモデルです。この仕様は一般的に「SSH」と言われますが、フェンダー/スクワイアはかたくなに「HSS」という表示を貫いています。これはヘッドを右にして写真を掲示している関係で、写真上のピックアップ配列と表記の順番を揃えたものだと考えられます。

基本モデルとなる「Standard Strat HSS」にはカラーバリエーションがありませんが、そのため3シングルのスタンダードストラトと同じ価格に抑えられています。「Black and Chromes Standard Stratocaster HSS」はマッチングヘッド(ヘッドとボディが同じ色)とクローム(シルバー)のピックガードにより、キリっとした雰囲気を持っています。

Squier Standard Stratocasterを…
Sサウンドハウスで探す R楽天で探す 石橋楽器で探す

Deluxe シリーズ

Squier Deluxe Stratocaster

ボディ:バスウッド
グリップ:C
フレット数:22
ペグ:ロトマチック
トレモロ:2点支持
ピックアップ:Duncan Designed

デラックス」シリーズは、先述「スタンダード」シリーズにセイモアダンカン設計によるピックアップをマウントするなど、パーツ変更による強化を施したモデルです。カラーリングがスタンダードと違っているところもポイントです。

備考:サイトやカタログなどに「Duncan Designed」という表記がありますが、日本で言う「デザイン」ではありません。英語の「design(デザイン)」には「設計」という意味があり、ここではその意味で使用されています。

Deluxe Stratocaster

メイプルワンピースネックとボディの淡い色調が、軽やかなイメージを演出しているモデルです。ネック裏がサテン(サラサラ)仕上げになっており、快適に演奏することができます。

ダンカン設計によるシングルコイルは各ポジションで最適なトーンが得られるよう、フロント/センター/リアそれぞれ別個に設計されています。

Deluxe Hot Rails Strat

Squier Deluxe Hotrails Strato

こちらはラージヘッド仕様で、「ホットレイル」ピックアップを3基備えるパワフルなストラトです。本機のピックアップはシングルコイルのサイズでありながら細いシングルコイルを二つ並べたハムバッカーになっており、パワーが増強されているためオーバードライブなど歪み系エフェクトとの相性が良くなっています。またバーポールピースを採用していることで磁界が広くなっており、チョーキング時などで音が細くなることのない安定したサウンドが得られます。

Squier Deluxe Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す 石橋楽器で探す

Classic Vibe シリーズ

Vibe (=Vibration):振動、心の動揺、雰囲気から起きる感情

ボディ:アルダー
グリップ:モダンC
フレット数:21
ペグ:クルーソンタイプ
トレモロ:6点支持
ピックアップ:Custom Vintage-Style Single-Coil Strat

「クラシック・ヴァイブ」シリーズは、昔のスタイルを現代に呼び起こして現代のギターとして再構築したもので、スクワイアのラインナップ中で最もグレードの高いシリーズです。ボディに本家フェンダー同様アルダーが使用されていること、またフェンダーUSA製ピックアップ「Custom Vintage-Style Single-Coil Strat」を使用していることが最大の特徴です。

プラスチックパーツにエイジド処理が施され、またネックも経年変化を表現した飴色に着色されており、ちょっとしたヴィンテージ感を帯びた風貌になっています。しかしその年代を完全再現するまでに追求することはせず、若干厚みのあるモダンCシェイプのネックグリップとミディアムジャンボフレット、ヘッド側から調節するトラスロッドなど、現代的なスタイルのギターになっています。

Classic Vibe Stratocaster ‘50s (LH) / 60th Anniversary Classic Vibe ‘50s Stratocaster

classic vibe stratocaster 50s Classic Vibe ‘50s Stratocaster

50年代のスタイルを意識したストラトキャスターで、

  • 一枚板のピックガードで、8本のネジでボディに固定
  • メイプル指板
  • バックコンターは深め

という特徴があります。
ゴールドパーツやマッチングヘッドなど、当時なかった仕様のものもあり、個性的な面白いラインナップとなっています。

ストラトキャスターのデビュー60周年を記念した特別仕様モデルは、ゴールドのボディカラーとゴールドパーツによる大変ゴージャスな、きらびやかなストラトになっています。

Classic Vibe Stratocaster ‘60s (LH) / Simon Neil Stratocaster

classic-vibe-stratocaster-60 Classic Vibe ‘60s Stratocaster

一方こちらは60年代のスタイルを継承したストラトキャスターで、

  • 3枚重ねのピックガードを11本のネジでボディに固定
  • ローズ指板

という仕様になっています。ボディ/ネックの木材とピックアップが同じなので’50とほぼ同じトーンを持っています。
ギター博士も動画で弾いているストラトですね。


Biffy Clyro – Glitter & Trauma (Official Music Video)
サイモン・ニール氏のシグネイチャーモデルはこの’60を基本として、ボディカラーがこのモデルにしかないフェスタレッドになっています。

Classic Vibe Stratocasterを…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Vintage Modified シリーズ

Modify:改良するために部分的な修正や改造を施す


Squier Vintage Modified Strat ’70s Crunchy Demo

ボディ:バスウッド
グリップ:C
フレット数:21
ペグ:クルーソンタイプ
トレモロ:6点支持
ピックアップ:Duncan Designed

ヴィンテージ・モディファイド」シリーズは、「バレット」シリーズ(下記)のストラトキャスターに手を加えて強化したギターです。全モデル共通してセイモア・ダンカン設計によるピックアップが採用されており、通常のシングルコイルピックアップは上述した「Deluxe Stratocaster」と同一のものになっています。

Vintage Modified Stratocaster / ’70s / HSS

squier-vintage-modified-strato 左2本:Vintage Modified Stratocaster、Vintage Modified ’70s、Vintage Modified Stratocaster HSS

「Bullet」シリーズのピックアップをアップグレードしたストラトキャスターです。こちらの楽器本体はラージヘッドになっており、またカラーバリエーションが「Bullet」シリーズと異なっています。’70年代モデルはここからピックアップカバーやコントロールつまみをブラックにしており、この時代の雰囲気を演出しています。

Vintage Modified Surf Stratocaster

vintage-modifier-sulf-strato

「サーフ」ストラトキャスターは、スクワイアのラインナップの中で唯一、

  • パールピックガード
  • リップスティックピックアップ

というスペックを備えたモデルで、他のストラトとは一線を画す独特の雰囲気を持っています。銀色に光るケースに収められている「リップスティック・ピックアップ」は、線の細さと音のきらめきに定評あるフェンダーのシングルコイルよりもさらに細く、きらびやかさを増したトーンを持っており、その名の通りのサーフィンミュージックを筆頭に、ブルース系にもフィットします。

Vintage Modified Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Bullet / Affinity シリーズ

Bullet(バレット):弾丸、銃弾
affinity:共通の起源などに由来する類似点、近親感、魅力ある異性

Bullet」シリーズは、コストパフォーマンスの限界に挑んだストラトキャスターです。ボディ材のバスウッドは廉価版ギター御用達の木材ですが、軽量でクセがないところが見直され、ハイエンドモデルのバック材に採用されることも多くあります。

Bullet Strat with tremolo / Bullet Strat with tremolo HSS

Squier Bullet Stratocaster

ボディ:バスウッド(Bullet)、アルダー(Affinity)
グリップ:C
フレット数:21
ペグ:ロトマチック
トレモロ:6点支持
ピックアップ:Standard Single-Coil Strat

ナット幅42mm、9.5”(241mm)R、21フレット仕様の指板は伝統的なフェンダーのストラトをそのまま継承しつつ、ミディアムジャンボフレットが打ち込まれており現代的なフィーリングも加えられています。廉価版とはいえ正真正銘のストラトキャスターであり、「スタンダード」シリーズと同じピックアップが使用されているので、近い価格帯のコピーモデルと比べてよりストラトらしいカラっとしたトーンが得られます。3シングルモデルはカラーバリエーションが豊富で、最初の一本として最適です。リアピックアップをハムバッカーに換装したモデルはロック系のサウンドによりフィットします。カラーバリエーションは少ないながら、3シングルモデルと価格が変わらないのが嬉しいところです。

Bullet Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Bullet Stratocaster Hard Tail SSS/HSS

Bullet Stratocaster Hard Tail

2017年5月に登場した「Bullet」シリーズのニューモデル。スリムCシェイプネック、チューニングが狂いにくくソリッドなサウンドが特徴のハードテイル仕様で、これからギターにチャレンジしたいと考えているエントリープレイヤーにお勧めのストラトキャスターです。ピックアップ配列がSSS仕様の通常モデル4機種と、HSS配列の2つのラインナップ3機種が用意されています。

Bullet Stratocaster Hard Tailを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

Affinity Series Stratocaster (LH) / Affinity Series Stratocaster HSS

Affinity Series Stratocaster

アフィニティ」ストラトキャスターは、上記「Bullet」シリーズのボディ材をアルダーに変更したアップグレード版のギターです。本体の構造はラージヘッド仕様になっている以外に違いがありませんから、「Bullet」シリーズと弾き比べることでアルダーとバスウッドでの感触の違いを確認できます。

このアフィニティだけ左用の価格が据え置きになっていることは、世の中の左利きギタリストたちへの朗報となっています。

Affinity Stratocasterを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す

備考

スクワイアのストラトキャスターは、21フレットのものと22フレットのものがあります。日本製の「フェンダー・ジャパンエクスクルーシブ」では、「エアロダイン(Aerodyne)」シリーズ以外は全て21フレット仕様になっています。21フレット仕様はストラトキャスターがデビューした頃の仕様を継承しており、「指板の末端とフロントピックアップとの隙間がデザイン的に良好」と言われています。

エリック・クラプトン氏やエリック・ジョンソン氏らのように今なお21フレット仕様のストラトを愛用しているプレイヤーは数多くいますが、現代では22フレットが必要となる楽曲も多いため、弾きたい曲の音域や目指すアーティストの持っている楽器などをチェックしておく必要があります。「21フレットでいかに都合をつけるか」というノウハウは存在しますが、この技は中級以上のプレイヤー向きです。

22フレット必要なのか、21フレットでいいのか、判断が付かない場合には22フレット仕様を選んでおくのが無難です。

Mini Strat

Mini Strat (v2) Mini Strat (v2)

体積を4分の3に縮小したミニストラトです。弦長22.75インチはフェンダー・ムスタングなどのショートスケールより短く、ちょっと持っていくトラベルギターとしてだけでなく、小さなお子様向けにも理想的です。集積材で作ったボディ、20フレットまでの指板というように価格にあわせてスペックも控えめですが、ペグやピックアップなどのパーツは「Bullet」シリーズと共通しており、なかなかに本格的なフェンダーサウンドを得ることができます。

ミニ・ストラトのヘッド部分

ヘッドのストリングガイドが二つありますが、ここに弦の張力を預けることで、短い弦長で張力が不足するのを緩和します。このストリングガイドでいくぶん稼いでいるとはいえ、この弦長では張力が不足してチューニングがどうしても不安定になってしまいます。そこはきっぱりと割り切って、このMiniはトレモロユニットをもたない、ハードテイル仕様になっています。

Mini Stratを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す