エレキギターの総合情報サイト

PRS SEシリーズについて

PRS SE Custom 24

ポール・リード・スミス(以下、PRS)のギターは美しさと品質を兼ね備えた、ハイエンドなプレミアムギターになっています。この価値が価格に反映することでPRSは現代の「憧れのギター」の一つになっていますが、それゆえ簡単には入手することができませんでした。この状況を見たサンタナ氏が、創業者ポール・リード・スミス氏に「学生でも手に入れられる低価格で、PRSの高品質が味わえるギターが作れないか」と提案したことから、廉価版PRSの開発が始まりました。デビューしたギターは「サンタナSE(=Student Edition)」と名付けられましたが、シリーズ化する際に現在の「SE」へと名称を変更しています。

PRS SEの特徴

prs-se-headSE Custom24のヘッド

  • ペグはロック機能のない通常のもの
  • アーチトップはなく、フラット(平ら)トップかベベルド(ボディの角を斜めにカット)トップ
  • 人件費の安い国に製造を委託する

などコストダウンへの工夫が重ねられましたが、

  • ピックアップやブリッジなど、ほとんどのパーツがPRS設計によるもの
  • 中毒性のあるネックグリップやバランスのよいボディなど、楽器本体の形状は本家を踏襲
  • ほとんどのモデルでコイルタップが採用され、サウンドバリエーションが豊富

というPRSらしさをしっかり残しています。

コストダウンのためのフラットトップやベベルドトップがこれまでのPRSになかった個性と認められ、また廉価版であり入門機でありながらも調整次第でプロの使用にも耐える品質があり、SEは一気に人気機種となって現在では豊富なバリエーションを展開しています。
標準グレードであるコア・モデルとSEシリーズとの間に位置するグレードであるS2にもベベルド・トップは採用されていますが、SEのボディトップは左右対称に近いカット、対するS2は6弦側が緩やかで1弦側が急角度にカットした非対称のトップを採用しており、ここでもグレードに応じて異なるキャラクター設定がなされています。

PRS SEのラインナップ

SEはPRSの廉価版という扱いではありますが、このグレードだけのオリジナルモデルやシグネイチャーモデルがいくつもラインナップされており、個性的で魅力のある製品群を構成しています。

SE Custom 24シリーズ

prs-se-custom24-series 左から:SE Custom24 Royal Blue、SE Custom24 Tobacco Sunburst、SE Standard 24、SE Custom24 7-Strings、SE”Floyd”Custom24

今や「憧れの楽器」の一つでもあるPRS Custom 24のSE版は、

  • フィギュアドメイプル&マホガニーボディ
  • 名機を再現したピックアップ
  • コイルタップ機能搭載

という仕様で、美しさと機能を兼ね備えたギターに仕上がっています。採用されているピックアップは、かつてCustom24に採用されていた「HFS Treble(リア用)」と「Vintage Bass(フロント用)をSEのグレード向けにアレンジしたものです。日本向けのサイトで「SE HFS/SE Vintage Bass」と紹介されていますが、海外サイトでは「HFS/Vintage Bass」と紹介されており、本家に迫るほどのものだと考えられています。

PRS SE CUSTOM24のボディ ギター博士が選んだ「PRS SE CUSTOM24」のボディ。廉価版とはいえ美しい木目が出ている

また本機とその派生モデル、

  • SE Standard 24(海外仕様。オールマホガニーボディ仕様)
  • SE Custom24 7-String(トレモロレスの7弦仕様)
  • SE”Floyd”Custom24(海外仕様。フロイドローズ搭載モデル)

シグネイチャーモデル

  • SE Dave Navarro(純白のCustom24)
  • SE Paul Allender(ジャンボフレット、EMGピックアップ、特殊インレイのCustom24)

全てに採用されているメイプルネックは、コアモデルでもS2でもない、SE Custom24だけの仕様になっています。
このうち「SE Custom24 7-String」は「遂にPRSが7弦に参入した」と話題になったモデルです。チューニングの安定と力強い弦振動のために敢えて採用したトレモロレス仕様、太すぎないネックグリップの演奏性が高く評価されています。
PRS SE Custom24 をギター博士が弾いてみた!

SE Torero

SE TORERO SE TORERO

上記SE”Floyd”Custom24(フロイドローズ搭載モデル)をHM/HR指向に思いっきりアレンジしたギターが、「闘牛士」と名付けられたSE Toreroで、他のグレードにはないSE独自のモデルとなっています。

  • フロイドローズ・トレモロシステム
  • HM/HR御用達のEMG81、EMG85というピックアップレイアウト
  • スルーネック構造、インレイのないエボニー指板
  • フェンダー同様の弦長25.5インチ
  • フラットトップ

これらはPRS としては珍しい、むしろESPジャクソンを彷彿させるスペックとなっています。ほんのわずかスリムになったボディは、PRSを見慣れている人の目には全く違うブランドのギターに映ることすらあります。PRSブランド内唯一となるスルーネック構造は中音域が豊かに響きサスティンが伸びる傾向にあり、またハイポジションでの演奏性が大幅に向上し、技巧派のリードプレイを頼もしくサポートします。弦長がフェンダー同様ロングスケールになっているのは、半音下げなどダウンチューニングを意識しての設計です。

SE TORERO を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!ショッピングで探す 石橋楽器で探す

SE245シリーズ

prs-se-245
左から:SE 245、SE 245 Soapbar、SE Bernie Marsden、SE Marty Friedman、SE Mikael Åkerfeldt

SC245のSE版であるSE245は、

  • レスポールライクなシングルカッタウェイのボディ
  • ギブソンより約6ミリ短い弦長24.5インチ
  • 2ヴォリューム2トーン、6弦側に配置したトグルスイッチ
  • 太めのグリップに設計されたマホガニーセットネック
  • 堅牢なバーブリッジ

という仕様で、レスポールを強烈に意識しつつもPRSらしさをいかんなく発揮したモデルになっています。太めのネックグリップと若干短い弦長により、太めの弦を張って力強くプレイするのに特に向いています。フィギュアドメイプル&マホガニーボディが基本ですが、塗りつぶしのカラーリングではオールマホガニーボディになります。

バリエーションとして

  • SE Standard245(海外仕様。オールマホガニーボディ、シースルーカラー)
  • SE 245 Soapbar(P-90タイプのピックアップを採用)

があるほか、

  • SE Bernie Marsden(2ボリューム1トーン、ネックバインディング)
  • SE Fredrik Åkesson(ジャンボフレット、エボニー指板)
  • SE Mark Tremonti(バーブリッジ、オールマホガニーボディ)
  • SE Mark Tremonti Custom(メイプルトップ、PRSトレモロ搭載)
  • SE Marty Friedman(バダスタイプブリッジ、スターインレイ)
  • SE Mikael Åkerfeldt(ジャンボフレット、エボニー指板、PRSトレモロ)
  • SE Zach Myers(セミホロウボディ、バダスタイプブリッジ)

など、ロックギタリストのシグネイチャーモデルが多くリリースされています。

SE245 を…
Aアマゾンで探す RSE245 を楽天で探す 石橋楽器で探す YYahoo!ショッピングで探す

その他のシグネイチャーモデル

SEシリーズのシグネイチャーモデルは通常のSEに無い仕様のギターも多く、面白いポイントになっています。マテリアル変更に留まらず、弦長やボディ形状など根本的に異なる設計のギターもリリースされており、廉価版であるとはいえ開発に決して手を抜かないPRSの熱い姿勢を感じることができます。

SE Santana

prs-se-santana

PRSを語る上で外すことのできないサンタナ氏のシグネイチャーモデルは、レスポールスペシャルを彷彿とさせる左右対称に近いシルエットを特徴とし、コアモデルとSEの両方でリリースされています。

ベースとなっているSantana Signatureのスペックが

  • オリジナルヘッドデザイン+イーグルのインレイ
  • 弦長24.5インチ、24フレット、サンタナ仕様グリップのマホガニーネック
  • 専用のカバードピックアップ、コイルタップなし

であるのに対して、SE Santanaは

  • PRSの標準的なヘッドデザイン
  • 弦長24.5インチ、22フレット、広く太めグリップのマホガニーネック
  • 専用のオープンタイプハムバッカー、コイルタップなし

というように、フレット数の違いからボディシェイプに若干の違いがあり、またサウンドの方向性にも若干の違いが出ています。

SE Santana を…
Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す 石橋楽器で探す YYahoo!ショッピングで探す

SE Mike Mushok Baritone

SE Mike Mushok Baritone

「ラウドロック・シーンの重鎮」と言われる「Staind(ステインド)」のギタリスト、マイク・ミューショック氏のシグネイチャーモデルは、PRSの量産機としては初となる弦長27.7インチのロングネックを持ったバリトンギターです。バリトンは通常の2音半下げのチューニングとなり、強烈な低音を出力できます。
インレイのないエボニー指板、トレモロレスといういでたち、そしてコイルタップなしという仕様は、飾り気のない渋さと力強さを感じさせます。

SE Mike Mushok Baritoneを…
Aアマゾンで探す YYahoo!ショッピングで探す

PRS SEの主な使用ギタリスト


MARTY FRIEDMAN – “INFERNO”
コメントの面白い外国人として有名なマーティー・フリードマン氏ですが、もちろんそれだけではありません。メガデスでの成功を皮切りに数々のプロジェクトに参加する一流のロックギタリストが本来の姿で、SEで自身のシグネイチャーモデルをリリースしています。また、演歌の小節(こぶし)を自身のビブラートに取り入れるほどの親日家でもあります。


Opeth – Burden –
「北欧の暗黒神」の異名を取るオーペスは、SEでシグネイチャーモデルをリリースしているミカエル・オーカーフェルト氏並びにフレドリック・オーケソン氏を擁するスウェーデンのメタルバンドで、北欧のプログレッシブ・メタル、ひいてはプログレデスの代表格と目されています。