エレキギターの総合情報サイト

リハーサルスタジオに入ってみよう! 〜はじめてのスタジオ練習〜

初めての音楽(リハーサル)スタジオ、ドキドキ・ワクワクですね!
「でもスタジオってはじめてだしどうしたらいいかわからない」って思ってるスタジオ初心者の人、いるんじゃないでしょうか。
確かに、
・スタジオに入って店員さんに何を言ったらいいのか
・アンプやボーカルマイクを使っての音の出し方
・わからないことがあった時どうしたらいいいか
などなど…
はじめはわからないことも多いと思います。

そこで今回は、ギター博士がはじめてスタジオに行く人のためにスタジオ練習について徹底紹介!
博士と一緒にスタジオに行った気になって、スタジオの使い方を見ていきましょう!

まずは電話予約!

まずは電話予約

家の近くのスタジオ/バンドメンバーが行きやすいスタジオ、などを見つけて電話予約しましょう。
電話対応のスタッフの人には、スタジオに入りたい曜日と時間帯をお伝えします。
スタジオが初めての人はまずは2〜3時間で予約してみよう。2,3曲みんなで合わせるにはちょうどいい時間ですよ。

練習当日:スタジオ入り!

スタジオ入り

いよいよスタジオに入ります。予約した時間の5〜10分前にスタジオに着いておくと余裕を持てますよ。
スタジオでは、スタッフさんや他の練習している人とすれ違ったりした時は挨拶を忘れずに、「おはようございます」と一言。

clear

六弦かなで「夜にスタジオに入っても挨拶は”おはようございます”ってみんな言っているので、みんなも”おはようございます”って挨拶していいと思うよ♪
でもなんで夜なのに”おはようございます”なんだろう、不思議〜。」

ギターアンプを鳴らしてみよう!

音楽スタジオにはギターアンプが何種類か置いてあります。お店によっては置いてあるアンプも異なりますが、ここでは定番のスタジオアンプ「Roland-JC120」と「Marshall JCM2000」の使い方について解説します。

Roland JAZZ CHORUS「JC-120」

Roland JAZZ CHORUS「JC-120」 ほとんどのスタジオやライブハウスに置いてある、最もポピュラーなタイプのギターアンプ、ローランドのジャズコーラス、通称「ジャズコ」です。
スイッチをオンにしてギターと接続するだけですぐに音が鳴るし、故障も少なくていつも同じ音が出るので、ギター初心者でも安心して使えるアンプですよ。

ただしアンプ自体ほとんど歪まないので、オーバードライブやディストーションなどのエフェクターは必須アイテム。
それじゃあ音の出し方を見てみましょう!

電源をコンセントにつなぐ:JC-120

①電源をコンセントにつなぐ

スタジオによってはつないであるところもあるけど、つないでない場合もあるので自分で確認しておきましょう。
その次の手順は、下の画像②〜④の順番の通りにやると、音が出ますよ!

音の出し方の手順:JC-120

JC-120の使い方についてもっと詳しく知りたい人はこちら↓↓
Roland JC-120 の使い方・音作りの方法

Marshall JCM 2000

「マーシャル」という会社が作っている有名なギターアンプ、通称「2000」。ヘッドアンプとキャビネットに分かれているタイプの大型アンプです。
大きなスピーカーを使うので音量が大きく、真空管(”チューブ”とも言います)を搭載していて、音がよく歪みます。
ロックギターを弾きたいなら迷わずこのタイプのギター・アンプを使うといいですね。

音の出し方は「ジャズコ」よりもちょっと複雑なので、スタジオに行く前に以下の手順をおさらいしておきましょう!


電源をコンセントにつなぐ:JCM2000

①電源をコンセントにつなぐ

ヘッドアンプから伸びる電源ケーブルをコンセントにさします。

ヘッドアンプとキャビネットがつながっているのを確認

②ヘッドアンプとキャビネットが
つながっているのを確認

ヘッドアンプ単体では音は出ません。キャビネットにつなげることではじめて音が出ます。
そのためヘッドアンプとキャビネットはケーブルでつなげる必要があります。

その次の手順は以下の③〜⑥の通り。
うまく音が出るかな?

音の出し方の手順:JCM2000

JCM2000 の使い方についてもっと詳しく知りたい人はこちら↓↓
Marshall JCM2000 の使い方・音作りの方法

clear

音が出ない…などアンプの調子が悪い時は…?

歪んだ音が出せる「JCM 2000」ですが、真空管を搭載しているアンプは環境に左右されやすいデメリットもあります。チューブの調子が悪くて音量が小さかったり音そのものが劣化したりして、調子が悪い時があるのです。

そんな時はスタジオの店員さんに「このアンプ調子が悪いみたいなんですけど」と相談してみましょう。機材に問題がある場合は予備のアンプと交換してもらえる場合もありますよ。

clear

ギター博士「JC-120 や JCM 2000 以外にもスタジオによってはめずらしいアンプを置いているところもあるゾ。いつもと違うアンプを見つけたら試してみるのも手じゃな。お気に入りのアンプになるかもしれんしのぅ♪」

マイクで声を出してみよう!

スタジオミキサー

ボーカルやコーラスをとる人のぶんだけマイクをレンタルします。無料で貸し出してくれるので、音楽スタジオの受付で「マイク○本お願いします」と店員さんに言いましょう。

マイクで声を出す手順は以下の通り
①スタジオミキサーの電源をオンにする
②マスターボリュームがゼロになっているのを確認してから、マイクとマイクケーブルを接続
③片方の端子をミキサーのマイク入力端子に接続します
④マスターボリュームとマイクのボリュームを調節して音量を決めましょう。音量を大きくしすぎるとハウリングが起こってしまうので注意が必要です。

clear

マイクのハウリング対策は??

音量が原因でハウリングが起こることが多いのですが、ボーカルマイクは音量を出さなくてもハウリングノイズを発生させてしまうことがあります。

その原因はボーカルマイクとスタジオモニターの位置関係。2つが向かい合っているとハウリングが起こりやすくなるのです。
ボーカルマイクとスタジオモニターは、向かい合わないようにセッティングしましょう。

スタジオでの注意事項

各スタジオ毎に様々なルールを設けています。ルールに沿って使用しましょう。
また、知らないでやってしまうと機材のトラブルの原因となってしまうこともあるので、以下の点に注意しておきましょう。

ギターアンプのボリュームが上がったままシールドを抜かない

ギターアンプのボリュームが上がったままシールドを抜かない

ボリュームがあがったままでシールドを抜き差しすると、アンプから「ボンッ」と大きな音がでます。
これは故障や老朽化の原因ともなる、アンプにとって良くない行為。
シールドを抜き差しする時は必ずボリュームをゼロにしてから/電源をオフにしてからにしましょう。

アンプの上に飲み物を置かない

アンプの上に飲み物を置かない

スタジオによっては室内での飲料のみ OK のところもありますが、アンプの上にジュースの缶やフタの空いたペットボトルを置くのは厳禁。
ドリンクがこぼれてアンプが故障したりしたら大変です。

機材は丁寧に扱おう

機材は丁寧に扱おう

思い通りに音が出ないからといって機材に八つ当たりするのも NG です。機材は大切に扱いましょうね。

終了5分前までには出れる準備をしておこう

終了5分前までには出れる準備をしておこう

スタジオ練習が楽しいあまり時間を忘れてしまう気持ちもわかりますが、次にスタジオに入る人のためにも片付けは早めに済ませて、5分前までには出れる準備をしておくと良いですね。

挨拶はしっかりと

挨拶はしっかりと

練習が終わったら料金の精算です。帰り際にはスタッフさんやすれ違う人にも「お疲れさまでした」と一言。

今回使わせてもらったスタジオ:「MUSIC STUDIO YOU」

STUDIO YOU-1

今回ギター博士が使わせてもらったスタジオは、大阪府吹田市にある「STUDIO YOU」。大阪駅・梅田駅から電車で20分程度、徒歩で8分程度に位置する、大阪の中心地からのアクセスも良好。

リハーサルルーム全9室に窓がある開放的な雰囲気/各部屋に隣接したくつろげるロビー/スタジオは音響的にも優れていて各部屋レコーディング対応できるなどの理由から、県外からの利用者/プロの利用者も頻繁に訪れる関西では有名なスタジオなんです。

STUDIO YOU-2 左上:Gスタジオ、右上:ミーティングに使える大きなテーブル!、左下:会話が弾みそうなロビー、右下:Iスタジオ

無料駐車場なんと20台以上!
北摂のゆったりとした立地・落ち着いた雰囲気で、大人から学生さんまで安心して練習できますね。

他では見られないパワフルなギターアンプも設置されているなどプロクオリティの設備が備わっていますが、料金はとてもリーズナブル。
これからはじめてスタジオに入ってみようと思っている人も気軽に入れるスタジオですよ♪
関西にいる人は1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

STUDIO YOU について詳しく見る – Supernice!音楽スタジオ