エレキギターの総合情報サイト

更なる深淵へ「8弦/9弦ギター」特集

各ブランドの8弦/9弦ギターラインナップ

かつてはマニアックな存在であった8弦/9弦ですが、普及に伴って比較的低価格なモデルも登場しています。7弦ギターでは普通の6弦ギターと同様の弦長(24.75インチ~25.5インチ)のものが一般的でしたが、こちらの領域では低音をクリアに出すために26.5インチや27インチ、28インチといった「バリトンスケール」が一般化しています。また、ヘヴィ系のサウンドにフィットするよう、ハムバッカー2基のものがほとんどです。

Ibanez – RG8PB/RG9QM

多弦ギターのパイオニアであるアイバニーズからは、「RG」をベースとした8弦/9弦がリリースされています。ハード/ヘヴィ・ロックの王道「Ibanez RG」徹底分析!

  • 8弦:弦長27インチ、半音下げチューニングでのセットアップ
  • 9弦:弦長28インチ、レギュラーチューニングでのセットアップ
  • 共通:2ハムバッカー、トレモロレス、デタッチャブルネック

という仕様をベースに、ボディ材やピックアップに違いを持たせたラインナップになっています。

Ibanez - RG8PBRG8PB

RG9QMRG9QM

ベーシックな仕様で求めやすい価格を実現した「スタンダード・シリーズ」からは、

  • マホガニーボディにポプラ・バールをあしらった8弦
  • バスウッドボディにキルトメイプルをあしらった9弦

の2機種がリリースされています。比較的低価格に抑えられているので、多弦ギターに興味がある人にぴったりです。


Ibanez RG8 Tone Test

Ibanez – RG8PBを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す

RG9QMを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す

SCHECTER

Hellraiser C-9 HELLRAISER C-9

シェクターの「ダイアモンドシリーズ」では、
8弦ギター
DAMIEN PLATINUM-8:28インチセットネック
BLACKJACK ATX C-8:26.5インチセットネック
BANSHEE ELITE 8:28インチスルーネック
HELLRAISER C-8 FR:28インチセットネック、FRT搭載

9弦ギター
DAMIEN PLATINUM-9:30インチセットネック
HELLRAISER C-9:28インチセットネック

というように弦長にバリエーションがあり、またセットネック仕様のものが多いことでアイバニーズとはまた異なる様相のラインナップが形成されています。

HELLRAISER HYBRID C-8

hellraiser-hybrid-c-8

ダイアモンドシリーズのフラッグシップ「ヘルレイザー」シリーズと「ブラックジャック」シリーズの仕様を組み合わせ(ハイブリッド)たのが「ヘルレイザー・ハイブリッド」シリーズです。8弦ギターの本機は28インチの弦長とEMGピックアップ、ヒップショット社製のハードテイルブリッジという仕様をゴシックなルックスにまとめています。

SCHECTER C-8を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

C-9を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Strandberg – Boden OS 8

Strandberg - Boden OS 8

ボディ形状やネックグリップなど、ありとあらゆるところに独自性が認められるStrandberg(ストランドバーグ)ですが、低音側の弦長が長く、また高温側の弦長が短い「ファンフレット(マルチスケール)」が大きな特徴となっています。ファンフレットの採用により、高音弦のプレイアビリティを維持したまま、低音弦の長さが確保されてくっきりとした音像が得られるようになります。

特殊構造と特殊なパーツで満たされているストランドバーグのギターですが、その設計をそのままに価格を落とした「OS」が人気を博しています。指板はローズとメイプルから選択でき、トップに美しいメイプルをあしらったボディのカラーリングにもバリエーションがあります。日本国内では今のところ8弦までですが(2016年時点)、海外モデルでは9弦までリリースされています。


Strandberg Boden 8 Demo

Strandberg Boden OS 8を…
R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

Jackson JS32-8Q/Pro Series DKA8

Jackson JS32-8Q JS32-8Q

jackson-dka8 Pro Series DKA8

ヘヴィ・ミュージックの雄ジャクソンからは、
JS Series JS-32-8Q Dinky
Pro Series DKA8
新デザイン「AT」ヘッドを採用した8弦のディンキーがリリースされています。

両機は

  • 26.5インチのデタッチャブルネック
  • ネック内部にグラファイトの補強

という仕様が共通しており、「JS-32」にはジャクソンのお家芸である「コニカル・フィンガーボード(=コンパウンド・ラジアス指板)」が採用されています。「DKA8」には「モメンタリー・キルスイッチ」が搭載されており、連打することでストロボ効果を得ることができます。JS32-8Qは、Ibanez RG8PBと共に、これから8弦ギターをはじめようというギタリストの入門ギターに適したモデルとなっています。


Jackson JS Series Seven- and Eight-String Guitars Demo

Jackson JS32-8Qを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す

Pro Series DKA8を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す Sサウンドハウスで探す 石橋楽器で探す

Mayones Guitars – Regius 8/SETIUS 8

Mayones Guitars - Regius 8 MAYONES Regius 8 MM QM

ポーランドの老舗「Mayones(メイワンズ)」からは、
スルーネックモデル:REGIUS 8
ボルトオンモデル:SETIUS 8 GTM Baritone
の二つの8弦ギターがリリースされています。


スルーネックモデル:REGIUS 8


ボルトオンモデル:SETIUS 8 GTM Baritone

仕上がりの美しさとしっかりとした作りに定評あるメイワンズはショップオーダーなどの受注生産を基本としているため常に品薄ですが、ボディトップ、指板、ピックアップなどの仕様にさまざまなバリエーションがあります。

Mayones Regius 8を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

SETIUS 8を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

E-II – HRF NT-8B

HRF NT-8B

ESP USA発のブランド「E-II」からは、代表機種「ホライゾン」をベースとした8弦ギターがリリースされています。アルダーボディ、メイプルスルーネック、エボニー指板というマテリアルはホライゾンそのままに、弦長を27インチのバリトンスケールに延長したトレモロレスモデルに仕上がっています。

HRF NT-8Bを…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す

多弦ギターの注意点

「拡大した音域」による可能性が注目される多弦ギターですが、それだけに注意するべきポイントもあります。弦交換やチューニングが大変だ、という以外にどんなことに留意すべきか、その注意点を考えてみましょう。

ネック幅も弦数に応じて拡大

弦が増えれば、それだけ物理的にネックの幅も広がります。ネック本体の体積が増すことによる音響性能の向上は大きなメリットですが、8弦ギターの一般的なナット幅はクラシックギターに近い「55mm」にもなり、親指を出して握るのはほぼ不可能になります。ネックを下からつまむように構える「クラシカルスタイル」での演奏を余儀なくされるので、チョーキングのフォーム、プレイスタイルやストラップの長さなどが限定されてきます。

できないか、極端に難しくなるプレイもある

多弦ギターでは、ガシっと押さえてジャンっと鳴らすような、通常のギターでラクラク演奏できるオープンコードでのプレイが極端に難しくなります。また不要弦をすべてミュートすることに高度な技術の習得を必要としますから、ファンク系のカッティングオクターブ奏法の難度が上がります。

交換用の弦の選択肢

8弦や9弦はようやく一般化しつつある、まだまだ新しいギターです。アイバニーズやアーニーボールから多弦用の弦はリリースされていますが、今だ選択の幅は十分だとは言えません。7弦用のセット弦にバラ弦を追加するなど、弦にこだわる多弦ユーザーはいろいろな工夫をしています。

アコースティックの多弦事情

アコースティックギターにおける多弦化は、スチール弦(いわゆるフォークギター)では主に複弦化、ナイロン弦(クラシック)では主にベース音の追加で行われています。低音志向となっている多弦エレクトリックギターのついでに、弦の多いアコギについてもちょっと見てみましょう。

スチール弦の複弦化

12弦ギターに代表される「複弦」は、ごく近くに同じ高さか1オクターブ高い音の弦を並べ、1本の弦のようにまとめて弾きます。このまとまった2本の弦を「コース」と呼び、12弦ギターは「6コース12弦」と表現します。12弦はエレキギターでもリリースされており、ジミー・ペイジ氏(レッド・ツェッペリン)のダブルネックSGが特に有名です。B.C.リッチの10弦ギターでは、1弦から4弦までがダブルになっています。
多弦のパイオニアと称されるアイバニーズからは、1、2弦のみ、あるいは3、4弦のみ複弦化したアコースティックギターがリリースされ、話題となりました。

ナイロン弦の多弦化

クラシックギターでは、ベース音を鳴らすための低音弦が追加された多弦ギターが使われることがあります。こちらはエレキギターの「4度チューニング」とは違い、「7弦D、8弦C、9弦B、10弦A、11弦G、12弦F」というように音階になるようにチューニングされます。これはソロギターの伴奏で使用し、開放弦でドーンとベース音を鳴らしながら、ハイポジションでコードやメロディを演奏します。


以上、多弦ギターでも特に8弦、9弦に注目していきました。マニアックな存在だった多弦ギターでしたが、有名ブランドから続々と新しいものがリリースされていて、私たちの目に触れる機会も多くなってきました。比較的手に入れやすい価格帯のものも出てきているので、手を出してみるハードルが下がってきています。
こうしたギターによってどんな音楽が作られるのか、これはまだまだ未開拓な領域です。拡大された音域から何が生まれるのか、ぜひ新しい音楽にトライしてみてください。