エレキギターの総合情報サイト

宇宙まお「7つのうた、あなたの虹になれ」インタビュー

宇宙まお

Supernice!新インタビュー企画「アーティスト・インタビュー」第一弾に、今年の ROCK IN JAPAN に出演され、来たる 11月4日に 3rd Mini Album「7つのうた、あなたの虹になれ」をリリースされるシンガーソングライター“宇宙まお”さんにインタビューをさせて頂きました。


誰かのために曲を作りたい

──11月4日に 3rd Mini Album「7つのうた、あなたの虹になれ」が発売されますが、今回ミニアルバムを製作する上で何かコンセプトはありましたか?

宇宙まお 今回水戸ホーリーホックというサッカーチームに応援ソングを書かせてもらう機会を頂いたんです。その応援ソングがこのアルバムに収録されている「無限の力」と言う曲なんですが、この曲をきっかけに「誰かのために曲を作りたい」と思ったんです。
それから「誰かのために」というテーマの元に曲を作っていくと、色々とタイアップの話などを頂けるようになりました。なので今回のアルバムは、結果的に色んな方の幸せを願った曲が集まっています。

──そのミニアルバムに収録されている曲の中でも「CONTRAST!」は、今までのポップさとはまた違った印象の曲ですが。

宇宙まお 「CONTRAST!」は今年出演させて頂いた ROCK IN JAPAN のために作った曲なんです。フェスでみんなが踊ってくれるような曲を作りたいなと思って、今までの私の曲にはなかった EDM 調に挑戦してみました。

──ミュージックビデオもかなりインパクトがありますね。


宇宙まお「CONTRAST! 」

宇宙まお そうなんです。曲自体がダサかっこよい印象の曲なので、変にカッコつけたように見えないようにアニメーションでかわいらしい要素を入れてみました。おもしろい伝わりをしたらいいなと。

──収録曲の「夢見る二人」や「おいしいごはん」など、”ごはん”をテーマとした曲がありますが、何かきっかけがあったんですか?

宇宙まお そうですね。去年“まんパク”というフードフェスに出させてもらったんですが、その当時はその場で歌えるような曲がなかったんです。そこで合うような曲を作りたいな〜という思いから「おいしごはん」という曲を書きました。
それから今年のまんパクのテーマソングを作りませんか?というオファーを頂いたんですが、その場の空気に合う曲を書こうと思って「夢見る二人」を書きました。
他の曲も、色んな人の生活の中に当てはめて聞いてもらえる曲が多いと思うので、是非聞いてもらいたいですね!


宇宙まお「おいしいごはん」

きっかけはビートルズ

──宇宙まおさんがギターを始めたきっかけは何だったんですか?

宇宙まお ギターを弾くきっかけはビートルズですね。親の音楽の影響なんですが、ビートルズの「1」というベストアルバムを親が買ってきてくれて、かっこいいなと思ったのがきっかけですね。

──シブいところから入ったんですね

宇宙まお そうですね(笑)初めてアコースティックギターを買ったのは小学校5〜6年生の時なんですが、中学生になってからレッスンに通い始めて、弾き語りなどを始めました。エレキギターを弾くようになったのは高校に入ってからですね。

──他に影響を受けたミュージシャンはいますか?

宇宙まお 松任谷由実さん、スピッツはよく聞いていましたね!高校生の時はスパルタローカルズというインディーズのバンドがとても好きで、何回もライブに通ってました。ギターロックなんだけど歌詞が面白いんです!親の影響もあって「ガロ(月刊漫画ガロ)」を読んでたんです。劇画の雑誌なんですが、その世界観がとても好きだったんです。で、スパルタローカルズのボーカルの人のお父さんがその劇画の漫画家さんだったんです!

宇宙まお2

ギターもうまくならなきゃ、と思い始めた

──普段やっているギターの練習方法など教えていただけますか?

宇宙まお 実は、私は基本的に練習が嫌いなので今も昔もあまりやらないんですよね(笑)始めたころはとにかく「自分が歌いたいものをやる」って感じでした。いい歌だな、と思ったらとにかくその曲をコピーコピーコピーみたいな感じで。

──初めてコピーした曲はなんですか?

宇宙まお BUMP OF CHICKEN の「天体観測」でした。その時に通っていた教室の先生が持って来てくれた曲をやる、といった感じでしたね。高校生になってからは GO!GO!7188 のコピーバンドをやっていました。スケールの練習は最近ようやく始めたところです。

──スケールの練習ですが、具体的にどんな練習をしているんですか?

宇宙まお レコーディングやライブなどでお世話になっているギタリストの草刈浩司に教えてもらってるんですが、草刈さんに教則本を用意してもらって、二人で教則本を見ながら「ドレミファソラシド〜」みたいなシンプルな練習をしています。地味ですね(笑)

──練習嫌いなのに、また練習を始めようと思ったきっかけは?

宇宙まお やっぱり色々な経験をさせて頂いていく上で、本当にギターもうまくならなきゃ、と思い始めたのがきっかけです。そこで草刈さんに相談したら教則本を持って来てくれて「僕も分からないところがいっぱいあるから一緒にやろっか」って言ってくれて。ネットで検索したりもしながら一緒に練習させてもらってます(笑)たぶん一人で教則本をやったら3ページくらいで辞めてしまうと思うんですが、 二人でやったら続くかな?って感じです(笑)その練習の甲斐もあって、ちゃんと身に付いている実感はありますね!

できるだけ曲はシンプルに

──曲はいつもどうやって作ってるんですか?

宇宙まお メロディーが先に浮かんで、それからなんとなくコードに当てはめることが多いです。作っている途中で、なんか普通すぎるなぁ〜って思ったらメロディーとコードを両方変えてしまったり。最近はレコーディングの時やスタジオの時なんかに、自分が作ったメロディーに合わせて「このコードじゃないんだけどなんのコードか分かんない」という事がよくあるので、教えてもらったりしています。作りたいメロディーに合わせて、どういったコード進行がいいのか、またこの部分は余分だからカットしちゃう。できるだけ曲はシンプルにしたいので無駄なところは省く、といったことを最近は心がけていますね。


宇宙まお「夢みる二人」

──最後にエレキギター博士をご覧の方々にメッセージをお願いします

宇宙まお 私の曲はコード進行も簡単だし、歌も簡単なので練習に向いていると思います(笑)今回発売のアルバムだと「つよくなる」とか「ハローグッドミュージック」という曲なんかはとくにシンプルな構成なので是非練習の為にも聞いてもらいたいですね!

使用機材

アコースティックギター:Guild G41-NT エレキギター:Magneto T-Wave Racing Orange エフェクター:SONOMATIC Doctordrive2MAD PROFESSOR Little Green WonderMXR dynacomp

そんな宇宙まおさんのニューミニアルバムが11月4日に発売されますが、それに先行して10月24日に原宿 VACANT でワンマンライブが行われるとの事。ライブハウスは敷居が高いから行きにくい、という方の為に、会場は普段はギャラリーや展示会、トークショーなどで使われている会場を選びアコースティック編成でのライブとなります。