エレキギターの総合情報サイト

ライ・クーダー(Ry Cooder)

ライ・クーダー(Ry Cooder)

ライ・クーダーは他のロックスター気質の破天荒なギタリストと違い、どちらかというと考古学者のような気質を持ったギタリストです。

彼のギター・プレイの一番の特徴といえばスライド・ギターと言えるでしょう。
彼は自ら曲を書くことはほとんどなく、その代わり他のアーティストがつくった知られざる過去の曲を探してきて、自分流によみがえらせるのが得意でした。

アメリカのルーツ・ミュージックを発掘し、世に広めたことは高く評価されています。国内のみならず、ハワイアンやキューバ音楽などワールド・ミュージックにロック・ファンの目を向けさせた功績は大きいと言えるでしょう。
また、映画音楽にも携わり、主にヴィム・ヴェンダース、ウォルター・ヒルといった監督の作品の音楽を担当しました。

Biography

1947年3月15日 生 米カリフォルニア州ロサンゼルス
10歳のとき初めてギターを手にし、ボトルネック奏法は15歳頃始めました。すでに10代の若さでロスの有名なフォーク・クラブ「アッシュ・グローブ」の常連になり、有名なブルース・ギタリストと一緒に演奏活動もおこなうようになります。
1960年代半ばには黒人ブルースマンのTaj Mahal(タジ・マハール)率いる「ザ・ライジング・サンズ」に参加。またギター、マンドリンそしてバンジョーのプレイヤーとしてThe Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)、Captain Beefheart(キャプテン・ビーフハート)、Paul Revere & The Raiders(ポール・リヴィアーとレイダース)等と共演ました。

1970年、「Ry Cooder(ライ・クーダー登場)」でソロ・デビューした時、ローリング・ストーン誌は、「今日最高の、そして最も正確なボトルネック・ギタリストであり、ブルース・マンドリンの最高の芸術家」と評しました。また、同年、ワーナーのプロデューサーRuss Titelman(ラス・タイトルマン)の妹のSusan Titelman(スーザン・タイトルマン)と結婚した。1976年、「Chicken Skin Music(チキン・スキン・ミュージック)」を発表。このアルバムは大きく分けて、テキサスのアコーディオン奏者Flaco Jimenez(フラコ・ヒメネス)が参加したメキシカン・セッションと、ハワイのスラック・キー・ギタリストGabby Pahinui(ギャビー・パヒヌイ)とAtta Isaacs(アッタ・アイザックス)が参加したハワイアン・セッションに分けられるが、とても高い評価を得ている。

最近では、ライ・クーダーがプロデュースした、キューバのスター・ミュージシャンによる “ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”の作品は記憶に新しい。同作は、1997年のグラミー賞において「ベスト・トロピカル・ラテン・パフォーマンス賞」を受賞するなど欧米を中心に高い評価を受けました。

ギタープレイの特徴

なんと言っても彼のギター・プレイの特徴はスライド奏法です。デュアン・オールマンと並びスライド・ギターの名手として知られています。

使用エレキギター

67年製ストラトキャスター
67年製ストラトキャスター

67年製フェンダー・ストラトキャスターを愛用している他、フェンダー・ストラトをメインに使用しています。写真のストラトはリア・ピックアップをP-90に変えたもの。

Discography

Jazz

Jazz/ライ・クーダー

通算7作目のアルバム。1曲目からとても乗りの良い曲で始まり、アメリカのトラディショナルな音楽が好きな人であればお気に入りに追加できるアルバム。

1978年リリース作品

★★★★

動画