エレキギターの総合情報サイト

ダイムバッグ・ダレル(Dimebag Darrell)

1966-2004
故ダイムバッグ・ダレルは、パンテラ及びダメージプランで名を馳せたギタリストです。ダメージプランのステージで凶弾に倒れ、伝説となりました。

1994年、メジャー移籍第三作となる「脳殺(FAR BEYOND DRIVEN)」をリリースするときに、それまで名乗っていた「ダイアモンド・ダレル」から「ダイムバッグ・ダレル」に改名します(”ダイムバッグ”は、”10ドル相当のマリ◯ァナ”の意)。

度の過ぎた悪ふざけが大好きで、自分の車を壊すのが趣味だったといいますが、ファンを大事にし、「あなたは私の神だ」と言ったファンに対して「違うだろ!?ブラザーだろw」と答えたエピソードが有名です。


Pantera – I’m Broken (Video)

Biography

少年時代

ダレル氏はテキサスにレコーディング・スタジオを所有する作曲家だった父親の影響で、12歳の時にギターを弾き始めます。このときディープ・パープルの「スモーク・オンザ・ウォーター」をマスターしたといい、以後ヴァン・ヘイレンやキッスに傾倒していきます。
15歳の時点で兄と「パンテラ」を組んでおり、16歳の時にはギターの「コンテスト荒らし」と言われるほどの腕前でした。

メジャー時代


Pantera – Revolution Is My Name (Video)

インディーズ時代からダレル氏の名声は業界に知られており、1990年にはメガデスからリードギターのオファーをされたことがあります。交渉が決裂したこの年にパンテラは念願のメジャーレーベルに所属、アルバム制作に入ります。
パンテラはメジャー入りしてから5枚のアルバムをリリースし、多くのフェスやツアーを成功させましたが、自身のプロジェクトに注力したいボーカリスト、フィル・アンセルモとの確執があり、2003年に解散します。


Damageplan – Save Me { Official Video }

翌2004年に新しいバンドダメージプランを立ち上げ、アルバムをリリースしますが、同年ライブ中にパンテラファンからの凶弾に倒れ、帰らぬ人となりました。事件のあった12月8日は、偶然にもジョン・レノン氏がファンの凶弾に倒れた日と同じでした。

使用機材

「マーシャルにレスポールを突っ込んだら良い音がするに決まっている。安易な逃げ道だ」とは生前のダレル氏のコメントです。粗暴なイメージとは裏腹に、ダレル氏はギターの練習とサウンドの追求に余念のない人物でした。

ギター

初期のトレードマーク「The Dean From Hell」

the-dean-from-hell

パンテラで永らくトレードマークにしていたディーン(DEAN)の「ML(The Dean From Hellと命名)」は、アマチュア時代に出場したギターコンテストの賞品でした。パンテラデビュー当時、ディーンは製造を中止していましたがダレル氏の人気によって復活、現代ではHM/HRに特化したギターブランドとして多くのギタリストに愛用されています。生前はこのギターのネックを27回(うち、ステージ上で24回)折ったそうで、以後のモデルでは折れやすい箇所が補強されるようになりました。

エクスプローラとフライングVを合体させたようなボディシェイプとV型のヘッドというインパクトある変形ギターで、ピックアップはフロントにディマジオの定番機Super Distortion、 リアにはビル・ローレンス の名機L-500XLを搭載しています。一時期ワッシュバーン(Washburn)のギターを使用していましたが、この時はフロントピックアップにセイモアダンカンの「59」、また「ダイムバッカー」を使用しています。
Dean Guitars

幻のトレードマーク「RAZORBACK(レイザーバック)」

razorback-guitar

「ML」のデザインを鋭角的にしたデザインの「レイザーバック」はダレル氏自身のデザインで、新たなトレードークになるはずでした。本人が完成品を手にすることはあったそうですが、本番で使用する機会は永遠に失われました。現在このレイザーバックはシリーズ化しており、親友だったザック・ワイルド氏を筆頭に多くのギタリストに愛用されています。

弦はDRの0.09-0.46を、ピックはジム・ダンロップのTORTEX(0.88mm)を使用しています。
RRAZORBACK を楽天で探す

アンプ

randall-warhead 時代によってランドールの異なるアンプを使い分けている(写真はWarhead):RG100ES (1983 – 1991, 1996 – 1999)、Century 200 (1992 – 1995, 2000)、Warhead (2000 – 2004)、X2 Warhead (2004)

「ダレルと言えばランドール、ランドールといえばダレル」と言われるほどにランドール(Randall)の使用が有名です。HM/HRでは真空管アンプが当たり前だという世の中で、ダレル氏がセレクトしたのはソリッドステート(トランジスタ)でした。「ビルから落としたってビクともしない(ダレル氏談)」くらい丈夫なところを評価していますが、ソリッドステートの方が真空管よりわずかに音の立ち上がりが早いといい、弾き心地も満足だったようです。
ステージでは同じランドールを何台も並べ、クリーン用、歪み用とアンプ自体を切り替えて使用していました。パンテラ時代では3段積みを6台並べています。

Randall のギターアンプ – Supernice!ギターアンプ

エフェクター

デジテックのワーミーを二つ使用して過激な表現を可能にしていました。足下には二つのワーミーとジム・ダンロップのクライベイビーで、ラックにはパラメトリックイコライザとチューナーその他を納めていました。各アンプの3バンドイコライザ、ランドール特有のグラフィックイコライザ、そしてラックのパラメトリックイコライザを駆使して自分自身のトーンを得ようとしていたようです。

現在ではジム・ダンロップよりダイム氏のサウンドに迫る 「DD-11 DIME DISTORTION(ディストーション)」、MXRより「DB-01 DIMEBAG WAH(ワウペダル)」がリリースされています。

ダイムバッグ・ダレル エフェクター – Supernice!エフェクター

演奏スタイル

フィンガリングは親指を出さない「クラシカルスタイル」を基調とし、チョーキングの時には親指を出します。クラシカルスタイルのままチョーキングに及ぶこともあるようです。

「ハーモニクス・スクウィール」という技を得意とし、自身のトレードマークとしています。
ダレル氏自らハーモニクス・スクイールを解説! – Youtube

3弦のハーモニクスとアーミングの複合技は故ジミ・ヘンドリックス氏、エドワード・ヴァン・ヘイレン氏、ジョー・サトリアーニ氏など多くの達人ギタリストが得意としていますが、「ハーモニクス・スクウィール」という技名を付けたこと、及びアームをボディエンド側に向けることがダレル氏の独特なところです。

お勧めアルバム

VULGAR DISPLAY OF POWER (俗悪/PANTERA/1992)

俗悪

パンテラのアルバムは2枚目以降、漢字2文字の邦題が付けられます。この「俗悪」は低迷気味だったメタルのシーンを一変させた名盤と言われ、後のモダン・へヴィネス、ラウド系だけでなく、ハードコア系にも多大な影響を与えたマストな1枚です。ヤワなバラードなど無い、全曲ザクザクのサウンドです。

「俗悪」から、静と動、重たさとキレの共存するナンバーです。
A俗悪の音源をアマゾンで探す

New Found Power(Damageplan/2004)

New Found Power

ダメージプランはパンテラ解散後、パンテラのドラマーだった実の兄ヴィニー・ポール氏と組んだバンド。パンテラのサウンドを継承する作品で、以後の躍進が期待されていました。
ANew Found Powerの音源をアマゾンで探す

Rebel Meets Rebel(Rebel Meets Rebel/2006)

Rebel Meets Rebel

生前レコーディングしていたカントリーミュージシャンとのコラボレーション。音楽はカントリー調、サウンドはダレル節の、イカしたカントリーメタルです。
ARebel Meets Rebelの音源をアマゾンで探す


11 Unforgettable Dimebag Darrell Moments