エレキギターの総合情報サイト

ジェームズ・バートン(James Burton)

ジェームス・バートン(James Burton)

ジェームズ・バートンはエルヴィス・プレスリーやリッキー・ネルソンのサイド・ギタリストとして活動したセッション・ミュージシャンであり、ミスター・テレキャスターと称賛される偉大なギタリストです。

彼はセッション・ミュージシャンとし有名なギタリストであるトミー・テデスコやグレン・キャンベルライ・クーダーやダニー・コーチマー等と肩を並べる位置に存在します。
音楽性の幅も広く、ロカビリーからカントリー・ロック、そして本場のカントリーに至るまで、じつに様々なアーティストをサポートしています。
デイル・ホーキンスの「Suzie Q」という曲の中のギター・リフは聞き覚えがあるかもしれません。

その他グラム・パーソンズやドアーズ、トッド・ラングレン、エルヴィス・コステロなどのアルバムにも参加し、歌伴のバックとして最高の演奏を聴かせました。

Biography

1939年8月21日 生 米ルイジアナ州ミンデン
ジェームズ・バートンが初めてギターを手にしたのは12才の時のことでした。マール・トラヴィス、チェット・アトキンズの影響を受け、14才の若さでプロのギタリストしての活動を開始。ギターを始めてから2年でプロとは驚きです。
15才で人気音楽番組「ルイジアナ・ヘイライド」にセッション・プレイヤーとして参加しました。57年にはデイル・ホーキンズのバックを務め、共作した「Suzie Q」が大ヒット、曲中のギター・リフはシーンに多大なインパクトを与えました。
次いでバックを務めたボブ・ルーマンと共にカリフォルニアに移住した彼は、リッキー・ネルソンのバンドにスカウトされ、「ハロー・メリー・ルー」(61年)等、数々のヒット曲に大いに貢献することになります。

1964年、バートンはテレビ番組「シンディグ」の専属バンドであるシンドッグズの一員として起用されます。
そんなバートンの活躍に目をつけたのがエルヴィス・プレスリーでした。エルヴィスは1960年代には映画を活動の主要舞台とし、コンサート活動は行っていませんでしたが、1969年にステージへの復帰を決意。彼がバックバンドの中心メンバーとして選んだのがバートンだったのです。彼が亡くなるまでの8年間、ほとんどすべてのコンサート/スタジオ・ワークでリード・ギタリストを務めました。
ロックンロール、カントリー、ゴスペル、ブルーズ、R&Bと、アメリカン・ミュージックの壮大な集大成を体現する70年代のエルヴィスの右腕となることは、いかにも彼に相応しい役回りだったと言えるでしょう。衛星中継で世界中に生放送され大きな話題を呼んだ73年のハワイ公演では、トレードマークのピンク・ペイズリーのテレキャスターを携えた雄姿を見せてくれました。

ギタープレイの特徴

彼のギター・スタイルは“チキン・ピッキング”と呼ばれるカントリー直系のものが有名ですが、他にもペダル・スティール・ギターにそっくりな音を普通のテレキャスターで出すなど、多彩なスタイルを使いこなす器用さが特徴です。また、エレキギターに劣らずドブロも得意としており、“ミスター・ドブロ”の異名も持っています。

使用機材

使用エレキギター

フェンダー・テレキャスター、ドブロ等。

シグネイチャーモデル:Fender James Burton Telecaster

Fender James Burton Telecaster

Fender James Burton Telecasterを…
R楽天で探す

Discography

ザ・ギター・サウンド・オブ・ジェームス・バートン

ザ・ギター・サウンド・オブ・ジェームス・バートン

カントリー系、R&B、R&R、などジャンルを超えた演奏が楽しめるソロ・アルバム。

1971年リリース作品